ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 救急・救命 > 救急業務 > 救急救命士の処置範囲が拡大されました

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

救急救命士の処置範囲が拡大されました

救急救命士法施行規則の一部が改正され、救急救命士の処置範囲が拡大されたことに伴い、湘南地区メディカルコントロール協議会参画14消防本部(局)では、必要な講習を修了した救急救命士により、「心肺停止状態でない傷病者への静脈路確保及び輸液」と「ブドウ糖溶液の投与」の二つの行為が、2014年7月1日から実施可能となりました。

拡大した処置

処置拡大画像

心肺停止状態でない傷病者への静脈路確保及び輸液

血圧が低下して心臓が停止する可能性のある傷病者に対して、点滴を実施することで、心肺停止を防ぐことができます。

血糖測定及び低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与

意識レベルの低下を認め、低血糖が疑われる傷病者の血糖値を測定し、必要に応じてブドウ糖溶液を投与することで、重度の後遺症が回避されます。

情報の発信元

消防局 救急救命課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 防災センター2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8162

ファクス:0466-28-6417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?