DPCデータによる病院情報の公開

平成30年度 藤沢市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢
区分
0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1739 414 390 548 1034 1314 2047 3706 2591 499
年齢階級別患者数は、藤沢市民病院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。
当院は地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんを診療しております。
中でも「がん診療連携拠点病院」としてがんの治療を積極的に行っていることから、60歳以上の患者さんの割合が比較的多くなっております。
同時に小児救急医療拠点病院でもあるため、10歳未満の患者さんについても、積極的受け入れを行っていることが特徴の一つと言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 317 2.11 2.67 0 68.81
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 164 7.95 10.08 2.44 73.38
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 94 7.61 8.52 0 75.65
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 8.65 10.58 0 72.45
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 47 7.36 7.75 0 66.00
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院消化器内科では内視鏡下の手術を要する症例が多く、大腸ポリープの切除が最も多くなっています。次いで、透視下内視鏡で総胆管結石等の除去を行う症例、胃がんに対して内視鏡下の手術を行う症例、憩室炎や憩室出血、消化管出血(出血性の胃潰瘍等)に対して、内視鏡下止血術を行う症例が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 269 6.33 6.62 0 3.63
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 222 5.97 6.14 0 1.24
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 147 5.73 5.71 0 3.07
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 87 5.61 6.19 0 2.62
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 67 4.51 5.42 0 4.34
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院の傾向として、呼吸系の疾患が多く、喘息、肺炎、気管支炎といった症例が多くなっています。また、こちらの表には出ていませんが、当院の小児科は守備範囲が非常に広く、心臓病、腎臓病、神経の病気など幅広い疾患に対応しているほか、小児救急医療拠点病院として、地域医療圏における小児救急医療の中核的な役割を果たしており、24時間を通じて検査や入院が必要な患者さんの診療にあたっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 137 21.23 26.30 83.94 80.91
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 88 3.58 5.68 2.27 56.01
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 60 3.55 6.07 1.67 47.85
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病 なし 53 3.87 5.55 3.77 27.06
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 37 21.19 24.26 32.43 74.84
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院整形外科では、骨折、外傷を含む整形外科一般のほか、重症救急外傷(骨盤骨折、開放骨折、脊髄損傷など)、骨軟部腫瘍、関節リウマチなど幅広い整形外科疾患に対応しています。特に大腿骨近位部(頚部・転子部など)の骨折に対してORIF(骨折観血的手術)、BHA(人工骨頭置換術)を行う症例が最も多く、地域医療圏における中核医療機関としての責務を果たすべく、積極的な受入を行っています。次いで、前腕(手首など)、鎖骨骨折に対する観血的手術を行う症例、肘関節付近の骨折(肘頭骨折、上腕骨外果・顆上骨折)および変形性膝関節症などの変形性疾患に対する人工関節置換を行う症例が多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 166 3.64 3.01 0 67.33
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 134 15.57 17.66 19.40 81.93
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 99 13.67 12.52 1.01 67.82
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85 5.91 4.47 0 69.51
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 3.33 3.15 0 70.20
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院循環器内科では心臓病や血管病の診療を担当し、24時間365日の循環器当直、ハートラインを活用した緊急疾患への対応を行っています。
心不全治療については、薬物治療に加えて栄養指導・生活指導を行い、繰り返しの入院を防ぐため、多職種によるチーム医療、地域医療機関との連携強化に取り組んでいます。
虚血性心疾患に対する心臓のカテーテル検査を行う症例、待機的を含めたPCI(経皮的冠動脈形成術)、急性冠症候群(急性心筋梗塞など)に対して冠動脈ステントの留置、心臓のカテーテル検査+血管内超音波検査が多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 662 3.13 2.84 0 76.43
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 180 4.89 5.39 0 75.61
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 53 10.49 9.75 0 59.87
