公募

制作・展示支援プログラム「Artists in FAS 2018」

入選アーティスト発表!!

5月25日と30日の両日、Artists in FASの入選アーティストおよび特別賞を決定する審査会を行いました。

審査員が滞在制作および作品プランが記入された応募書類とポートフォリオ(希望者のみ提出)に目を通し、各審査員が4~6名を最終候補者として選出しました。
 最終候補者の中から協議の上、入選者4名とその中から特別賞1名を決定しました。

◼︎入選(敬称略、50音順)

金沢寿美(かなざわ・すみ、38) 東京都
熊野海(くまの・うみ、35) 神奈川県
藤倉麻子(ふじくら・あさこ、26) 埼玉県
二ノ宮久里那(にのみや・くりな、33) 神奈川県 ※特別賞

*各入選作家の滞在制作および作品に関するプランは、順次公開予定です。

◼︎応募総数
52件[神奈川県内22件(うち藤沢市内6件)、県外28件、国外2件



〈Artists in FASについて〉

「Artists in FAS」(以下 AiF)は、藤沢市アートスペース(以下FAS)のレジデンスルームと展示ルームをアーティストに提供して開催する制作・展示支援プログラムです。 本プログラムは2016年にスタートし、今年で3回目を迎えます。 多様な創作活動に携わる人たちから制作したい作品と展示についてのプランを広く募集し、外部審査員による審査のもと、選出されたアーティストに作品制作と展示のための環境を提供します。FASでの滞在制作を通して、アーティストとしてこれまでに追求してきた表現や培ってきた経験を、カタチにします。

絵画、立体、インスタレーション、パフォーマンス等、表現メディアは問いません。「AiF」は、アーティストの意欲的な制作活動をサポートするとともに、発表の場を提供することにより、今を生きるアーティストとその作品の魅力を発信することを目的としています。


〈Artists in FAS2017成果発表展の様子〉

展覧会ページ【Artists in FAS 2017】

伊藤夏実《集合》2017

 

瀬川祐美子《Find me.》2017

 

生川珠央《Why is there something rather than nothing? 何もないのではなく。何かがあるのは、なぜ?》2017

 

O.Sujin《Sable・Shonan 2017》2017 ※会場:8HOTEL

 

 


<受付期間>

2018年4月1日(土)〜2018年5月13日(日)[必着]
※郵送、またはFASへ直接持参のみ。
※直接持参の場合は、FASの開館日(10〜17時の間)に来館のこと。


<審 査>

書類選考により入選者4名(組)および、入選者から特別賞 1名(組)を決定。
2018年6月5日(火)にFASのWeb Siteにて結果発表。

※特別賞はFASとは別のココテラス湘南ビル内共用部分が展示会場となります。


<審査員>

大巻伸嗣氏
[アーティスト]

『ECHO』シリーズ、『Liminal Air』、『Memorial Rebirth』、『Flotage』など様々な手法で、「空間」「時間」「重力」「記憶」をキーワードに、“物質と空間・存在”をテーマとして制作活動を展開する。見ることのできないものを可視化し、体感させることで、新たな身体的知覚空間を作り出すことを試みる。

軽やかかつ大胆に空間を非日常的な世界に変容させ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品を発表。

近年の、民家を使っての『家』シリーズ(いちはらアート×ミックス、越後妻有アートトリエンナーレ2015、足立区民家2016)では、積み重なった時間と記憶を、光を使って闇の空間の中に出現させるインスタレーションを展開している。

日本国内のみにとどまらず、世界中のギャラリー、美術館などで意欲的に作品を展開している。

 


帆足亜紀氏
[横浜美術館国際グループ兼学芸グループグループ長/横浜トリエンナーレ組織委員会事務局プロジェクト・マネージャー]

1994年シティ大学(ロンドン)にて博物館・美術館運営修士号取得後、フリーになり美術のプロジェクトに携わる。
国際交流基金のアジア地域の美術交流事業(1997-2010年)ニッセイ基礎研究所のパブリックアート事業(2000-02年)のほか、アーカスプロジェクトのディレクター(2003-07年)を務める。
2010年より横浜トリエンナーレ組織委員会事務局にて第4回~第6回の横浜トリエンナーレに携わる。通訳・翻訳も手がける。


<滞在制作期間>

2018年7月7日(土)〜9月30日(日)

※上記期間中のFAS開館日のうち30日間(1日6時間程度)は、FASで滞在制作をすること


<成果発表展覧会>

2018年10月6日(土)〜11月25日(日)
※入選者によるグループ展です。
※休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休館)。
※特別賞はFASとは別のココテラス湘南ビル内共用部分が展示会場となります。


<賞および報賞金>

入選:4名(組)
入選者(組)には、滞在および制作補助として報償金25万円を支給します。※支給方法:事業終了後に本人名義の口座へ振込みとなります。

特別賞:1名(組)
入選者4名(組)のうち1名(組)が選ばれます。FASのレジデンスルームで滞在制作をしていただき、FASとは別のココテラス湘南ビル内共用部分が展示会場となります。


<応募方法>

受付期間:2018年4月1日(日)〜 2018年5月13日(日)[必着]

◉受付期間内に応募書類を提出してください。
詳細は以下要項をご確認ください
Artists in FAS 2018_募集要項_180401


〈応募書類〉

[応募方法]受付期間中に以下の応募書類を提出してください。

① 藤沢市アートスペース「Artists in FAS 2018」申込用紙
※FASで配布しています。以下からもダウンロードできます。
※郵送を希望の方は、FASまでご連絡ください。
※応募は一人1件とします。

② ポートフォリオ(任意)
※A4サイズの用紙、(10枚以内)をクリップ等でまとめ、透明のクリアファイルに入れて提出してください(紙に出力したものに限る)。
※DVDやCD等での画像データの添付不可。
※映像の場合、5分以内に編集したものをCDやDVD(movまたはmp4)で提出してください。Youtubeなどの動画サイトやインターネット上にアップロードしたものは審査の対象になりません。

【応募書類ダウンロードはこちら】
Artists in FAS2018_応募書類(Ward)
Artists in FAS2018_応募書類(PDF)
展示会場参考図面(PDF)


〈応募に関する注意事項〉

・応募書類はe-mail、FAXでの応募は受け付けません。
・応募書類(①申込用紙、②ポートフォリオ)は返却しません。
・応募の際に入手した情報は、本事業に関わること以外には使用しません。


〈提出先〉

〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6F
藤沢市アートスペース「Artists in FAS 2018」係


〈企画・応募に関する問い合わせ先〉

TEL.0466-30-1816 / e-mail: fj-art@city.fujisawa.lg.jp

Copyright © 2015 Fujisawa City Art Space, All rights reserved.