ここから本文です。

更新日:2019年1月19日

国民健康保険 療養費

療養費とは

やむをえない理由で、保険証では診療を受けられず医療費の全額を自己負担した場合に、保険者が必要と認めたとき、あとで7割分(義務教育就学前の方は8割、70歳以上75歳未満の方は9割または8割、70歳以上75歳未満一定以上所得者の方は7割)の払い戻しを受けることができます。この場合のお支払いする額は自分で支払った金額の7割でなく、保険診療の基準で計算し直した金額の7割分(義務教育就学前の方は8割、70歳以上75歳未満の方は9割または8割、70歳以上75歳未満一定以上所得者の方は7割)をお支払いします。

※支払った日の翌日から2年が過ぎると、時効により支給できなくなります。

内容と手続きに必要なもの

平成28年1月以降の手続きには、個人番号カードまたは通知カードと本人確認できるものの提示をお願いします。※個人番号の提出が困難な場合はこちらで確認させていただきます。

内容

手続きに必要なもの

1.緊急その他やむをえない理由で保険証をもたずに治療をうけたとき。

  • 診療報酬明細書
  • 領収書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳

2.医師の同意により、マッサージ・はり・きゅうを受けたとき。

  • 施術料金領収明細書
  • 医師の同意書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳

3.柔道整復師の施術を受けたとき。

  • 施術料金領収明細書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳

4.コルセット等の補装具をつけたとき。(弾性ストッキングも含む)

  • 補装具の必要を認める医師の証明書
  • 領収書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳

5.海外旅行中などにやむを得ず医療機関で診療を受けたとき。

  • 診療内容明細書
  • 領収明細書 
  • 領収書(原本)

 (以上の3つには日本語の翻訳文が必要です) 

  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳
  • パスポート

6.高齢受給者証を医療機関に提示できなかったとき。

  • 領収書
  • 保険証
  • 高齢受給者証
  • 印かん
  • 預金通帳

申請・問い合わせ

保険年金課 国保給付担当(内線3211)

情報の発信元

福祉健康部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3211

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?