個人情報の保護について

1 収集制限の原則

 正当な根拠がなく個人情報が収集されたり、本人が知らないうちに個人情報が収集されたりすることを防ぐため、事務の執行に必要な個人情報について目的を明らかにした上で本人から収集(法令その他の規程による本人(代理人を含む。)の申請行為等により病院に提出される場合を除く。)することを原則としています。

2 利用制限の原則

 収集した際の目的を超えて利用され、又は提供されることにより、プライバシーの侵害を招く危険性が非常に高いことから、個人情報を収集した際の目的以外の目的のために利用し、又は提供することを禁止することを原則としています。

3 個人参加の原則

 個人情報を取り扱う事務を登録し、及び公表しており、開示、訂正、利用の停止等、目的外利用等の差止め等を請求する権利を本人が行使することができることを原則としています。

4 適正管理の原則

 個人情報が不当に流出し、又は誤りのある若しくは古い個人情報が利用されることにより、プライバシーの侵害を招く危険性が非常に高いことから、個人情報の紛失等を防止するとともに、常に正確かつ最新の個人情報として管理することを原則としています。

5 責任明確化の原則

 個人情報の適正な取扱いを確保するため、個人情報管理責任者等を定め、責任の所在を明確にするとともに、個人情報の保護に努めることを原則としています。

 当院では以上のように、個人情報の保護については厳重に取扱っていますが、患者さんの安全確保(誤認防止等)の観点から、外来窓口や検査窓口でお名前をお呼びしたり、入院中は病室の入口にお名前を掲げさせていただいています。なお、お名前を呼ばれたくない場合や掲げたくない場合はお申し出ください。

病院長