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 17 7.82 6.16 0 62.24
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 16 3.06 3.22 0 11.81
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院眼科では、白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症、斜視、小児眼科まで眼科全般に対し、幅広く診療を行っています。
白内障に対して手術(水晶体再建術)を行う症例が最も多く、次いで裂孔原性網膜剥離に対して手術(硝子体茎顕微鏡下離断術・網膜復位術)などを行う症例、右硝子体出血に対して硝子体茎顕微鏡下手術を行う症例、内斜視・外斜視に対して斜視手術を行う症例が多く計上されています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 179 3.04 2.53 0 71.57
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 104 3.73 7.13 3.85 67.64
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 67 5.91 7.40 0 74.42
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 57 6.63 8.65 0 73.46
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 57 4.19 5.62 0 65.04
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院泌尿器科では増加の著しい前立腺がんを始め、膀胱がん、腎がんなどの悪性疾患のほか、前立腺肥大症、尿路結石、小児疾患など幅広い泌尿器疾患に対応しています。
前立腺がんが疑われる患者さんに対して生検を行う症例が最も多く、次いで結石や結石性閉塞を伴う水腎症などに対して経尿道的手術(TUL)や経尿道的にステント留置を行う症例、膀胱がんに対する内視鏡手術(TUR-BT)を行う症例、前立腺肥大症に対する内視鏡手術(TUR-P)が多い傾向にあります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 110 7.68 7.89 0 15.28
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 85 6.20 7.04 0 55.93
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 82 6.51 5.43 0 38.87
030428xxxxxxxx 突発性難聴 79 7.39 9.02 0 57.82
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 71 7.11 7.27 0 39.87
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院耳鼻咽喉科では、頭頸部腫瘍(悪性・良性)、鼻副鼻腔疾患、急性感音性難聴、顔面神経麻痺、鼻出血など幅広い疾患に対応しています。
習慣性扁桃炎や睡眠時無呼吸症候群に対して口蓋扁桃摘出術を行う症例が最も多く、次いで慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎や鼻・副鼻腔良性腫瘍に対して鼻内内視鏡を用いての低侵襲手術を行う症例、扁桃炎や扁桃周囲膿瘍に対して抗菌薬の点滴加療や切開術等を行う症例、突発性難聴に対して点滴加療や星状神経節ブロックを行う症例が多い傾向にあります。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)や扁桃肥大、アデノイド増殖症については、小児の患者さんも多く、幅広い年齢に対応していることも特徴です。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 22.20 20.92 27.45 83.04
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 47 25.98 19.06 10.64 72.81
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 44 14.95 14.58 11.36 76.14
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 7.75 8.98 20.45 43.16
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 34 14.76 15.17 8.82 81.03
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院呼吸器内科では呼吸器悪性腫瘍(肺がん、縦隔腫瘍など)、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD・肺気腫・慢性気管支炎など)、呼吸器疾患全般に対し幅広く対応しています。
嚥下機能の低下した高齢患者さんが起こすことの多い誤嚥性肺炎が最も多く、次いで間質性肺炎、肺がんに対して化学療法(抗がん剤の投与)を行う症例、
気胸の患者さんが多く入院しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 145 5.13 6.16 0 47.22
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 132 5.01 6.28 0 42.05
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 70 11.46 12.58 0 58.33
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 62 2.90 3.20 0 43.45
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 46 3.35 4.85 0 56.41
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院婦人科では、婦人科悪性腫瘍の手術・治療と低侵襲な鏡視下手術(子宮鏡・腹腔鏡)に重点を置いた体制になっており、救命救急センターと連携し、24時間緊急手術に対応可能です。
子宮の良性腫瘍(子宮平滑筋腫・子宮頚部腫瘍)に対して、腟式もしくは鏡視下で手術を行う症例が最も多く、次いで卵巣のう腫・成熟奇形腫に鏡視下手術を行う症例、子宮がんに対する開腹・鏡視下手術を行う症例、子宮がんに対する化学療法(抗がん剤)を行う症例が多い傾向にあります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 87 4.29 4.96 0 71.34
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 11.64 15.30 1.45 71.25
