○藤沢市庁舎管理規則

昭和45年12月28日

規則第38号

(目的)

第1条 この規則は,庁舎における公務の円滑かつ適正な執行の確保を図るため,庁舎の秩序の保持について,必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この規則において,庁舎とは,この市において市の事務もしくは事業に供する建物およびその敷地ならびにこれらに属する従物(直接公共の用に属するものを除く。)で市長の管理するものをいう。

(総括管理責任者)

第3条 庁舎の総括管理責任者を置き,財務部長をもつて充てる。

2 総括管理責任者は,上司の命を受け,庁舎における秩序の保持の総括を行い,次条第1項に規定する管理責任者に対し,庁舎の管理について必要な報告を求め,又は指示することができる。

(昭和55規則14・昭和59規則19・昭和61規則42・平成12規則83・平成15規則46・一部改正)

(管理責任者)

第4条 別表に定める庁舎に管理責任者を置く。

2 管理責任者は,上司の命を受け,所管する庁舎における秩序の保持を行ない,各室責任者に対し,庁舎の管理について必要な報告を求め,または指示することができる。

(各室責任者)

第5条 管理責任者は,所管する庁舎を使用する者のうちから各室責任者およびその補助者を指定することができる。

2 各室責任者およびその補助者は,上司の命を受け,所管する室内の秩序の保持を行なうものとする。

(職員に対する指示)

第6条 管理責任者および各室責任者は,この規則に規定する事項またはこれを実施するにあたり職員に必要な指示をすることができる。

(警備員等)

第7条 庁舎の管理および来庁者の案内等のため,必要と認める庁舎に警備員または当直者を置くことができる。

(庁舎の出入)

第8条 管理責任者は,秩序の維持,災害の防止その他必要と認めるときは,庁舎に出入しようとする者に対し,庁舎出入者名簿(第1号様式)に住所,氏名および出入の目的を明らかにさせることができる。

2 管理責任者は,前項の規定による住所等を明らかにしない者に対しては,庁舎への立ち入りを拒否し,または庁舎外に退去を命ずることができる。

(会議室の使用)

第9条 会議室を使用しようとする者は,あらかじめ,会議室使用簿(第2号様式)に所要事項を記載し,管理責任者またはその指定した各室責任者の承認を受けるものとする。

(門扉等の開閉)

第10条 庁舎の門扉等は,午前8時に開き,午後6時に閉鎖する(休日及び祝祭日等を除く。)。ただし,管理責任者が特に必要があると認めるときは,その時刻を変更することができる。

(門扉等閉鎖後の出入)

第11条 管理責任者は,門扉等閉鎖後に庁舎に出入しようとする者に対し,必要と認めるときは,時間外庁舎出入者名簿(第3号様式)に住所および氏名等所要事項を記載させることができる。

(鍵の保管)

第12条 庁舎の出入り口の鍵は,執務時間中は管理責任者が,各室の出入り口の鍵は,各室使用時間中は各室責任者が保管し,退庁時の際には警備員または当直者に引き継ぐものとする。

2 管理責任者または各室責任者は,特に必要があると認めるときは,前項の規定にかかわらず,別に鍵の保管者を指定することができる。

(集団の立入り)

第13条 多数の者が集合して庁舎に入ろうとするときは,代表者を定め,あらかじめ管理責任者等の承認を受けておかなければならない。

2 管理責任者等は,前項の規定により必要と認めるときは,その人数,時間,場所その他必要な事項を指示することができる。

3 管理責任者等は,前項の規定により指示に従わないときは,その承認を取り消すことができる。

(許可を要する行為)

第14条 庁舎において,次の各号の一つに掲げる行為をしようとする者は,あらかじめ市長の許可を受けなければならない。ただし,市長が別に指定した行為についてはこの限りでない。

(1) 物品の販売,募金,宣伝,勧誘その他これに類する行為をすること。

(2) ポスター,看板,旗,けんすい幕その他これに類するものを掲示またはちよう付する等すること。

(3) 文書,図画その他印刷物等を配付し,または散布すること。

(4) 市の機関以外の者が主催する集会またはこれに類する行為をすること。

(5) 前各号に掲げるほか,市長が庁舎の管理上特に必要があると認め,告示によりあらかじめ制限した行為

(許可申請および許可)

