ホーム > 防災・防犯 > 交通安全 > 交通ルール > ご存知ですか?歩車分離式信号機

ここから本文です。

更新日:2020年9月8日

ご存知ですか?歩車分離式信号機

歩車分離式信号機とは?

歩車分離式信号機補助板横断中の歩行者と右左折中の車両との衝突事故を防止し、横断歩行者の安全を最優先に配慮するため、歩行者と車両とが交錯しないように制御された信号機のことです。

歩車分離式信号機には「歩車分離式」と表記された補助板が信号の近くに設置されていますので、交差点進入時や道路横断時には気を付けましょう。

ここに注意しましょう

歩行者

  • 車両用信号機と歩行者用の信号機が同時に青にならないので、必ず歩行者用の信号機を確認しましょう。
  • 藤沢市内には斜め横断ができる「スクランブル交差点」はありません。すべての歩行者用信号機が青になったからといって、斜めに横断することはやめましょう。
    ※市内の歩車分離式信号機では、斜め横断するのに必要な時間が確保されていないため、斜め横断は危険です。
  • 同じ進行方向の車が、歩行者用信号が青になったタイミングで、誤って発進する可能性もあります。逆に、歩行者も誤って、車両用の信号が青になったタイミングで進んでしまうこともあり得ます。信号の確認や左右の安全確認を必ず行いましょう。

自転車

  • 自転車は軽車両です。自転車乗用時は原則として車両用信号機に従いましょう歩車分離式信号機での危険な自転車通行
  • 右の絵のように、歩行者用信号機が青になっているタイミングで、車道から急に歩道に入ると、歩行者との接触事故が起きやすくなります。また、歩道では歩行者が優先です。絶対にやめましょう。

    ※歩行者用信号に「歩行者・自転車専用」の補助板がある場合などは歩行者用信号機に従います。その場合でも、歩行者優先の意識を持ち、歩行者の安全を確保するようにしましょう。

     










    (危険な進路変更の例)

車や二輪車

  • 信号が青から黄色に変わるタイミングでの、無理な交差点への進入はやめましょう。
  • 歩行者用信号機が青になったタイミングで、誤って発進しないよう、車両用信号機を必ず確認しましょう。

情報の発信元

防災安全部 防犯交通安全課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎7階

電話番号:0466-50-8250(直通)

ファクス:0466-50-8438

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?