地域がん診療連携拠点病院

 当院は、平成17年1月17日付けで厚生労働大臣より地域がん診療拠点病院(現 地域がん診療連携拠点病院)に指定され、平成19年1月31日付けにて「がん診療連携拠点病院の整備について(平成18年2月1日付け厚生労働省健康局長通知)」に基づき、地域がん診療連携拠点病院として再指定を受けました。

地域がん診療連携拠点病院とは

 全国どこでも質の高いがん診療を受けることができるように、各地域におけるがん診療の連携・支援を推進するため、厚生労働大臣より指定された病院です。

地域がん診療連携拠点病院の主な役割

診療体制

  • 日本に多いがん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)の治療
  • セカンドオピニオン機能
  • 緩和ケア医療の提供
  • 地域の医療機関への診療支援や連携
  • 専門的ながん医療に携わる職員の配置
  • 医療施設の整備

研修の実施体制

  • がん医療に携わる医師等を対象とした早期診断、緩和ケア等に関する研修の実施
  • 地域の医療機関等の医療従事者も参加する合同のカンファレンスの開催

講演会・研修会等の開催について

情報の提供体制

  • がん患者、家族、医療機関等が相談できるがん相談支援センターの設置
  • 日本に多いがん以外のがんの治療に関する広報
  • 院内がん登録の実施
  • 神奈川県悪性新生物登録事業(患者さんの診療に関する情報を記載した悪性新生物登録票を神奈川県立がんセンターに提供する。)への協力

 患者さんの個人情報については、藤沢市個人情報の保護に関する条例による開示請求や目的外利用等の差止め等の請求をすることができます。