検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 感震ブレーカーについて

ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

大規模地震による電気火災を防ぐために

感震ブレーカーについて

大規模地震時の火災原因は、電気に起因する出火が6割を超えています。

hanshin

higashinihon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このため、「感震ブレーカー」等の設置により、地震時の電気を遮断することで、電気に起因する出火を相当程度抑制できると考えられます。

 

syultukagenninn

 

「感震ブレーカー」とは?

地震時に一定以上の揺れを感知した場合に、自動的に通電を遮断するもので、一定時間経過後に遮断するものや照明機能付きのものなど、現在、複数のタイプが市販されています。

①分電盤タイプ

(センサーによって揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断)

 bundenban

 

 ②コンセントタイプ   

 (センサーが揺れを感知し、当該コンセントの電気を遮断)

 konsento

 

 ③簡易タイプ 

(重りの落下やバネの作動により、ブレーカーを落として電気を遮断)

kani

 ※設置にあたっての注意事項

 ・生命の維持に直結するような医療用機器を設置している場合は、平時から停電に対処できるようバッテ

 リー等を備えてください。

(凡例:在宅用人工呼吸器等を使用されている方は、十分ご注意ください)(経済産業省より)

 大規模地震による電気火災を防ぐために【日頃からの準備として】

 ・感震ブレーカーを設置しましょう!

 ・避難する際にはブレーカーを落としましょう!

・停電に備えて、懐中電灯等も用意しましょう!

 

■大規模地震による電気火災を防ぐために《感震ブレーカーについて》(PDF:483KB)

 

【出典資料:内閣府、消防庁、経済産業省HPより】

【問い合わせ先】

藤沢市防災安全部防災政策課       Tel:0466-25-1111(代表)内線8510

神奈川県電気工事工業組合 藤沢地区本部 Tel:0466-83-5091※土日祝日除く

(上記の藤沢地区本部へのお問い合わせ時間は、平日午前9時から午後4時まで)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

防災安全部 防災政策課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 総合防災センター4階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8502

ファクス:0466-50-8401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?