ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 過去の報道発表・プレスリリース > 令和2年12月報道発表・プレスリリース > 「ふじキュン♡」が海を越えてダンスで交流!エルサルバドルのゆるキャラ「チャンバちゃん」と動画で共演

ここから本文です。

更新日:2020年12月4日

「ふじキュン♡」が海を越えてダンスで交流!
エルサルバドルのゆるキャラ「チャンバちゃん」と動画で共演

 藤沢市では,本市がホストタウンとなるエルサルバドル共和国オリンピックチームの来夏の事前キャンプ実施に向け,藤沢とエルサルバドルとの交流を深める取組を行っています。
 この度,藤沢市の「ふじキュン♡」と,在エルサルバドル日本国大使館の「チャンバちゃん」(※1)の両マスコットキャラクターが,それぞれのテーマソングにあわせて一緒に踊る,素敵な動画が完成しました。
 藤沢市が制作した動画は,両国の友好がより一層深まることと,来夏の事前キャンプや東京2020大会成功の願いを込めて作ったもので,あわせて藤沢の魅力も紹介した内容となっています。
 動画は,エルサルバドルで行われた「オンライン日本文化月間」(※2)において公開されたことを受け,本日から藤沢市東京オリンピック・パラリンピック開催準備室の特設ホームページやYouTubeで公開を開始いたしますので,お知らせいたします。

公開を開始する動画

(1)『「キュンとさせるこのまちで。」 ふじさわ♡エルサルバドル友情VER』

chanba1

  時間           :4分9秒
  歌詞 日本語字幕URL  :https://youtu.be/0rMva9Y11LE(外部サイトへリンク)
           スペイン語字幕URL:https://youtu.be/oDOm-SRSM8Y(外部サイトへリンク)

   藤沢市のテーマソング「キュンとさせるこのまちで。」にあわせて,ふじキュン♡とチャンバちゃん
  が藤沢市の四季折々の風景をバックに踊ります。この動画を見たエルサルバドルの皆さんにいつか
  藤沢に来て欲しいという思いを込めて,藤沢市が制作しました。
  エルサルバドルの多くの方に動画をご覧いただいたところ,キャラクターたちが「かわいい!!」という
  コメントや,藤沢の風景に対しては「美しい夢の場所」など,ぜひいつか美しいまち藤沢を訪れたいと
  いう思いが多く投稿されています。

(2)チャンバちゃんテーマソング「絆」  チャンバダンス

chanba2

 

     時間:2分35秒

   URL:https://youtu.be/Vw3bPoDY6yo(外部サイトへリンク)      

 

 
   チャンバちゃんのテーマソング「絆」(※3)がこの度誕生し,ふじキュン♡らと一緒に曲に合わせ
  て踊る動画を,在エルサルバドル日本国大使館が制作しました。
   作詞・作曲は国立エルサルバドル大学で日本語を学ぶ学生・卒業生の音楽グループ「Melodic Rain
  (メロディック レイン)」の皆さんです。 

(3)「絆」を作詞作曲した「Melodic Rain」の皆さんからのメッセージ

Melodicrain2   時間:5分51秒

   URL:https://youtu.be/4Mx8Wlx8d24



 


   「絆」を作詞・作曲した皆さんから,藤沢市民に向けてメッセージをいただきました。曲に込めた
  思いや,東京2020大会への期待などをお話しいただいた動画です。

 チャンバちゃんや,「絆」が生まれた経緯についての詳細,また(3)のメッセージの日本語訳抜粋等は下記をご参照ください。

 

 

※1 「チャンバちゃん」 とは

chanbachan1

 在エルサルバドル日本国大使館で活躍しているキャラクターです。
 日本に留学中のデザインを学んでいるエルサルバドル人留学生によるデザインで,エルサルバドルのサッカー代表チームの応援歌に出てくる架空の鳥がモチーフになっています。
 エルサルバドルでは,大使館のイベントやメディアへの出演を通じて,知名度が上がってきており,日本とエルサルバドルの友情の象徴の愛されるキャラクターとして,今後益々知名度が上がることを期待されています。

 

※2 「オンライン日本文化月間」とは

 在エルサルバドル日本大使館が,2020年11月2日(月)から30日(月)の期間にエルサルバドル国民に向けて実施した,日本の様々な魅力に関する動画を集中的に配信した月間です。在エルサルバドル日本大使館のフェイスブックで順次様々な動画が公開されました。毎週日曜日はオリンピック・パラリンピックの日として,エルサルバドルオリンピックチームの事前キャンプ地である藤沢市関連の動画等が公開される曜日でした。

    在エルサルバドル日本大使館 フェイスブック
    https://m.facebook.com/EmbJapan.ElSalvador(外部サイトへリンク)

 

