ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 医療費助成 > 医療費助成事業(社保分)のレセプト取り下げ及び再請求について

ここから本文です。

更新日:2020年7月17日

医療費助成事業(社保分)のレセプト取り下げ及び再請求について

 

 平成28年4月以降の小児・ひとり親家庭等・障がい者等医療費助成事業(社保分)に係る診療報酬明細書(レセプト)の請求先が神奈川県国民健康保険団体連合会から社会保険診療報酬支払基金神奈川支部に変更したことに伴い、平成28年3月からの医療費助成事業(社保分)のレセプト取り下げの取扱い(医科・歯科・調剤・訪問看護)等については以下のとおりとなりました。柔整の請求先は引き続き国保連合会で行いますので、レセプト取り下げの取扱いに変更はございません。

 なお、平成28年4月以降に社会保険診療報酬支払基金に請求した分については、支払基金に取り下げ依頼をしていただくようお願いいたします。

 

●平成28年3月以降

 国保連合会に提出済みの平成28年2月診療分以前の医療費助成事業(社保分)のレセプトについては国保連合会で取り下げ処理ができなくなりますので、藤沢市に直接、取り下げ依頼をしていただくようになります。

 
ケース別 説明(医療機関等の提出書類)

 

 

医療機関等が、再請求をしない場合

 

 

 

 労災や第三者行為で、レセプトを取り下げて、再請求しない場合は、すでに支払われた助成分は、直接、本市に返還してもらう必要があります。「診療報酬明細書の取り下げ依頼書」提出後に、レセプトと納入通知書を送付します。

 

●「診療報酬明細書の取り下げ依頼書」(小児・ひとり親家庭等)(エクセル:74KB)

●「診療報酬明細書の取り下げ依頼書」(障がい者等)(エクセル:74KB)

 

医療機関等が、再請求をする場合

【増点時】

 

保険者の審査後、増点のある場合は、医療機関等に差額分のみ支払います。

 

●「再審査申出書」(エクセル:66KB)

●「(社保用)差額分の請求書」(小児)(ワード:25KB)

●「(社保用)差額分の請求書」(ひとり親家庭等)(ワード:25KB)

●「(社保用)差額分の請求書」(障がい者等)(ワード:25KB)

●「保険者審査により増点の分かる書類の写し」

●「正当なレセプト」

 

 

医療機関等が、再請求をする場合

【減点時】

 

 

 保険者の審査後、減点のある場合は、医療機関等に差額分を返還していただきますので、市から納入通知書を送付します。

 

●「再審査申出書」(エクセル:66KB)

●「保険者審査により減点の分かる書類の写し」

●「正当なレセプト」

 

 


 

問い合わせ先

●小児・ひとり親家庭等医療費助成について

 子育て給付課(庶務・医療費給付担当)50-3580(直通)

 

●障がい者等医療費助成について

 福祉医療給付課(医療費給付担当)50-3518(直通) 

情報の発信元

福祉健康部福祉医療給付課医療費給付・福祉給付・衛生施設担当

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-50-3518(直通)

ファクス:0466-50-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?