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 62 5.11 6.52 0 62.11
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 13.95 15.84 0 66.51
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 12.91 16.49 0 72.00
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院消化器外科では地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、救命救急センターを有すことから、がん治療・救急医療を中心に行っております。
腹腔鏡下で行う低侵襲手術に力を入れていることが特徴です。近年増加が顕著である、鼠径ヘルニアに対するヘルニア根治術の症例が最も多く、次いで結腸の悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術、胆のう結石に対する腹腔鏡手術、直腸がんに対しての腹腔鏡手術を行う症例、胃がんの手術(開腹・腹腔鏡手術含む)が多い傾向にあります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 79 16.32 16.18 40.51 71.10
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 34 22.26 20.17 67.65 77.85
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 9.56 7.28 3.13 52.09
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 25 6.88 6.24 4.00 68.16
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 25.96 20.92 29.17 75.38
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院神経内科では、脳卒中、髄膜脳炎、てんかんなどの神経救急疾患、神経変性疾患や神経免疫疾患、機能性疾患など神経内科領域全般について幅広く診療を行っています。
入院では特に急性期脳梗塞の受入を積極的に行っており、軽度から重度の脳梗塞に関する症例が最も多く、次いでてんかん、切迫脳卒中、神経疾患などの基礎疾患を持つ患者さんの誤嚥性肺炎などが多い傾向にあります。
救命救急センターと連携し、発症4.5時間以内の急性期脳梗塞に対する血栓溶解両方(T-PA)に常時対応していることも特徴です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 73 9.74 9.69 9.59 73.37
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 20.48 18.72 62.69 69.27
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 10.07 7.35 16.67 66.98
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 21 2.00 3.02 0 67.57
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 18 2.28 3.16 0 71.72
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、下垂体腫瘍、眼窩内腫瘍、脊髄腫瘍、頭部外傷、水頭症、三叉神経痛、片側顔面けいれんなどに対して幅広く診療を行っています。
頭部外傷の中で穿頭術を行う慢性硬膜下血腫の症例が最も多く、次いで被殻出血や視床出血といった脳出血や、開放創を伴わない脳振盪・外傷性くも膜下出血、脳動脈瘤、脳血管障害に対して脳血管撮影を行う症例が多い傾向にあります。また、集計ルールの関係で多くが神経内科にて計上されてしまっていますが、超急性期の心原性脳塞栓や脳梗塞に対して経皮的脳血栓回収術も非常に多く行われます。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 45 3.87 5.49 0 38.67
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 2.40 3.56 5.00 40.30
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 18 8.67 6.78 0 41.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 2.89 7.35 11.11 51.83
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 4.73 9.69 20.00 71.53
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院救命救急センターでは3次救急施設として、心肺停止、多発外傷、脳血管疾患、循環器疾患、敗血症、中毒、ショックなどの重篤疾患に対応しています。実際には初期の集中治療が必要な疾患として、上記のような重篤疾患を中心に取り扱っていますが、集計ルールの関係でこれらの疾患は最終的な治療を行った各診療科の件数として計上されます。
虫垂炎に関する症例が最も多く、次いで急性薬物中毒やベンゾジアゼピン中毒、頭部割創などが多く計上されています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 7.25 8.75 3.85 67.60
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 12.20 12.05 17.39 70.72
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 30 35.57 35.72 6.67 70.33
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 27 7.81 14.21 0 70.81
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 20 13.85 21.40 0 62.95
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院腎臓内科では、高血圧症、腎障害をきたす各種病態(急性・慢性糸球体腎炎、急性・慢性腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、多発性嚢胞腎など)、バスキュラーアクセストラブル(シャント閉塞など)への対応、多臓器不全(MODS)に対する持続血液濾過透析や血漿 交換療法、免疫吸着法など幅広い診療を行っています。
慢性腎不全のシャント作成が最も多く、次いで慢性腎不全をはじめとする腎臓病に対し、薬物加療(点滴・ネスプ皮下注など)を要する症例、ネフローゼ症候群に対してステロイド加療を行う症例が多い傾向にあります。
