○藤沢市秩父宮記念体育館条例

平成8年12月20日

条例第24号

(目的及び設置)

第1条 スポーツの振興を図り,市民の心身の健全な発達及び文化の向上に寄与するため,藤沢市秩父宮記念体育館(以下「体育館」という。)を藤沢市鵠沼東8番2号に設置する。

(利用に供する施設等)

第2条 体育館において利用に供する施設及び附属設備は,別表第1のとおりとする。

(平成17条例16・一部改正)

(休館日等)

第3条 体育館の休館日及び供用時間は,教育委員会規則で定める。

(平成17条例16・追加)

(使用の許可等)

第4条 第2条の施設(ジョギングコース及びプレイルームを除く。第10条及び第14条を除き,以下同じ。)及び附属設備(以下「施設等」という。)を使用しようとするものは,教育委員会の許可を受けなければならない。

2 施設等を使用しようとするもののうち施設等を団体で使用しようとするものは,あらかじめ,教育委員会規則で定めるところにより,施設等を団体で使用することができる団体としての教育委員会の登録(以下「団体登録」という。)を受けなければならない。

3 教育委員会は,体育館の管理上必要があると認めたときは,第1項の許可に際して条件を付けることができる。

(平成9条例35・一部改正,平成17条例16・旧第3条繰下・一部改正)

(使用の制限)

第5条 教育委員会は,施設等を使用しようとするものが次の各号のいずれかに該当するときは,使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 体育館の建物若しくは設備又は施設等を損傷し,又は滅失するおそれがあると認めたとき。

(3) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか,体育館の管理上支障があると認めたとき。

(平成9条例35・一部改正,平成17条例16・旧第4条繰下・一部改正)

(利用料金)

第6条 施設等の使用の許可を受けたもの(以下「使用者」という。)は,指定管理者(第15条に規定する教育委員会が指定するものをいう。以下この条から第8条まで及び第11条において同じ。)に,次の各号に掲げる施設等の区分に応じ当該各号に定める時にその利用料金を支払わなければならない。

(1) 施設 使用の許可を受けた時

(2) 附属設備 規則で定める時

2 前項の規定にかかわらず,指定管理者は,国又は地方公共団体その他これに類する団体が施設等を使用するとき,又はやむを得ない理由があると認めるときは,同項に規定する時以外の支払いの時期を指定して利用料金を支払わせることができる。

3 第1項の利用料金の額は,施設に係るものにあつては別表第2,附属設備に係るものにあつては別表第3に定める金額を超えない範囲内において,あらかじめ教育委員会の承認を得て,指定管理者が定める。

4 第2条の施設のうちトレーニング室の利用料金の支払いは,規則で定める回数券の購入をもつて行うことができる。

5 前項の規定により回数券をもつて利用料金を支払う場合においては,第3項の規定によるトレーニング室の利用料金の額の10パーセントに相当する額を下回らない範囲内において,あらかじめ教育委員会の承認を得て,指定管理者が定める額を割り引く。

6 利用料金は,指定管理者の収入とする。

(平成9条例35・平成10条例21・一部改正,平成17条例16・旧第5条繰下・一部改正)

(利用料金の減免)

第7条 指定管理者は,教育委員会が別に定める基準に従い,利用料金を減額し,又は免除することができる。

(平成17条例16・全改)

(既払いの利用料金の不返還)

第8条 既払いの利用料金は,返還しない。ただし,指定管理者は,教育委員会が別に定める基準に従い,その全部又は一部を返還することができる。

(平成17条例16・追加)

(使用権の譲渡等の禁止)

第9条 使用者は,この条例による使用の権利を他人に譲渡し,若しくは転貸し,又は担保に供してはならない。

(平成9条例35・一部改正,平成17条例16・旧第8条繰下)

(特別な設備の設置等)

第10条 使用者又はジョギングコース若しくはプレイルームを使用する者(次項において「使用者等」という。)は,施設等に特別な設備若しくは装飾をし,又は体育館の既存の設備に変更を加えてはならない。ただし,あらかじめ教育委員会の承認を受けたときは,この限りでない。

2 使用者等は,前項ただし書の規定により施設等に特別な設備若しくは装飾をし,又は体育館の既存の設備に変更を加えたときは,施設等の使用後直ちに原状に回復しなければならない。

(平成9条例35・一部改正,平成17条例16・旧第9条繰下・一部改正)

