ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 過去の報道発表・プレスリリース > 令和4年4月報道発表・プレスリリース > 藤沢市藤澤浮世絵館 「美人東海道の風景にみる国貞と広重のつながり」を開催します

ここから本文です。

更新日:2022年4月19日

藤沢市藤澤浮世絵館「美人東海道の風景にみる国貞と広重のつながり」を開催します

 藤澤浮世絵館では4月26日(火)から、「美人東海道の風景にみる国貞と広重のつながり」を開催します。

 歌川国貞(三代豊国)が手掛けた「東海道五十三次之内」(通称:美人東海道)は、東海道の宿場を背景とし、手前に様々な女性を描いた揃物として知られています。本作は、背景に歌川広重の「東海道五拾三次之内」(通称:保永堂版東海道)から引用したとされる図が多くみられるのが特徴です。

 本展では、美人東海道と共に、保永堂版東海道(復刻版)を合わせて展示することで、構図の共通点だけでなく、表現の違いにも注目します。江戸時代の出版業界を取り巻く浮世絵師たちの関係性から、作品からの引用や影響によって培われた豊かな絵画表現を、ぜひご観覧ください。

 

歌川国貞(三代豊国) うたがわくにさだ(さんだいとよくに)                 

「東海道五十三次之内 沼津図」 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ぬまずづ 

歌川国貞

  

歌川広重 うたがわひろしげ

「東海道五拾三次之内 沼津 黄昏図」(復刻版) とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ぬまづ たそがれず ふっこくばん

歌川広重

1 会期

2022年4月26日(火)~2022年6月26日(日)

2 開館時間

午前10時~午後7時(入館は午後6時30分まで)

3 休館日

月曜日

4 入館料

無料

5 関連行事

(1)学芸員によるみどころ解説

(要事前申し込み)【定員各回20名】
学芸員が展示作品について解説しながら、展覧会を全体的に紹介します。
日時:5月15日(日)、6月11日(土)
いずれも①午前11時~午前11時30分、②午後3時~午後3時30分
   講師:藤澤浮世絵館 学芸員

(2)学芸員ミニ講座「美人東海道と保永堂版東海道の世界」

(要事前申し込み)【定員20名】
大人気浮世絵師・歌川国貞は、なぜ自分の絵に駆け出しの歌川広重の図を使ったのでしょうか。美人東海道が生まれた背景を探ります。
日時:6月4日(土) 午前11時~正午
講師:藤澤浮世絵館 学芸員

(3)ワークショップ「浮世絵うちわづくり体験」

(要事前申し込み)【定員各回8名】
木版画をすってから竹の骨に貼り付け、オリジナルのうちわを作ります。
日時:6月25日(土) 
①午前10時30分~正午、②午後2時~午後3時30分
講師:藤澤浮世絵館 学芸員

(4)浮世絵すり体験(申込不要)

日時:毎週日曜日 午後1時~5時

 

※申込み開始日時等については、チラシ(PDF:584KB)をご覧ください。

プレスリリースPDF版はこちら。(PDF:244KB)


 

(外部サイトへリンク)


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

生涯学習部 郷土歴史課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-33-0111(藤澤浮世絵館)

ファクス:0466-50-8432

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?