○藤沢市保育所条例施行規則

平成27年4月1日

規則第29号

藤沢市保育に関する条例施行規則(昭和62年藤沢市規則第52号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は,藤沢市保育所条例(平成27年藤沢市条例第48号。以下「条例」という。)の委任事項及び条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(休園日)

第2条 条例第3条に規定する規則で定める保育所の休園日は,日曜日,国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日,1月2日,同月3日及び12月29日から同月31日までとする。

(保育料の納付期限等)

第3条 条例第4条第1項各号に規定する乳児又は幼児の保護者は,毎月分の保育料をその月の末日(12月分については翌年の1月4日)までに納付しなければならない。この場合において,当該期限の日が次の各号に掲げる日のいずれかに当たるときは,これらの日の翌日をもって納付期限とする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律第3条に規定する休日

(利用者負担額の減免の申請等)

第4条 利用者負担額の減額又は免除を受けようとする者は,必要な書類を添付した申請書により,市長に申請しなければならない。

2 前項の申請に対する決定の結果については,申請者に文書により通知するものとする。

(時間外保育の申請手続等)

第5条 条例第5条第1項の規定により時間外保育を受けようとする乳児又は幼児の保護者は,申請書を福祉事務所長(以下「所長」という。)に提出しなければならない。

2 所長は,前項の申請があったときは,内容を審査して許可又は不許可を決定し,その結果を当該保護者に通知するものとする。

3 所長は,前項の規定により許可することを決定したときは,時間外保育に係る保育所の長に通知するものとする。

(時間外保育利用者負担額の納付期限等)

第6条 条例第5条第1項の許可を受けた保護者は,毎月分の利用者負担額をその月の末日(12月分については翌年の1月4日)までに納付しなければならない。この場合において,当該期限の日が次の各号に掲げる日のいずれかに当たるときは,これらの日の翌日をもって納付期限とする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律第3条に規定する休日

(辞退)

第7条 条例第5条第1項の許可を受けた保護者は,時間外保育を受ける必要がなくなったときは,速やかに辞退届を所長に提出しなければならない。

(一時預かり事業を行う保育所)

第8条 条例第6条第1項の規則で定める保育所は,藤沢市立辻堂保育園,藤沢市立鵠沼保育園,藤沢市立善行保育園,藤沢市立湘南台保育園,藤沢市立しぶやがはら保育園及び藤沢市立小糸保育園とする。

(平成31規則41・一部改正)

(一時預かり事業の実施時間)

第9条 一時預かり事業の実施時間は,月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時までとし,保護を受けることができる時間は8時間以内とする。

(一時預かりによる保護の申請手続等)

第10条 条例第6条第2項の規定により一時預かり事業により必要な保護を受けようとする乳児又は幼児の保護者は,申請書を市長に提出しなければならない。

2 保護者は,保護を希望する日の1月前の日(当該日が日曜日及び土曜日である場合はこれらの日の翌日)から申請書を提出することができる。ただし,市長が別に定めるときは,この限りでない。

3 市長は,第1項の申請があったときは,内容を審査して許可又は不許可を決定し,その結果を当該申請者に通知するものとする。

(一時預かり事業利用者負担額の納付期限等)

第11条 条例第6条第2項の許可を受けた保護者は,利用者負担額を保護を受けた日ごとに納付しなければならない。ただし,市長が別に定めるときは,この限りでない。

(書類の様式)

第12条 この規則の規定により必要とする書類の様式は,別に定める。

附 則

1 この規則は,公布の日から施行する。

2 当分の間,第10条第1項の規定中「乳児又は幼児」とあるのは,「幼児」とする。

附 則(平成31年規則第41号)

この規則は,公布の日から施行する。

藤沢市保育所条例施行規則

平成27年4月1日 規則第29号

(平成31年2月15日施行)