患者さんの権利と責任

患者さんの権利と責任

当院は、患者さんへの十分な説明と同意(インフォームド・コンセント)に添って診療を行うことを基本とし、患者さんが安心して医療を受けられるよう、わかりやすい説明を心掛けますが、患者さんがはっきりと意思表示をしていただくことも必要です。
お互いの理解を深めるため、ここに患者さんの権利と責任を記すものとします。

  • 患者さんは、適切な医療を平等に受けることができます。(適切な医療を受ける権利)
  • 患者さんは、症状・検査・治療について、十分な説明を受けることができます。(知る権利)
  • 十分な説明を受けた後に、治療や検査を受けるか否かは患者さんが決定します。(自己決定の権利)
  • 患者さんは、医療機関を選択することができます。また、そのための必要な情報を受けることができます。(医療機関を選択する権利、セカンドオピニオン)
  • 患者さんの医療上の個人情報は保護されます。(プライバシーが保護される権利)
  • 患者さんは、病院に協力して治療に参加していただきます。(医療に協力する責任)

患者さん=医療者のパートナーシップ

 藤沢市民病院では、地域医療支援病院として、地域医療に貢献し、医療水準の向上に努めるとともに、心のこもった安心できる医療体制を築くことを基本理念としています。また患者さんとの信頼関係を高めるために、「患者さんの権利と責任」を定めて掲示していますが、患者さんと医療者のパートナーシップをとても大切なことと考えています。

 「インフォームド・コンセント」、「セカンド・オピニオン」、「情報開示」などにより患者さんが自分で自分の医療方針を選択できるよう務めています。病院全体で組織的に、安全管理に配慮すると共に、情報開示制度により知る権利を尊重し、同時に個人情報の保護についても考慮しています。様々な医の倫理の問題には、倫理委員会や多くの院内研究会などで対応しています。

 これらのことは医療者側の対応のみならず、患者さんとのパートナーシップが重要なことです。わからないことがあれば納得するまで質問してください。安全確保のためにも、ご自身でアレルギー歴などきちんとお伝えください。いろいろな場所で名前を名のっていただいたり、点滴の確認をしていただくなどの形で診療に参加していただきます。

 お困りの点、お気づきの点などありましたら、相談窓口へお越しください。直接お話下さったり、患者意見箱に投書してくださっても結構です。是非、より良いパートナーシップを築き上げていただきたいと考えています。

1 安全の確保

 当院では「医療事故防止マニュアル」を基に事故防止に努めています。
 常に「人は誰でも間違いを起こす」ことを念頭に、医療に携わる個人の問題と組織に潜むシステムの問題との双方を検討し、病院全体や各々の職場において安全性の向上をはかっています。

 具体的には、責任体制の確立、組織的活動方針及び手順の確保、組織的な教育・訓練の実施、問題事例の原因分析・対策、患者さんとのパートナーシップの充実に尽力しています。
 院内感染対策に関しても、組織的な管理、医学的な認識、職員への指導に常時取り組んでいます。

 しかし、医療は本質的に不確実なものです。たとえ医療的な間違いが無くとも、事故が起こることがありえます。患者さん自身が十分納得した上で、自由に自分の治療方針を決定していただく様にしています。

2 医の倫理に対する対応

 当院では医の倫理の問題に対し、患者さんの人権を守ることを第一と考え、各々の問題に関して委員会活動、院内研究会等で対応しています。

 医の倫理、患者さんの権利については「医師のための入院診療基本指針」で示しています。
 臓器提供については「臓器提供に関する実施対応マニュアル」で対応します。
 新薬の治験や市販後臨床試験の受託については受託研究審査会にて審議を行い、新しい治療技術の開発や生命の尊厳に関する問題では倫理審査会議で議論・検討しています。
 癌告知、知る権利に関してはインフォームド・コンセントの徹底化に努めています。

3 個人情報の保護

 当院ではインフォームド・コンセント、セカンドオピニオン、カルテ開示といった情報提供と共に、外来・入院患者さんの個人情報の保護については「藤沢市個人情報の保護に関する条例」に基づき、厳重に行っています。院内放送では、患者さんの呼び出しの際に、上記のことを考慮して注意を払うなどの工夫もしています。

4 相談窓口―患者さんや家族の意見尊重

 病気やけがに伴い、経済的なこと、職場・家庭・学校のこと、社会保障制度のこと、社会福祉サービスのこと、退院後のこと等でお困りの方には、地域医療連携室のソーシャルワーカーが社会福祉の立場からご相談に応じています。

  受診科の選択等の相談については受診相談窓口でご相談に応じています。

  療養上のこと、健康管理などのご相談は在宅保健指導担当で、創傷・ストーマ・失禁・スキンケアに関することは創傷治癒センターで、それぞれご相談に応じています。

  また、医療サービス全般に関するご相談や苦情などについては医事課の患者さん一般相談窓口でご相談に応じています。

  患者さんや家族の方の意見を尊重するため、相談窓口、投書、直接対応などで患者さんとのパートナーシップを高めています。

5 病院ボランティア

 藤沢市民病院に登録されたボランティアの方々が、病棟、外来、図書コーナー等で患者さんの気持ちに立ってサービスを提供していただいています。
  病院ボランティアの方々が患者さんにより近い立場で、様々な場面で係わることによって、患者さんや家族との橋渡し役となっていただいています。
  今後も、地域に開かれた病院を目指して、病院ボランティアの皆さんの助けを借りながら努力してまいります。

病院長