第15条 前条の規定により許可を受けようとする者は,庁舎使用許可申請書(第4号様式)に連帯保証人と連署のうえ,市長に提出しなければならない。ただし,申請人が国または公共団体である場合その他市長が必要ないと認めたときは,連帯保証人の連署は要しない。

2 市長は,前項の規定による申請があつたときは,内容を審査し,その適否を決定し,庁舎使用決定通知書(第5号様式)により通知するとともに,許可を与えた旨を明らかにする必要がある場合には,許可済印(第6号様式)の押印等必要な処置をすることができる。

3 市長は,前項の規定による許可をするにあたり,必要と認めるときは,条件を付することができる。

(禁止する行為)

第16条 庁舎において,次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 示威またはけん騒にわたる行為により執務を妨げ,もしくは危険のおそれのある行為をすること。

(2) 面会の強要および乱暴な言動をすること。

(3) 執務または通行の妨害となる行為をすること。

(4) 庁舎または物件を汚損し,またはき損すること。

(5) 正当な理由がなく危険物を持ち込むこと。

(6) 爆発または引火のおそれあるものの付近で喫煙したり,火気を扱うこと。

(倉庫等の立入り禁止)

第17条 庁舎内の倉庫,電気室,機械室,当直室,電話交換室その他指定した場所には,関係ある者または用件のある者以外の者は出入してはならない。

(違反者に対する措置)

第18条 市長は,次の各号に掲げる一つに該当する者またはそのおそれが明らかである者に対し,許可を取り消し,または行為の禁止もしくは退去を命じ,または当該物件の撤去を命じ,その使用許可当時の原状に回復させ,撤去しないときは自らこれを撤去することができる。

(1) 第14条の規定および第15条第3項の規定により付された条件に違反する者

(2) 第16条の規定に違反する者

付 則

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行する。

(経過規定)

2 この規則の施行の際,すでに庁舎の使用または行為にかかわる事項について,市長の許可または承認を受けている者については,この規則施行の日から30日までに限りこの規則により許可または承認を受けたものとみなす。

付 則(昭和55年規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は,昭和55年7月11日から施行する。

(経過措置)

4 この規則の施行の際,現に使用している帳票類は,残存するものに限り使用することができる。

付 則(昭和57年規則第14号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(昭和59年規則第19号)

この規則は,昭和59年7月23日から施行する。

附 則(昭和61年規則第42号)

1 この規則は,昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成元年規則第16号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成12年規則第83号)

(施行期日)

1 この規則は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第39号)

この規則は,公布の日から施行する。ただし,「分室」の次に「,総合防災センター」を加える改正規定は,平成14年7月1日から施行する。

附 則(平成15年規則第46号)

(施行期日)

1 この規則は,平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第50号)

この規則は,平成22年3月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第34号)

この規則は,平成24年3月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第50号)

この規則は,公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

(平成元規則16・全改,平成14規則39・平成22規則50・平成24規則34・平成26規則50・一部改正)

庁舎の区分

管理責任者

新館,総合防災センター

管財課長

(昭和57規則14・一部改正)

画像

(昭和57規則14・一部改正)

画像

(昭和57規則14・一部改正)

画像

(昭和55規則14・昭和57規則14・一部改正)

画像

(昭和57規則14・一部改正)

画像

(昭和57規則14・一部改正)

画像

藤沢市庁舎管理規則

昭和45年12月28日 規則第38号

(平成26年11月27日施行)

体系情報
第8類 務/第2章 財産管理
沿革情報
昭和45年12月28日 規則第38号
昭和55年7月10日 規則第14号
昭和57年8月20日 規則第14号
昭和59年7月21日 規則第19号
昭和61年3月27日 規則第42号
平成元年6月16日 規則第16号
平成12年3月31日 規則第83号
平成14年2月25日 規則第39号
平成15年3月19日 規則第46号
平成22年2月19日 規則第50号
平成24年2月29日 規則第34号
平成26年11月27日 規則第50号