○藤沢市湘南台文化センター条例

平成元年3月31日

条例第28号

目次

第1章 総則(第1条―第3条)

第2章 こども館(第4条・第5条)

第3章 市民シアター(第6条―第11条)

第4章 地下駐車場(第12条)

第5章 施設の管理の通則(第13条―第15条)

第6章 指定管理者(第16条―第19条)

第7章 雑則(第20条)

附則

第1章 総則

(平成2条例24・章名追加)

(目的及び設置)

第1条 市民文化の創造及び活動に寄与し,もって市民の福祉の増進を図るための施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 前条の施設の名称及び位置は,次のとおりとする。

名称 藤沢市湘南台文化センター

位置 藤沢市湘南台一丁目8番地

(施設)

第3条 藤沢市湘南台文化センター(以下「文化センター」という。)の各施設は,次のとおりとする。

(1) こども館

(2) 市民シアター

(3) 市民センター

(4) 公民館

(5) 地下駐車場

2 市民センター及び公民館の設置及び管理に関し必要な事項は,別に定める。

(平成2条例24・平成19条例27・平成22条例14・一部改正)

第2章 こども館

(平成2条例24・章名追加)

(利用設備)

第4条 こども館の市民の利用に供する設備は,次のとおりとする。

(1) 展示ホール

(2) 宇宙劇場

(3) ワークショップ室

(4) 陶芸室

(5) アマチュア無線室

(利用料金)

第5条 こども館の展示ホール及び宇宙劇場に入場する者は,別表第1に定める金額を超えない範囲内においてあらかじめ市長の承認を得て指定管理者(第16条に規定する市長が指定するものをいう。以下この条第8条第12条及び第13条において同じ。)が定めた利用料金を入場の際に支払わなければならない。ただし,宇宙劇場に空席がある場合において,同表に定める展示ホール定期利用料金を支払っている者が宇宙劇場に入場するときは,この限りでない。

2 前項の規定にかかわらず,こども館において特別な企画による事業を行う場合における利用料金は,その都度市長の承認を得て指定管理者が定める。

(平成22条例14・全改)

第3章 市民シアター

(平成2条例24・章名追加)

(供用施設等)

第6条 市民シアターの利用に供する施設は,ホール,リハーサル室,スタジオ,楽屋及びシャワー室とする。

2 市民シアターの利用に供する附属設備は,規則で定める。

(平成9条例28・全改)

(使用許可)

第7条 前条第1項に規定する施設及び同条第2項に規定する附属設備(以下「施設等」という。)を使用しようとするものは,市長に申請してその許可(以下「使用許可」という。)を受けなければならない。

2 市長は,前項の規定により使用許可を受けようとするものが次の各号のいずれかに該当する場合は,使用許可をしない。

(1) 市民シアターにおける秩序又は風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 危険物の使用を伴う催物で災害発生のおそれがあると認めたとき。

(3) 施設等を損傷するおそれがあると認めたとき。

(4) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めたとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか,施設等を使用させることが市民シアターの管理上支障があると認めたとき。

3 使用許可を受けたもの(以下「使用者」という。)は,使用許可に係る事項を変更しようとするときは,市長の許可を受けなければならない。

4 市長は,市民シアターの管理上必要があると認めるときは,使用許可又は前項の許可に条件を付けることができる。

(平成2条例24・追加,平成9条例28・平成23条例3・一部改正)

(利用料金)

第8条 使用者は,別表第2に定める金額を超えない範囲内においてあらかじめ市長の承認を得て指定管理者が定めた利用料金を支払わなければならない。

2 利用料金は,使用許可又は前条第3項の許可(利用料金が増額となるものに限る。)を受けた際に支払うものとする。ただし,ホール,リハーサル室及びスタジオ以外のものの利用料金は,使用の日までに支払うものとする。

3 使用者が国又は地方公共団体その他これに準ずる団体である場合は,指定管理者は,前項の規定にかかわらず,別に利用料金の支払期日を定めることができる。

(平成2条例24・追加,平成9条例28・平成19条例27・平成22条例14・平成23条例3・一部改正)

(特別な設備等の承認)

第9条 使用者は,市民シアターの使用に当たり,特別な設備又は装飾をしようとするときは,市長の承認を受けなければならない。

(平成2条例24・追加)

(目的外使用等の禁止)

第10条 使用者は,使用許可に係る目的以外の用途に市民シアターを使用し,又はその使用の権利を譲渡し,若しくは貸与してはならない。

(平成2条例24・追加)

(使用許可の取消し等)

第11条 市長は,使用者が次の各号のいずれかに該当するときは,使用許可を取り消し,又はその使用を中止させることができる。

(1) 第7条第2項各号のいずれかに該当するに至ったとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) この条例及びこの条例に基づく規則に違反したとき。

(4) 工事その他管理上やむを得ない理由が生じたとき。

(平成2条例24・追加,平成22条例14・一部改正)

第4章 地下駐車場

(平成22条例14・全改)

(利用料金)

