検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症・難病・精神保健 > 感染症 > 腸管出血性大腸菌感染症について

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

腸管出血性大腸菌感染症について

関東地方を中心に、腸管出血性大腸菌感染症の患者数が増加しています。
下痢や腹痛など体調が悪い方は、医療機関を受診してください。
特に子どもや高齢者は重症になることがありますので、注意が必要です。

腸管出血性大腸菌とは

大腸菌は、家畜や人の腸内にも存在します。ほとんどのものは無害ですが、このうちいくつかのものは、人に下痢などの消化器症状や合併症を起こすものがあり、病原性大腸菌と呼ばれています。
腸管出血性大腸菌は、毒力の強い毒素(ベロ毒素)を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳炎(けいれんや意識障害)を起こします。O26、O157などが知られています。
菌が付着した食べ物が原因となる場合や、患者から便を介して二次感染を起こす場合もあります。

症状

感染後、2~7日程度(平均3~5日)の後、全く症状がないものから軽い腹痛や下痢のみで終わるもの、さらには頻回な下痢や激しい腹痛、血便とともに重篤な合併症を引き起こし、時には死に至ることもあります。

予防

・調理作業前、トイレの後は、石鹸を泡立てて手洗いを十分に行いましょう
・生野菜は十分に洗いましょう
・加熱する食品は、十分に加熱しましょう
・調理器具の衛生管理にも注意が必要です

医療機関の皆様へ

 腸管出血性大腸菌感染症は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項の規定に基づき、診断後直ちに保健所への届出をお願いいたします。

情報の発信元

福祉健康部 保健予防課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-3593(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?