○藤沢市緑の保全奨励金交付規則

昭和46年9月6日

規則第35号

(趣旨)

第1条 この規則は,藤沢市緑の保全及び緑化の推進に関する条例(平成21年藤沢市条例第6号。以下「条例」という。)第19条の規定に基づき緑の保全奨励金(以下「奨励金」という。)を交付することについて,必要な事項を定めるものとする。

(昭和61規則1・平成3規則3・平成21規則23・一部改正)

(奨励金の交付対象)

第2条 奨励金の交付は,条例第15条の規定に基づき指定した保存樹木,保存樹林又は保存生垣を所有する者に対して行う。ただし,市税を滞納している者は,交付の対象者としない。

(昭和54規則7・全改,昭和63規則32・平成3規則3・平成21規則23・平成27規則20・一部改正)

(奨励金の額等)

第3条 奨励金の額及び算出方法は,別表のとおりとする。

2 奨励金の算定基準日は,毎年4月1日とする。ただし,新たに指定決定されたものについては,その指定の日とする。

3 前項ただし書の規定により,10月1日以降に指定決定されたものについての奨励金の額は,当該年度につき2分の1の額とする。

(昭和54規則7・全改,平成3規則3・一部改正)

(申請手続)

第4条 奨励金の交付を受けようとする者は,緑の保全奨励金交付申請書(第1号様式)に必要な書類を添付して市長に提出しなければならない。

(平成3規則3・一部改正)

(交付の決定)

第5条 市長は,前条の規定による奨励金の交付の申請があつたときは,条例第15条の規定による保存樹木,保存樹林又は保存生垣の指定の有無を確認のうえ適当と認めたものに対し,緑の保全奨励金交付決定通知書(第2号様式)により通知する。

(平成3規則3・平成21規則23・一部改正)

(奨励金の返還)

第6条 条例第18条の規定により保存樹木,保存樹林又は保存生垣の指定の解除がなされた場合において,既に当該解除の日の属する年度分の奨励金の交付を受けている者は,当該交付を受けた奨励金について,次の基準による金額を返還しなければならない。ただし,市長が返還の必要がないと認める場合は,この限りでない。

(1) 当該解除の日が10月1日前である場合 全額

(2) 当該解除の日が10月1日以降である場合 2分の1の額

2 市長は,奨励金の交付を受けた者が次の各号の一に該当するときは,既に交付した奨励金の全部又は一部を返還させることができる。

(1) 提出書類の記載事項に偽りがあつたとき。

(2) その他不正行為があつたとき。

(昭和61規則1・旧第7条繰上,昭和63規則32・平成21規則23・平成25規則60・一部改正)

付 則

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(昭和47年規則第22号)

この規則は,公布の日から施行し,昭和47年7月1日から適用する。

付 則(昭和54年規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は,公布の日から施行し,昭和54年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 改正前の藤沢市緑の保全奨励金交付規則第3条の規定により,昭和54年3月31日までに交付した奨励金については,なお従前の例による。

付 則(昭和55年規則第50号)

この規則は,昭和55年4月1日から施行する。

付 則(昭和55年規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は,昭和55年7月11日から施行する。

(経過措置)

4 この規則の施行の際,現に使用している帳票類は,残存するものに限り使用することができる。

附 則(昭和61年規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(昭和63年規則第32号)

この規則は,昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成3年規則第3号)

この規則は,公布の日から施行し,改正後の別表保存生垣の項の規定は,平成3年4月1日から適用する。

附 則(平成21年規則第23号)

この規則は,平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成25年規則第60号)

この規則は,平成25年2月1日から施行する。

附 則(平成27年規則第20号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成28年規則第57号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成31年規則第34号)

この規則は,公布の日から施行する。

別表(第3条第1項関係)

(昭和61規則1・全改,平成3規則3・平成21規則23・平成28規則57・一部改正)

保存樹木等奨励金算定表

区分

奨励金の年額及び内訳

保存樹木

(条例第15条の表中第1項に規定するものをいう。)

1 指定本数のうち1本目は,2,000円とし,1本増すごとに1,000円を加算する。

2 1人につき,30,000円を限度とする。

保存樹林

(条例第15条の表中第2項に規定するものをいう。)

1 指定面積割額に固定資産税額及び都市計画税額を加えた額とする。

2 指定面積割額は,保存樹林の土地面積に応じて次の区分により算定する。

(1) 一の保存樹林を1人で所有する場合

100平方メートルにつき800円。この場合において,100平方メートル未満の端数がある場合は,これを100平方メートルとして算定する。

(2) 一の保存樹林を複数の者が区分して所有している場合は,それぞれ1人が所有する面積により次のとおりとする。

ア 150平方メートル未満のもの 1,250円

イ 150平方メートル以上300平方メートル未満のもの 2,400円

なお,1人が所有する面積が300平方メートル以上の場合は,前号に定めるところによる。

保存生垣

(条例第15条の表中第3項に規定するものをいう。)

1 一の保存生垣の長さにより次のとおりとする。

(1) 10メートル以上20メートル未満のもの 5,000円

(2) 20メートル以上30メートル未満のもの 10,000円

(3) 30メートル以上のもの 15,000円

(平成31規則34・全改)

画像画像

(平成27規則20・全改)

画像

藤沢市緑の保全奨励金交付規則

昭和46年9月6日 規則第35号

(平成31年1月22日施行)

体系情報
第17類 環境保全
沿革情報
昭和46年9月6日 規則第35号
昭和47年8月17日 規則第22号
昭和54年5月21日 規則第7号
昭和55年3月31日 規則第50号
昭和55年7月10日 規則第14号
昭和61年4月1日 規則第1号
昭和63年1月20日 規則第32号
平成3年5月15日 規則第3号
平成21年6月30日 規則第23号
平成25年1月31日 規則第60号
平成27年4月1日 規則第20号
平成28年8月29日 規則第57号
平成31年1月22日 規則第34号