○藤沢市小規模特定給食施設の栄養改善に関する条例

平成17年12月14日

条例第34号

(目的)

第1条 この条例は,特定かつ多数の者に対して継続的に1回50食以上又は1日100食以上の食事を供給する施設(健康増進法(平成14年法律第103号)第20条第1項に規定する特定給食施設を除く。以下「小規模特定給食施設」という。)の設置者等に対し,栄養管理について報告を求め,指導及び助言を行う機会を確保し,もって市民の健康の保持増進を図ることを目的とする。

(小規模特定給食施設の開始等の届出)

第2条 小規模特定給食施設を設置した者は,その事業を開始し,又は再開したときは,当該開始又は再開の日から1月以内に,規則で定める事項を市長に届け出なければならない。

2 前項の規定による届出をした者は,同項の規則で定める事項に変更があったときは,当該変更の日から1月以内に,その旨を市長に届け出なければならない。その事業を休止し,又は廃止したときも,同様とする。

(報告の徴収)

第3条 市長は,栄養管理の実施を確保するため必要があると認めるときは,小規模特定給食施設の設置者又は管理者に対し,必要な報告を求めることができる。

(指導及び助言)

第4条 市長は,前条に規定する施設の設置者等に対し,栄養管理の実施を確保するため必要があると認めるときは,当該栄養管理の実施に関し必要な指導及び助言を行うことができる。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

附 則

1 この条例は,平成18年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の日前に小規模特定給食施設の栄養改善に関する条例(平成11年神奈川県条例第42号)の規定により神奈川県知事に対して行われた届出その他の行為で,この条例の施行の際現に効力を有するものは,この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

藤沢市小規模特定給食施設の栄養改善に関する条例

平成17年12月14日 条例第34号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第11類 保健衛生/第1章
沿革情報
平成17年12月14日 条例第34号