藤沢市民病院健全経営推進計画(令和3年度-令和6年度)の策定について

 当院は、地域の医療機関との機能分担と積極的な医療連携を推進し、運営を行っています。
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医療提供体制「神奈川モデル」の高度医療機関及び重点医療機関協力病院等として指定を受け、治療にあたるとともに、救命救急センターを併せ持つ、地域の基幹病院として、救急医療はもとより、がん診療等の様々な医療を必要とする患者を受け入れてきました。
 医療を取り巻く環境については、高齢化の進展に伴い大きく変化しており、今後訪れる超高齢化社会に向け、医療提供体制は大きな転換期を迎えています。 こうした状況の中、市民から求められる医療の提供と持続可能な病院経営に向け、「藤沢市民病院健全経営推進計画」を策定いたしました。

点検・評価の公表について

本計画の実施状況については、外部の有識者等で構成する病院運営協議会で審議を受け、公表については、毎年度の決算時期に行います。