PET検査のしくみ

PET検査のしくみ

PET検査のしくみ

 からだを構成している細胞は、生きていくためのエネルギー源として『ブドウ糖』を必要としています。がんなどの悪性腫瘍は正常な細胞よりも増殖が盛んに行われるため、3~8倍のブドウ糖を必要とします。

 PET検査は、このようながん細胞の性質に着目して、がんなどを発見する診断法です。

 

 ブドウ糖に微量の放射線を放出するフッ素-18(18F)という『放射性同位元素』を結合させた薬剤(以下、FDG)を投与し、PETカメラという装置を用いて、FDGの全身分布を撮影します。

 

 がん細胞にはFDGが正常細胞より、たくさん集まるため、PET検査によりがんの位置や大きさだけでなく、がんの活動の状態を診断することが可能です。

PET/CT装置

 前項のPET検査のしくみで述べたように、PET検査は、がんや炎症の病巣を調べたり、腫瘍の大きさや位置の特定、良性・悪性の鑑別、転移の有無や治療効果の判定、再発の診断などに利用されます。
PET/CT装置とは体内に投与された放射性医薬品の位置情報を計測して、病巣の機能や状態を画像化するPET装置に、詳細な位置情報を検出するX線CTを組み合わせた装置です。この度、導入されるPHILIPS社製 GEMINI TF Big Boreは最新テクノロジーを搭載し、従来のPET検査に比べ検査時間が大幅に短縮されただけではなく、高画質で鮮明な画像が提供できるようになりました。CT装置においても、開口径を85cmと大きくすることで、検査を受けられた方の圧迫感を少なくできるように配慮し、今まで見つけることが困難だった小さなガンも、鮮明な画像を提供することで、精度の高い診断に繋がります。

PET装置

PET/CT検査の優れているところ

  • がんの早期発見
    従来の検査では見つけにくいとされていたがんでも早期に発見が可能です。
  • 全身検査
    1回の検査で全身(通常の撮影では頭から大腿の付け根まで)の状態を診ることができます。
  • 転移・再発有無の確認
    全身検査なので他の部位への転移や再発の発見が可能です。
  • 良性・悪性の鑑別
    病巣の良性・悪性の鑑別が検査画像で鑑別しやすくなります。
  • 苦痛の少ない検査
    寝ているだけ。撮影時間は20~30分程度で、痛みは検査薬剤を注入するときの注射程度です。
  • 発見しやすいがん
    頭頸部がん、肺がん、乳がん、膵臓がん、結腸がん、直腸がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫 など

PET/CT検査の苦手とするところ

  • 脳・心臓、腎臓、膀胱には生理学的にFDGが多く集まるものなので、これらの臓器やその周囲は、がんか生理的なものかの判断が困難となります。
  • FDGは、がんなどの悪性腫瘍以外にも、炎症や良性腫瘍、手術痕、放射線治療部位などにも集積することがあります。
  • 5mm以下のがんや糖の取り込みが少ないがんの診断は困難な場合があります。
  • 発見しにくいがん 膀胱、尿管がん、腎臓がん、肝細胞がん、胃がん、前立腺がんなど