(供用時間以外の時間に係る使用の許可等)

第11条 教育委員会は,施設等を使用しようとするもの又は使用者が施設等の使用に伴う準備又は後片付けのため供用時間の開始前又は終了後の時間(以下この条において「供用時間外の時間」という。)において施設等を使用することについてやむを得ない理由があると認めるときは,供用時間外の時間について施設等の使用を許可することができる。

2 第6条第3項の規定にかかわらず,供用時間外の時間に係る施設等の利用料金の額は,同項に規定する利用料金の額に1.5を乗じて得た額を超えない範囲内において,あらかじめ教育委員会の承認を得て,指定管理者が定める。

(平成9条例35・追加,平成17条例16・旧第10条繰下・一部改正)

(使用の許可の取消し等)

第12条 教育委員会は,次の各号のいずれかに該当するときは,使用の許可を取り消し,又は使用を制限し,若しくは停止することができる。この場合(第5号による場合を除く。)において,使用者に損害が生ずることがあつても,教育委員会は,その責任を負わない。

(1) 使用者が使用の許可を受けた目的以外に施設等を使用したとき。

(2) 使用者が使用の許可に付した条件に違反したとき。

(3) 使用者が第5条各号のいずれかに該当するに至つたとき。

(4) 使用者がこの条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(5) 工事その他の体育館の管理上やむを得ない理由が生じたとき。

(平成9条例35・旧第10条繰下,平成17条例16・旧第11条繰下・一部改正)

(原状回復の義務)

第13条 使用者は,施設等の使用が終了したときは,施設等を原状に回復しなければならない。ただし,教育委員会の承認を受けた場合は,この限りでない。

2 前項の規定は,前条の規定により使用の許可を取り消され,又は使用を停止された場合に準用する。この場合において,同項中「使用が終了した」とあるのは「使用の許可を取り消され,又は使用を停止された」と読み替えるものとする。

3 教育委員会は,使用者が前2項の義務を履行しないときは,当該使用者に代わつてこれを執行する。この場合において,教育委員会は,これに要した費用を使用者から徴収する。

(平成9条例35・旧第11条繰下・一部改正,平成17条例16・旧第12条繰下・一部改正)

(損害賠償)

第14条 体育館の建物若しくは既存の設備又は施設等を損傷し,又は滅失した者は,その損害を賠償しなければならない。ただし,教育委員会がやむを得ない理由があると認めたときは,当該損害に係る賠償額を減額し,又は免除することができる。

(平成9条例35・旧第12条繰下,平成17条例16・旧第13条繰下・一部改正)

(指定管理者による管理)

第15条 体育館の管理は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により,法人その他の団体であつて教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(平成17条例16・追加)

(指定管理者が行う業務)

第16条 指定管理者が行う業務は,次のとおりとする。

(1) 施設等の使用の許可及びその取消しに関する業務

(2) 体育館の施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 体育館の設置目的を効果的に達成するために必要な業務

(4) 前3号に掲げるもののほか,体育館の運営に関する事務のうち教育委員会のみの権限に属する事務以外の事務に関する業務

(平成17条例16・追加)

(指定管理者の指定等)

第17条 指定管理者の指定の手続等については,藤沢市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成15年藤沢市条例第19号)の定めるところによる。

(平成17条例16・追加)

(委任)

第18条 この条例の施行について必要な事項は,教育委員会が規則で定める。

(平成9条例35・旧第13条繰下,平成13条例38・旧第14条繰下,平成17条例16・旧第15条繰下・一部改正)

附 則

1 この条例は,平成9年4月27日から施行する。

2 前項の規定にかかわらず,改正後の藤沢市秩父宮記念体育館条例の規定に基づく施設等の使用申請及び使用許可については,平成9年4月16日から行うことができる。

附 則(平成9年条例第35号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成10年条例第21号)

この条例は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年条例第28号)

この条例は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第38号)

この条例は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第26号)

1 この条例は,平成14年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際,この条例の施行の日以後の藤沢市秩父宮記念体育館の施設等の使用について改正前の藤沢市秩父宮記念体育館条例の規定により既に許可を受けているものの使用料については,改正後の藤沢市秩父宮記念体育館条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成17年条例第16号)

この条例は,平成18年4月1日から施行する。ただし,第15条を第18条とし,第14条の次に3条を加える改正規定(第17条に係る部分に限る。)は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年条例第33号)

