インフルエンザ流行期の入院患者さんへの面会制限、面会者のマスク着用等について

 

 現在全国的にインフルエンザが流行期に入り、藤沢市内では学級閉鎖が相次いでいます。
 当院でもインフルエンザの患者さんが増加しており、病院外から持ち込まれたインフルエンザウイルスにより、入院中の患者さんがインフルエンザを発症したと考えられる状況もみられています。

 インフルエンザの発症を防ぐ為、以下の対策を1月28日より流行期中に実施させて頂きます。

  1)面会者のマスク着用。 (マスクの着用が無い場合は、面会をお断りいたします。)
  2)面会者の体調の確認。 (発熱や体調不良の場合は、面会をお断りいたします。)
  3)面会者の人数を2名以内に制限。
  4)小学生以下の面会制限の徹底(面会は通年行えません。)

 面会者カードの質問事項に体調等を記入して頂きます。
 1)~3)を確認のうえ面会者バッジをお渡しします。

 面会者カード確認のため、面会受付の混雑が予想されますが、ご理解頂きますよう宜しくお願いいたします。


2016年(平成28年)1月27日
病院長