○藤沢市狂犬病予防法施行細則

平成18年3月28日

規則第66号

(趣旨)

第1条 この規則は,狂犬病予防法(昭和25年法律第247号。以下「法」という。)の施行に関し,狂犬病予防法施行令(昭和28年政令第236号。以下「政令」という。)及び狂犬病予防法施行規則(昭和25年厚生省令第52号。以下「省令」という。)に定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(犬の登録申請書)

第2条 省令第3条の申請書は,犬の登録申請書とする。

(犬の登録事項変更等届出書)

第3条 省令第8条第1項及び省令第9条の届出書は,犬の登録事項変更等届出書とする。

(鑑札及び注射済票の再交付申請)

第4条 省令第6条第1項又は省令第13条第1項の規定による申請は,犬の鑑札(注射済票)再交付申請書により行わなければならない。

(損害の補償)

第5条 法第6条第10項の規定による損害の補償(法第14条第2項において準用する場合を含む。)を受けようとする者は,損害補償申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の申請書の提出があったときは,政令第5条の規定により狂犬病予防員が評価人に評価させた額を基準として損害を補償するものとする。

(狂犬病予防技術員)

第6条 法第6条第2項の規定により省令第14条に規定する狂犬病予防技術員(以下「技術員」という。)の指定を受けようとする者は,狂犬病予防技術員指定申請書を市長に提出しなければならない。

2 技術員は,犬の捕獲の業務に従事するときは,省令第14条の証票のほか,身分証明書(別記様式)を携帯しなければならない。

(様式)

第7条 この規則の規定により必要とする書類(身分証明書を除く。)の様式は,市長が別に定める。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

画像

藤沢市狂犬病予防法施行細則

平成18年3月28日 規則第66号

(平成18年4月1日施行)