1 この条例は,平成20年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際この条例の施行の日以後の藤沢市秩父宮記念体育館施設等の使用について既に許可を受けているものの利用料金については,改正後の藤沢市秩父宮記念体育館条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成22年条例第33号)

1 この条例は,平成23年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際この条例の施行の日以後の藤沢市秩父宮記念体育館の施設の使用について既に許可を受けているものの利用料金については,改正後の藤沢市秩父宮記念体育館条例の規定にかかわらず,なお従前の例による。

別表第1(第2条関係)

施設

メインアリーナ サブアリーナ 武道室(多目的室) 弓道場 トレーニング室 ジョギングコース 軽体育室 ミーティングルーム 会議室A 会議室B 研修室 プレイルーム

附属設備

放送設備(メインアリーナ,サブアリーナ,武道室(多目的室)及び軽体育室) 教材提示装置 電光得点表示盤 暖房設備(観覧席,メインアリーナ及びサブアリーナ) 冷房設備(メインアリーナ及びサブアリーナ) 折り畳みいす

備考 附属設備名に付された括弧内の表示は,当該附属設備が設置されている施設を示し,当該施設においてのみ使用することができる。

別表第2(第6条関係)

(平成11条例28・平成13条例26・平成17条例16・平成19条例33・平成22条例33・一部改正)

施設の名称

団体使用

個人使用

使用区分

単位

金額

使用者区分

単位

金額

メインアリーナ

4分の1使用

1回

2,400円

小学生又は中学生

1回

100円

2分の1使用

4,800円

4分の3使用

7,200円

一般

200円

全面使用

9,600円

サブアリーナ

 

1回

3,120円

小学生又は中学生

1回

100円

一般

200円

武道室(多目的室)

2分の1使用

1回

1,300円

小学生又は中学生

1回

100円

全面使用

2,600円

一般

200円

弓道場

 

1回

1,680円

小学生又は中学生

1回

100円

一般

200円

トレーニング室

 

 

 

中学生

1回

250円

一般

500円

軽体育室

 

1回

800円

 

 

 

ミーティングルーム

 

1回

200円

 

 

 

会議室A

2分の1使用

1回

400円

 

 

 

全面使用

800円

会議室B

 

1回

400円

 

 

 

研修室

2分の1使用

1回

400円

 

 

 

全面使用

800円

備考

1 この表において「団体使用」とは,団体登録を受けた団体が施設等を使用する場合をいう。

2 この表において「小学生」とは,小学校に就学している者をいう。

3 この表において「中学生」とは,中学校又は中等教育学校の前期課程に就学している者をいう。

4 団体使用に係る単位の1回は,2時間とし,個人使用に係る単位の1回は,使用許可の際に教育委員会が指定した時間とする。

5 施設の使用が次の各号に掲げる場合のいずれかに該当するときの団体使用に係る金額は,この表に定める金額に当該各号に定める数を乗じて得た額とする。

(1) 営利を目的とし,かつ,入場料その他これに類する料金(以下この項において「入場料等」という。)を徴収する場合 30

(2) 営利を目的とするが,入場料等を徴収しない場合 3

(3) 営利を目的としないが,入場料等を徴収する場合 2

別表第3(第6条関係)

(平成13条例26・平成17条例16・平成19条例33・一部改正)

附属設備の名称

附属設備の設置されている施設

単位

金額

放送設備

メインアリーナ

1時間

1,200円

サブアリーナ

500円

武道室(多目的室)

500円

軽体育室

500円

教材提示装置

 

1時間

550円

電光得点表示盤

 

1時間

600円

暖房設備

観覧席

1時間

1,500円

メインアリーナ

5,000円

サブアリーナ

1,600円

冷房設備

メインアリーナ

1時間

4,500円

サブアリーナ

1,100円

折り畳みいす

 

1脚

10円

備考 折り畳みいすの金額は,その使用する数が200脚を超えた場合における当該200脚を超えた折り畳みいす1脚当たりの額を示す。

藤沢市秩父宮記念体育館条例

平成8年12月20日 条例第24号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第13類 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成8年12月20日 条例第24号
平成9年12月25日 条例第35号
平成10年12月28日 条例第21号
平成11年2月26日 条例第28号
平成13年3月22日 条例第38号
平成13年12月26日 条例第26号
平成17年9月20日 条例第16号
平成19年12月26日 条例第33号
平成22年12月17日 条例第33号