なお、集計ルールにより上記の表に計上されていませんが、シャント閉塞に対して経皮的シャント拡張術・血栓除去術を行う症例が最も多いです。
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院腎臓内科では、高血圧症、腎障害をきたす各種病態(急性・慢性糸球体腎炎、急性・慢性腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、多発性嚢胞腎など)、バスキュラーアクセストラブル(シャント閉塞など)への対応、多臓器不全(MODS)に対する持続血液濾過透析や血漿 交換療法、免疫吸着法など幅広い診療を行っています。
慢性腎不全のシャント作成が最も多く、次いで慢性腎不全をはじめとする腎臓病に対し、薬物加療(点滴・ネスプ皮下注など)を要する症例、ネフローゼ症候群に対してステロイド加療を行う症例が多い傾向にあります。なお、集計ルールにより上記の表に計上されていませんが、シャント閉塞に対して経皮的シャント拡張術・血栓除去術を行う症例が最も多いです。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 31 13.19 23.43 0 74.00
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 31 6.90 17.10 0 69.77
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 21 8.43 16.17 0 69.38
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 14.05 10.01 10.00 79.75
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 17 32.12 32.36 0 70.41
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院血液内科では、血液疾患全般を扱っていますが、特に造血器悪性腫瘍などの難治性血液疾患を主体に治療を行っています。また、無菌治療室を5室有しており、悪性リンパ腫の標準的治療であるR-CHOP療法、CHOP療法、多発性骨髄腫に対するLd療法(レナリドミド)が多い傾向にあります。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 83 9.59 10.59 1.20 63.93
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 54 6.94 6.23 0 63.04
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 49 3.24 6.52 0 58.16
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 15 3.80 4.02 0 49.73
- - - - - - -
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院乳腺外科では日本乳癌学会の乳腺専門医が、主に乳がんに対する診療を担当しています。
乳がんの状態に合わせて適切な治療を選択しています。化学療法は原則的に外来で施行しています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 37 10.46 13.90 0 62.41
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 27 10.44 15.51 0 62.22
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 22 9.45 11.05 0 59.59
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 15 10.33 12.36 0 58.60
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 23.92 20.92 25.00 79.83
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院糖尿病・内分泌内科では1~2週間の糖尿病教育入院が最も多く、救命救急センターと連携して糖尿病性ケトアシドーシスなどの急性合併症に対する治療も行っています。糖尿病診療のほか、甲状腺・下垂体・副腎・副甲状腺などの内分泌疾患も含めて幅広い診療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 69 13.64 12.51 2.90 66.54
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 29 7.79 8.98 0 67.93
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。
それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院皮膚科では皮膚疾患全般を広く診療を行うことを基本としており、診断の困難な症例には生検などの精査を行い、正確な診断・適切な治療を行っています。
重度の蜂巣炎に対して点滴加療を要する症例が最も多く、次いで水疱形成を伴う三叉神経帯状疱疹が多い傾向にあります。その他、皮膚の腫瘍に対する手術も行っております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 6.09 5.50 0 74.83
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 14.64 17.40 7.14 70.79
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 13.31 16.06 0 78.00
050080xx01020x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 12 22.58 32.27 0 73.42
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 10 4.00 2.85 0 63.80
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。
それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院心臓血管外科では循環器内科とともに人員増強をして、24時間あらゆる循環器疾患に対応できる体制とし、心臓血管緊急手術に鋭意取り組んでいます。
下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血行再建(PTA)を行う症例が最も多く、次いで急性大動脈解離StanfordB、僧帽弁閉鎖不全等の心臓弁膜症に対する弁置換術、下肢静脈瘤に対する大伏在静脈抜去術が多い傾向にあります。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 29 20.00 19.69 10.34 31.72