第12条 地下駐車場の利用者は,別表第3に定める金額を超えない範囲内においてあらかじめ市長の承認を得て指定管理者が定めた利用料金を支払わなければならない。

(平成22条例14・全改,平成23条例3・一部改正)

第5章 施設の管理の通則

(平成2条例24・章名追加,平成19条例27・旧第4章繰下,平成22条例14・改称)

(利用料金の減免)

第13条 指定管理者は,市長が規則で定めるところにより,利用料金を減額し,又は免除することができる。

(平成2条例24・旧第6条繰下・一部改正,平成19条例27・旧第13条繰下,平成22条例14・旧第14条繰上・一部改正)

(利用料金の不返還)

第14条 既払いの利用料金は返還しない。ただし,規則で定める場合には,その全部又は一部を返還することができる。

(平成2条例24・旧第7条繰下・一部改正,平成19条例27・旧第14条繰下,平成22条例14・旧第15条繰上・一部改正)

(利用の制限)

第15条 市長は,文化センターの利用者が次の各号のいずれかに該当するときは,入場を拒み,又は退場を命ずることができる。

(1) 他の利用者に迷惑をかけ,又はそのおそれがあると認められるとき。

(2) その他管理上支障があるとき。

(平成2条例24・旧第8条繰下,平成19条例27・旧第15条繰下,平成22条例14・旧第16条繰上)

第6章 指定管理者

(平成22条例14・追加)

(指定管理者による管理)

第16条 文化センターの管理は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により,法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(平成22条例14・追加)

(指定管理者が行う業務)

第17条 指定管理者が行う業務は,次のとおりとする。

(1) こども館,市民シアター及び地下駐車場の利用に関する業務

(2) 市民シアターの施設等の使用許可及びその取消しに関する業務

(3) 文化センターの施設及び設備の維持管理に関する業務

(4) こども館及び市民シアターの事業の企画及び実施に関する業務

(5) 文化センターの設置目的を効果的に達成するために必要な業務

(平成22条例14・追加)

(利用料金の帰属)

第18条 第5条第8条及び第12条に規定する利用料金は,指定管理者の収入とする。

(平成22条例14・追加)

(指定管理者の指定等)

第19条 指定管理者の指定の手続等については,藤沢市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成15年藤沢市条例第19号)の定めるところによる。

(平成22条例14・追加)

第7章 雑則

(平成22条例14・追加)

(委任)

第20条 この条例に定めるもののほか,文化センターの管理について必要な事項は,規則で定める。

(平成22条例14・追加)

附 則

この条例は,規則で定める日から施行する。

(平成元年6月規則第11号により同年7月18日から施行)

附 則(平成2年条例第24号)

この条例は,公布の日から起算して7月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成2年規則第16号により同年10月7日から施行)

附 則(平成3年条例第4号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成6年条例第17号)

1 この条例は,平成7年4月1日から施行する。

2 改正後の別表第3の規定の適用については,平成7年4月1日から平成8年3月31日までの間においては同表1 設備基本使用料の表中「

40,400円

72,400円

101,200円

112,800円

173,600円

214,000円

」とあるのは「

32,800円

58,800円

82,200円

91,600円

141,000円

173,800円

」と,「

6,400円

11,200円

14,300円

17,600円

25,500円

31,900円

」とあるのは「

4,900円

8,500円

10,900円

13,400円

19,400円

24,200円

」と,「30割」とあるのは「25割」とする。

3 この条例の施行の際,平成7年4月1日以後の藤沢市湘南台文化センターの使用について改正前の藤沢市湘南台文化センター条例の規定により既に許可を受けている者の使用料については,改正後の藤沢市湘南台文化センター条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成9年条例第28号)

1 この条例は,公布の日から施行する。ただし,別表第3の改正規定(「設備基本使用料」を「施設基本使用料」に改める部分及び「又はこれに」を「,又はこれに」に改める部分を除く。)は,平成10年4月1日から施行する。

2 前項ただし書に規定する改正規定の施行の際,平成10年4月1日以後の市民シアターの施設等の使用について改正前の藤沢市湘南台文化センター条例の規定により既に許可を受けているものの使用料については,改正後の藤沢市湘南台文化センター条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成11年条例第28号)

この条例は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第22号)

1 この条例は,平成14年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際,この条例の施行の日以後の藤沢市湘南台文化センター市民シアターの施設の使用について改正前の藤沢市湘南台文化センター条例の規定により既に許可を受けているものの使用料については,改正後の藤沢市湘南台文化センター条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成16年条例第16号)

1 この条例は,平成17年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際この条例の施行の日以後の藤沢市湘南台文化センター市民シアターの施設の使用について改正前の藤沢市湘南台文化センター条例の規定により既に許可を受けているものの使用料については,改正後の藤沢市湘南台文化センター条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成19年条例第27号)

1 この条例は,平成20年7月1日から施行する。ただし,別表第3の1の改正規定は,同年4月1日から施行する。

2 前項ただし書に規定する改正規定の施行の日において同日以後の藤沢市湘南台文化センター市民シアターの施設の使用について既に許可を受けているものの使用料については,改正後の藤沢市湘南台文化センター条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成22年条例第14号)

