ホーム > 防災・防犯 > 交通安全 > 交通ルール > 妨害運転(いわゆる「あおり運転」)が厳罰化されました(令和2年6月30日施行)

ここから本文です。

更新日:2020年8月4日

妨害運転(いわゆる「あおり運転」)が厳罰化されました(令和2年6月30日施行)

道路交通法が改正され、妨害運転、いわゆる「あおり運転」に対して厳しい罰則が創設されました。
あおり運転をしたり、妨害運転を誘発するような運転をしたりしないよう、「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持った運転を心がけましょう。

こんな行為が「あおり運転」になります!

  • 対向車線からの接近や逆走(通行区分違反)
  • 不要な急ブレーキ(急ブレーキの禁止違反)
  • 車間距離を詰めて接近(車間距離不保持)
  • 急な進路変更や蛇行運転(進路変更禁止違反)
  • 左車線からの追い越しや無理な追越し(追越し方法違反)
  • 不必要な継続したハイビーム(減光等義務違反)
  • 不必要な反復したクラクション(警音器使用制限違反)
  • 急な加減速や幅寄せ(安全運転義務違反)
  • 高速自動車国道等の本線車道での低速走行(最低速度違反)
  • 高速自動車国道等における駐停車(停車および駐車違反)

他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反行為をして、他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある運転をした運転者には、

罰則:3年以下の懲役または50万円以下の罰金
違反点数:25点(運転免許取消し。取り消し後2年間は再取得禁止※違反履歴により最大5年)

さらに、高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合には、
罰則:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違反点数:35点(運転免許取消し。取り消し後3年間は再取得禁止※違反履歴により最大10年)

自転車もあおり運転罰則の対象!

自転車の妨害運転(あおり運転)も危険行為に規定され、違反すると罰則の対象になります。3年間に2回以上摘発された14歳以上の運転者は「自転車運転者講習」の受講が命じられます。受講命令に従わない場合、5万円以下の罰金が科せられます。

自転車の交通ルールについて

もし、「あおり運転」行為を受けた場合は?

  1. 近くの安全な場所に避難してください。
  2. 車外に出ることなく、110番通報してください。
  3. 相手の車のナンバーなどを記録しましょう。

「あおり運転」の被害に遭わないためには?

  1. 通行帯を守りましょう。(キープレフト)
  2. 安全な速度で走行しましょう。
  3. 車間距離を保ちましょう。
  4. 不要な急ブレーキをかけない、かけさせないようにしましょう。
  5. 急な割り込みはしないようにしましょう。
  6. 不要なクラクションを鳴らさないようにしましょう。
  7. 前照灯を周囲の状況に応じて正しく使用しましょう。

ドライブレコーダーは、あおり運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効であり、自身や同乗者の身を守ることにつながります。


 

情報の発信元

防災安全部 防犯交通安全課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎7階

電話番号:0466-50-8250(直通)

ファクス:0466-50-8438

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?