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 16 8.19 9.70 0 33.19
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 11 7.00 11.83 0 33.09
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院は県周産期救急医療中核病院に指定されていることから、母体合併症を含めたハイリスク妊娠管理と分娩が非常に多い傾向にあります。
一方、周産期専門医によるハイリスク周産期医療への対応に加えて、自然分娩についても分娩制限を行わず、受入を行っています。
集計対象となる症例としては、切迫早産への緊急帝王切開が最も多く、次いで前期破水、胎児ジストレス、骨盤位などに対して緊急帝王切開を行う症例が多い傾向にあります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 61 12.25 11.87 1.64 67.41
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 14.27 10.08 0 27.27
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院呼吸器外科では、肺がん、転移性肺腫瘍、自然気胸(嚢胞性肺疾患)、縦隔腫瘍、重症筋無力症における胸腺摘出術、胸壁・胸膜疾患など、食道・心臓・大血管を除く呼吸器外科全般に幅広く対応しており、低侵襲の鏡視下手術(胸腔鏡手術)を積極的に行っていることが特徴です。
肺がんに対して手術(開胸・胸腔鏡)を行う症例が最も多く、次いで自然気胸や特発性気胸に対して胸腔鏡手術を行う症例が多く計上されています。
上記には計上されていませんが、胸部外傷を含む多発外傷、縦隔悪性腫瘍に対しても手術を含めて対応を行っていることを付記いたします。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 4.73 5.37 0 26.53
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 15 2.80 3.15 0 73.40
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 12 6.58 4.05 0 45.67
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類(治療を行った疾患と医療行為の組み合わせにより決まる分類のことをいいます)について、平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院形成外科では腫瘍、体表の先天疾患、外傷、熱傷、美容(ただし、保険診療に限る)まで形成外科全般について、幅広く診療を行っています。なかでも眼科と連携し、眼瞼や涙器の疾患への対応に力を入れており、眼瞼下垂に対して眼瞼下垂症手術を行う症例が最も多く計上されています。
また、当院では救命救急センターも併設されていることから、顔面外傷(鼻骨骨折、眼科骨折、頬骨骨折など)に対して手術を行う症例が計上されていることも特徴です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 108 20 24 24 - 68 1 7
大腸癌 61 25 83 44 13 18 1 7
乳癌 69 69 - 16 - 33 1 7
肺癌 32 12 55 66 36 65 1 8,7
肝癌 - - - - - 29 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
現在、日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の病期(Stage)ごとの症例数を集計したものです。
がんの症例数を調べることで、その病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。
また、病期分類別にみることで、その病院の診療の幅広さを知ることができます。
胃癌、大腸癌、肺癌については、StageⅣの症例が多いことから、重症の症例が多いことがわかります。
なお、集計ルールにより10件未満の病期(Stage)については表示をしないことになっていますが、肝癌についてもStageⅠ~Ⅳまでの治療実績を有しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 155 15.75 73.60
重症 56 20.93 82.91
超重症 20 25.85 86.25
不明 - - -
成人(15歳以上)の肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。
肺炎は罹患率が高い上、死亡率も高く、悪性新生物、心疾患についで国民の死亡原因の上位に位置する疾患です。
前年の集計データと比較すると、特に中等症症例が増加傾向にありますが、中等症から超重症まで幅広く診療を行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 310 23.95 74.94 48.46
その他 14 16.00 74.71 1.23
脳梗塞(3日以内・それ以外)について、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
脳血管疾患も死亡原因の上位に位置する疾患であり、脳梗塞の場合、早期に治療を行うことが効果的とされています。
当院は救命救急センターを有し、超急性期の診療に特に力を入れているため、発症後3日以内の症例分布が非常に多い傾向にあります。
また、地域連携の強化に力をいれており、昨年度4割であった転院率も5割近くの方が早期に回復期へと転院されております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 303 0.17 1.17 0.33 69.43
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 169 2.54 8.19 2.37 74.27
K6532 内視鏡的十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 110 0.15 6.65 0 75.71
K654 内視鏡的消化管止血術 92 1.41 7.50 1.09 72.17
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 51 1.84 9.12 0 65.61
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院消化器内科では内視鏡を用いた手術を行っており、最も多いのが、大腸ポリープへのポリペクトミーです。次いで、総胆管結石や胆管膵領域の悪性腫瘍による閉塞性黄疸の治療のため、内視鏡下でステントを挿入する治療、消化管出血に対する内視鏡下の止血術、早期胃がんに対する内視鏡下の切除術や食道や胃の静脈瘤結紮術が多い傾向にあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 835 1.45 1.02 0 76.13
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 56 1.16 8.64 0 60.46
