ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

放置自転車対策

「放置自転車等のない街ふじさわ」をめざして

市内各駅周辺には、通勤・通学又は買い物などの交通手段として、多くの自転車・バイクが集中しています。自転車等の道路上への放置は、歩行者や他の車両通行の妨げとなり交通事故の原因となるばかりか、非常時の緊急活動に障がいをきたすなど、多くの方の迷惑となっています。

藤沢市では、1990年(平成2年)10月1日から「藤沢市自転車等の放置防止に関する条例」を施行し、安全で住みよい生活環境を保持することを目標としたまちづくりを進めています。

この条例により、藤沢・辻堂・湘南台・六会日大前・長後・鵠沼海岸・善行の7駅周辺を「自転車等放置禁止区域」に指定し、放置された自転車や125cc以下のバイクは保管所へ撤去(移動)しています。撤去した自転車等は、保管所で保管し、返還の際には撤去(移動)及び保管等に要した費用の一部(自転車2,100円・バイク4,200円)を徴収しています。

藤沢市の放置自転車対策に多額の費用が掛かっています。放置自転車等が無くなれば、この経費は他の市民サービスに有効に活用することができます。

皆様のご理解・ご協力をお願いします。

「藤沢市自転車等の放置防止に関する条例」の要旨

条例の対象となるのは、自転車及び125cc以下のバイクです。なお自転車・バイクの放置(違法駐車)については、道路交通違反となり、取り締まりの対象となることがあります。放置自転車等は保管所へ移動します。

放置禁止区域内に自転車・バイクが放置されている場合、保管所へ移動します。また、放置禁止区域外の公共の場所についても、自転車等が放置されることにより、通行の障がいや緊急活動の支障となる場合は、警告後、移動します。

放置禁止区域内には、その区域、移動した場合の措置や引取りの方法等を明示した案内板や標識を設置しています。なお、現在まで藤沢、辻堂、湘南台、六会日大前、長後、鵠沼海岸、善行の7駅周辺を指定しています。

保管所へ移動した自転車等を引き取る際に、自転車は2,100円、バイクは4,200円の移動保管料を徴収します。

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

道路河川部 道路河川総務課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル7階

電話番号:0466-50-3545(直通)

ファクス:0466-50-8422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?