※3 チャンバちゃんのテーマソング「絆」と,この曲を作詞作曲した「Melodic Rain」について

 在エルサルバドル日本国大使館のチャンバちゃんのテーマソング「絆」がこの度誕生し,踊りをつけて公開されました。作詞作曲を行ったのは,国立エルサルバドル大学で日本語を学ぶ学生で結成されている音楽グループ「Melodic Rain(メロディック レイン)」の皆さんです。彼らは,以前より大使館主催の日本文化紹介イベントや,天皇誕生日レセプション等で演奏を行ってきました。今回,チャンバちゃんのテーマソングを作ろうという企画が大使館内で出てきた際に,日本に関心がある人たちの方がより良い曲が作れるのではないかと思い依頼したところ,快く引き受けてくれたそうです。
 誕生した楽曲に,在エルサルバドル日本国大使館の職員の方が振り付けを考案し,大使館関係者,エルサルバドル関係者,日本でエルサルバドルと関係のある人々が楽しく踊るコラボ動画が完成しました。

 

 絆 日本語歌詞

 僕たちはいつも肩を並べて、最後まで一緒にいるよ
 僕たちの道は、いつも太陽が導いてくれる
 現在も未来もいつも私を友達だと思って。ねえ、行こう!
 僕らは遠いけど友情の翼でひとっ飛び  僕らは永遠に続く友情の絆

 君の心の中で、いつでも助ける準備ができている
 心地良いそよ風のように、桜が運んでくれる
 僕らは遠いけど友情の翼でひとっ飛び  僕らは永遠に続く友情の絆

 僕らは遠いけど友情の翼でひとっ飛び  僕らは永遠に続く友情の絆
 僕らは遠いけど友情の翼でひとっ飛び  僕らは永遠に続く友情の絆

 

Melodic Rainメンバーからのメッセージ 一部抜粋

fatima ファティマ・ビダル(Fatima Vidal)さん
  「絆」には,エルサルバドルと日本の85年間の友情の絆への思いが込められています。
  曲の中で最も重要な箇所はサビの「僕らは遠いけど 友情の翼でひとっ飛び」というと
  ころです。
   藤沢市の人々にエルサルバドルの文化を楽しんでもらいたいです。そして,2021年
  オリンピックはみんな楽しんでください!(日本語でのメッセージ部分)

evelyn エヴェリン・レプレサ(Evelyn Repreza)さん
  七夕や祇園祭などのお祭りが好きで,神話をモチーフにした山車などが出てくるお祭
 りに興味があります。藤沢市を訪問して,郷土料理を食べ,江の島でお願い事をしたい
 と思っています。そして,藤沢市のビーチを楽しみたいです。



diego ディエゴ・サマヨア(Diego Samayoa)さん
  オリンピックでは,エルサルバドルがたくさんのメダルを獲得すること,そして
 スポーツ精神に満ちた楽しい大会になることを期待します。エルサルバドルの代表チ
 ームを温かく迎え入れてくれる藤沢市の皆さん,市役所の皆さんに感謝します。



maria マリア・ホセ・トーレス(María José Torres)さん
  私は食文化を勉強しており,食文化を愛しています。日本食は最も魔法のような食
 文化だと思っています。藤沢市の皆さんに温かい抱擁と挨拶を送ります。東京オリン
 ピックで,皆さんが最良の体験をし,オリンピックを楽しむことを祈っています。



elena エレナ・アルバラード(Elena Alvarado)さん
  藤沢市とエルサルバドルは,食文化,言語,観光,スポーツを通じて交流を深めてい
 くことができると思います。エルサルバドルを選んでくれたことに対し感謝します。
 エルサルバドルから藤沢市の友人の皆さん,また,日本の皆さんに,力強い抱擁を送り
 ます。

 

「絆」の動画に込めた思い
 ~動画を制作した在エルサルバドル日本国大使館職員より~

    エルサルバドルの方はラテンの血が流れているためか基本的に踊りが大好きです。そのため,
   チャンバちゃんダンスは子どもから大人まで皆さんに楽しんでいただけるよう,振り付けをとて
   も簡単にしました。ご覧になった方がちょっと真似してみようかな?と思えるくらいを意識して
   います。
    また,歌のサビの部分の振り付けは日本語の手話(スペイン語の手話は指先の動きが多く,残
   念ながらチャンバちゃんには表現できませんでした)を基にアレンジしたもので,歌詞の意味を
   理解すると,より一層簡単に踊れるようになっています。
    コロナ禍もあり,少しどんよりした雰囲気の中,このダンスを見た方々が,ご自宅等で楽しく
   踊ってもらい,そのついでに,今年外交関係樹立85周年を迎えた日本とエルサルバドルの友情に
   ついて知っていただければよいなという思いで制作しています。

 


 

情報の発信元

生涯学習部 東京オリンピック・パラリンピック開催準備室

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎5階

電話番号:0466-50-2020(直通)

ファクス:0466-50-7200

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?