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 25 1.32 5.64 0 65.84
K2423 斜視手術(前転法及び後転法の併施) 14 1.07 1.00 0 12.14
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院眼科では、白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症、斜視、小児眼科まで眼科全般に対し、幅広く診療を行っています。
白内障に対して手術(水晶体再建術)を行う症例が最も多く、網膜剥離に対する手術(硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)が多い傾向にあります。また、内斜視・外斜視にも対応しており、これらに対する斜視手術も上位に計上されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 140 2.02 14.01 54.29 68.99
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 86 2.02 6.36 12.79 54.81
K0821 人工関節置換術(膝) 等 73 1.52 18.77 41.10 73.93
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 67 1.93 3.21 5.97 49.96
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 等 57 1.16 1.79 0 52.02
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院整形外科では、大腿骨近位部(頚部・転子部など)の骨折に対する手術(骨折観血的手術)が最も多く、手首付近(前腕)の骨折に対する観血的手術や変形性膝関節症などの変形性疾患に対する人工関節置換術、骨癒合後の抜釘術(プレート・スクリューの抜去手術)などが多くなっています。
また、上記の表には計上されていませんが、骨軟部腫瘍を専門領域とする医師が揃っており、悪性・良性を問わず幅広い骨軟部腫瘍に対応できることも特徴です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 127 0.20 2.85 3.94 68.43
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 113 1.15 4.05 0 74.91
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 58 1.14 2.14 0 65.31
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 56 0.96 4.71 0 73.50
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 42 1.31 7.74 0 70.71
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院泌尿器科では小児疾患を含め幅広い泌尿器疾患に対応していますが、特に結石や結石性閉塞を伴う水腎症などに対しての経尿道的ステント留置、膀胱がんに対する内視鏡手術(TUR-BT)、結石などに対する経尿道的手術(TUL)、前立腺肥大症に対する内視鏡手術(TUR-P)が多く、当院では生理食塩液で灌流するTURisPという治療法を採用しており、従来のTUR-Pと比較し、TUR症候群(低Na血症)や術後の出血も少ないことが特徴です。
また、TULについても、非常に細い軟性尿管ファイバーとホルミミウムレーザーによる低侵襲な結石除去が可能となっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 135 1.04 2.85 0 43.27
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 129 1.19 3.05 0 49.12
K867 子宮頸部(腟部)切除術 60 1.08 0.82 0 43.63
K879 子宮悪性腫瘍手術 45 2.73 10.36 0 58.91
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 34 1.62 10.32 0 60.97
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院婦人科では、婦人科悪性腫瘍の手術・治療と低侵襲な鏡視下手術(子宮鏡・腹腔鏡)に重点を置いた体制になっており、救命救急センターと連携し、24時間緊急手術に対応可能です。
数字からも分かるとおり、上位2つの手術がいずれも鏡視下で行う低侵襲手術であり、卵巣のう腫や成熟奇形腫、子宮平滑筋腫に対して行う鏡視下手術が最も多く、子宮がんおよび卵巣がんに対する手術も上位に計上されています。
婦人科腫瘍認定医、産婦人科内視鏡技術認定医が揃い、拡大・高難度手術を積極的に行っていることも特徴です。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 96 1.71 3.18 1.04 61.85
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 77 3.29 8.68 1.30 71.81
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 56 1.29 2.07 0 71.45
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 43 2.95 14.74 0 66.47
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 32 1.19 1.97 0 70.31
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院消化器外科では腹腔鏡下で行う低侵襲手術に力を入れており、上位5症例のうち4症例は腹腔鏡下による低侵襲手術となります。
胆のう炎や胆のう結石に対する腹腔鏡手術が最も多く、次いで大腸の悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術、鼠径ヘルニアについては開腹・腹腔鏡下共に行っており、直腸がんに対する腹腔鏡下直腸切除・切断術が多い傾向にあります。
当院では、日本内視鏡外科学会技術認定医(胃・大腸領域)が原則全ての胃・大腸がんに対する腹腔鏡下手術に指導医として入っており、安全で根治性の高い治療を行っていることが特徴です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 102 1.14 6.11 0 17.16
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 69 0.35 5.45 0 38.23
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 63 1.08 3.95 0 55.59