この条例は,平成23年4月1日から施行する。ただし,第11条の改正規定及び本則に2章を加える改正規定(第19条及び第20条に係る部分に限る。)は,公布の日から施行する。

附 則(平成23年条例第3号)

この条例は,公布の日から施行する。

別表第1(第5条第1項関係)

(平成2条例24・旧別表・一部改正,平成11条例28・平成22条例14・一部改正)

区分

単位

個人・団体の別

金額

こども

おとな

展示ホール

普通

1人1回につき

個人

100円

300円

団体(20人以上)

80円

240円

定期

1人6月につき

 

1,000円

3,000円

宇宙劇場

1人1回につき

個人

200円

500円

団体(20人以上)

160円

450円

備考

1 「こども」とは,小学校,中学校又は中等教育学校の前期課程に就学している者をいう。

2 小学校に就学するまでの者は,無料とする。ただし,宇宙劇場の座席を占用する場合は,有料とし,宇宙劇場利用料金のこども料金とする。

別表第2(第8条関係)

(平成6条例17・全改,平成9条例28・平成13条例22・平成16条例16・平成19条例27・平成22条例14・一部改正,平成23条例3・旧別表第3繰上)

1 施設

使用区分

午前

午後

夜間

午前・午後

午後・夜間

全日

午前9時から午後1時まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時(スタジオにあっては,午後5時から午後9時)まで

午前9時から午後5時まで

午後1時から午後10時(スタジオにあっては,午後9時)まで

午前9時から午後10時(スタジオにあっては,午後9時)まで

ホール

一般使用

平日

14,600円

26,200円

36,300円

40,800円

62,500円

77,100円

休日等

18,900円

34,000円

39,200円

52,900円

73,200円

92,100円

商業宣伝

76,100円

136,200円

188,200円

212,300円

324,400円

400,500円

リハーサル室

一般使用

平日

3,800円

5,800円

8,500円

9,600円

14,300円

18,100円

休日等

4,700円

8,200円

10,600円

12,900円

18,800円

23,500円

商業宣伝

11,800円

20,900円

26,900円

32,700円

47,800円

59,600円

楽屋1(洋室)

1,500円

1,500円

1,500円

3,000円

3,000円

4,500円

楽屋2(洋室)

1,300円

1,300円

1,300円

2,600円

2,600円

3,900円

楽屋3(和室)

1,300円

1,300円

1,300円

2,600円

2,600円

3,900円

楽屋4(洋室)

1,000円

1,000円

1,000円

2,000円

2,000円

3,000円

シャワー室

900円

900円

900円

1,800円

1,800円

2,700円

スタジオ

平日

2,400円

2,500円

2,800円

4,900円

5,300円

7,700円

休日等

2,900円

3,400円

4,100円

6,300円

7,500円

10,400円

備考

1 「休日等」とは,土曜日,日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

2 「商業宣伝」とは,営利を主たる目的とする催物その他これに類するものを行うために使用することをいう。

3 この表に規定する使用時間区分を超過し,又は繰り上げて使用する場合の利用料金は,当該超過又は繰上げの時間1時間につき,それぞれの基本利用料金の3割に相当する額とする。この場合において,超過又は繰上げの時間が1時間に満たないとき,又はこれに1時間未満の端数の時間を生じたときは,その満たない時間又はその端数の時間を1時間として計算する。

4 ホール又はリハーサル室の使用に際し1,001円以上の額の入場料又はこれに類する料金(以下「入場料等」という。)を徴収する場合(商業宣伝の場合を除く。)の利用料金は,それぞれの基本利用料金に次の各号に掲げる入場料等の額の区分に応じ当該各号に定める割合を乗じて得た額を割増利用料金として当該基本利用料金に加算した額とする。この場合において,入場料等の額が2以上に区分されているときは,その最高額によるものとする。

(1) 入場料等の額が1,001円以上3,000円以下 10割

(2) 入場料等の額が3,001円以上5,000円以下 20割

(3) 入場料等の額が5,001円以上 30割

5 ホールの使用に伴う準備及び片付け並びに練習のため当該ホールを使用する場合の利用料金は,一般使用の基本利用料金の3割に相当する額とする。

2 附属設備

規則で別に定める額

別表第3(第12条関係)

(平成22条例14・追加,平成23条例3・旧別表第4繰上)

区分

金額

2時間以内の利用

無料

2時間を超える利用

2時間を超えた時間30分までごとに100円

藤沢市湘南台文化センター条例

平成元年3月31日 条例第28号

(平成23年6月28日施行)

体系情報
第10類 社会福祉/第1章
沿革情報
平成元年3月31日 条例第28号
平成2年3月29日 条例第24号
平成3年6月25日 条例第4号
平成6年9月21日 条例第17号
平成9年12月25日 条例第28号
平成11年2月26日 条例第28号
平成13年12月26日 条例第22号
平成16年12月16日 条例第16号
平成19年12月26日 条例第27号
平成22年9月27日 条例第14号
平成23年6月28日 条例第3号