ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 各種給付 > 国民健康保険 出産育児一時金

ここから本文です。

更新日:2016年2月3日

国民健康保険 出産育児一時金

対象者

国保の加入者が出産したときに支給されます。

妊娠12週以上であれば、流産・死産でも該当します。

申請が出産日の翌日から2年を経過すると時効となり、支給されません。

内容

支給額 420,000円

支払方法

平成21年10月1日から出産育児一時金の医療機関への直接支払制度が始まりました。目的は、出産時に係る妊産婦の経済的負担を軽減し、安心して出産できるようにするためです。市から直接医療機関へ出産育児一時金を支払います。

医療機関への直接支払を希望しない場合は、出産後に市から受け取る従来の方法をご利用いただくことも可能です。

申請・問い合わせ

出産育児一時金の直接支払制度を利用される場合は、出産する医療機関へご相談ください。

直接支払制度を利用されない場合は、藤沢市役所保険年金課又は、お近くの市民センターで出産育児一時金申請書を提出してください。詳しくは、保険年金課国保給付担当0466-25-1111内線3211へお問い合わせください。

リンク

情報の発信元

保健医療部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 新館2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3211

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?