K347 鼻中隔矯正術 26 1.00 3.38 0 35.00
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 24 1.00 4.08 0 59.38
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院耳鼻咽喉科では、慢性扁桃炎や扁桃肥大・小児の睡眠時無呼吸症候群に対して行う口蓋扁桃摘出術が最も多く、次いで扁桃周囲膿瘍に対する切開手術、慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎や鼻・副鼻腔腫瘍に対して行う鼻内内視鏡を用いての低侵襲手術、鼻閉や副鼻腔炎の原因となる鼻中隔弯曲症に対する鼻中隔矯正術が多い傾向にあります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 131 5.64 5.71 3.05 68.71
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 64 0.02 15.33 0 68.83
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 23 3.22 7.78 0 80.13
K597-2 ペースメーカー交換術 22 1.05 3.05 0 85.36
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 2.52 4.67 0 71.71
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院循環器内科では、虚血性心疾患(急性冠症候群、安定狭心症)に対する冠動脈ステントの留置術が最も多く、次いで徐脈性の不整脈に対するペースメーカーの植込み術、PAD(末梢動脈疾患)に対する低侵襲の血行再建、ペースメーカーの交換術などが多くなっています。
また、循環器疾患の診断に際しては、患者さんの侵襲を最小限とするよう、非侵襲的検査に力を入れています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 61 0.46 7.23 6.56 78.02
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 25 4.52 37.68 20.00 56.88
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 25 8.08 7.96 24.00 79.96
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 18 0.50 38.00 50.00 61.11
K1742 水頭症手術(シャント手術) 16 5.25 16.19 18.75 73.06
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、下垂体腫瘍、眼窩内腫瘍、脊髄腫瘍、頭部外傷、水頭症、三叉神経痛、片側顔面けいれんなどに対して幅広く診療を行っています。
慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多く、次いで脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術、動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対する開頭クリッピング手術、内頚動脈狭窄症に対する経皮的頚動脈ステント留置術、水頭症手術が多い傾向にあります。
また、集計ルールの関係で多くが神経内科にて計上されてしまっていますが、超急性期の心原性脳塞栓や脳梗塞に対して経皮的脳血栓回収術も非常に多く行われます。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 55 0.98 4.98 0 63.15
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 41 1.27 7.00 0 63.56
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 28 1.00 8.21 3.57 64.89
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 24 0.04 1.58 0 61.96
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 11 1.45 3.00 0 49.82
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院乳腺外科では日本乳癌学会の乳腺専門医が、主に乳がんに対する診療を担当しています。
乳がんの手術では温存術も積極的に施行しています。抗癌剤治療のためのポート増設術も積極的に行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 98 7.88 8.39 4.08 67.69
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 76 0.80 1.11 1.32 71.37
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
幅広い疾患に対応しているほか、バスキュラーアクセストラブル(シャント閉塞など)に対しても当科が対応を行っていることが特徴です。
慢性腎不全のシャント作成が最も多く、次いでシャント閉塞に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術が行われています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 45 0.33 2.53 0 38.67
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 0.36 4.43 0 66.79
K716-21 腹腔鏡下小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 10 0.60 12.00 10.00 79.30
K386 気管切開術 10 5.90 22.70 90.00 71.30
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院の救命救急センターでは3次救急施設として、心肺停止、多発外傷、脳血管疾患、循環器疾患、敗血症、中毒、ショックなどの重篤疾患に対応しています。
急性虫垂炎に対する腹腔鏡下の低侵襲手術が最も多く、次いで腹腔鏡下胆嚢摘出術や絞扼性イレウスなどの腹腔鏡下小腸切除術が多い傾向にあります。
また、重篤患者が多い背景から、長期の呼吸管理が必要となり、気管切開を行うことがあります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 28 1.96 3.79 0 74.32
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 12 3.83 8.00 0 79.50
K5551 弁置換術(1弁のもの) 11 4.27 14.64 0 74.00
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 10 3.40 11.00 0 67.20
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 10 2.50 41.30 10.00 74.10
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
当院心臓血管外科では循環器内科とともに人員増強をして、24時間あらゆる循環器疾患に対応できる体制とし、心臓血管緊急手術に鋭意取り組んでいます。
下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する血行再建(PTA)を行う症例が最も多く、次いで腹部大動脈瘤に対するステント内グラフト挿入術、大動脈弁狭窄・閉鎖不全等に対する弁置換術、胸部大動脈瘤に対するステント内グラフト挿入術、大動脈瘤切除が計上されています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 12 0.08 1.67 0 73.25
K0064 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12㎝以上) 11 3.36 5.09 0 56.09
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
当院形成外科では腫瘍、体表の先天疾患、外傷、熱傷、美容(ただし、保険診療に限る)まで形成外科全般について、幅広く診療を行っています。
なかでも眼科と連携し、眼瞼や涙器の疾患への対応に力を入れており、眼瞼下垂に対して眼瞼下垂症手術を行う症例が最も多く計上されており、次いで、皮膚悪性腫瘍に対する手術が多い傾向にあります。
なお、手技が保険点数により細分化されてしまうため、上記の表には計上されていませんが、顔面外傷(鼻骨骨折、眼窩骨折、頬骨骨折など)に対する手術、軟部腫瘍に対する手術などにも対応を行っていることを付記いたします。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 21 2.57 8.24 4.76 66.38
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 16 3.50 10.19 0 68.13
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 11 7.64 5.64 0 27.27
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
当院呼吸器外科では、肺がん、転移性肺腫瘍、自然気胸(嚢胞性肺疾患)、縦隔腫瘍、重症筋無力症における胸腺摘出術、胸壁・胸膜疾患など、食道・心臓・大血管を除く呼吸器外科全般に幅広く対応しております。
低侵襲の鏡視下手術(胸腔鏡手術)を積極的に行っており、集計データにおいても上位3症例のうち、2症例が鏡視下(胸腔鏡手術)であることが特徴です。
肺がんに対する胸腔鏡手術が最も多く、次いで開胸の肺がん手術、自然気胸や特発性気胸に対する胸腔鏡手術などが上位に計上されています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 27 6.00 27.44 62.96 76.44
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
集計ルールの関係で神経内科の実績として、経皮的脳血栓回収術が計上されていますが、実際には脳神経外科の医師が当該手術を施行します。
しかし、当該手術が必要な症例の治療にあたっては、神経内科・脳神経外科が連携し、治療にあたっています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 19 3.42 6.32 0 34.00
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 12 2.25 7.25 0 35.08
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
平均的な入院日数、患者さんの平均年齢について示したものです。それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
当院は県周産期救急医療中核病院に指定されていることから、母体合併症を含めたハイリスク妊娠管理と分娩が非常に多い傾向にあります。
妊娠糖尿病・既往帝切後の妊娠などに対する選択帝王切開、切迫早産、前期破水、胎児ジストレス、骨盤位などに対して行う緊急帝王切開が多い傾向にあります。集計ルールにより、帝王切開の手術件数は上記のとおりですが、実際には選択的帝王切開は104件、緊急帝王切開は102件行っております。
また、重篤な産褥出血をきたした症例に対し、IVR治療を行うこともあります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 14 0 0.93 0 2.21
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
腸重積症整復術(非観血的なもの)のみが件数として計上されていますが、実際には手術を行う主診療科と小児科医が連携し、多くの小児手術が実施されています。
※集計ルールにより、手術を行う医師の診療科で患者さんが入院するため、入院を伴う小児手術の大半はそちらの診療科で計上されています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 20 15.00 13.95 0 71.55
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
診療科別に手術症例数の多い上位5つの症例について、平均的な術前の日数、術後の入院日数などを示したものです。
それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。なお、年間手術件数が10件未満のものは表示をしない集計ルールになっています。
当院血液内科では、血液疾患全般を扱っていますが、特に造血器悪性腫瘍などの難治性血液疾患を主体に治療を行っています。
悪性腫瘍患者に対し、抗悪性腫瘍剤の注入を目的として植込型カテーテル設置が増加傾向にあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 13 0.09
異なる 23 0.16
180010 敗血症 同一 36 0.25
異なる 32 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 62 0.43
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示したものです。
医療の質の向上に資することが目的となります。発生率が低いことが望ましいですが、免疫力などが低下している際に発症することがDIC(播種性血管内凝固症候群)については、入院契機と同一病名の症例が少なく、それ以外の症例が多い傾向にあります。
これは、藤沢市民病院が三次救急指定病院であり、重篤な主疾患の合併症として発症しているケースが多いためです。
更新履歴
2019年9月27日
更新