歯学生へのメッセージ

指導歯科医から

歯科口腔外科 岡本喜之

 われわれの歯科口腔外科は常勤診療医3名、非常勤診療医7名、歯科臨床研修医2名、歯科衛生士4名、常勤看護師1名のスタッフで、主に口腔外科疾患を中心に診療を行っています。当院は日本口腔外科学会認定研修指定病院になっているため、日々の臨床だけでなく積極的に学会に参加することで、日本口腔外科学会専門医や認定医の育成にも力を入れています。
 2020年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響が強く、当院も新型コロナウィルス患者受け入れ病院として大変苦労した1年間でした。その中でいち早く感染対策を講じ地域の基幹病院として患者対応を行ったことで、緊急事態宣言下でも診療を継続することが出来ました。
 2020年度の新患総数は3858人(2019年度は4160人)であり、総患者数は年間17870人(2019年度は19308人)であり、1日平均患者数は74人/日でした。
 外来手術は水平埋伏智歯抜歯や難抜歯が最も多く1000件以上で、その他にも歯根嚢胞摘出術や歯根端切除術、良性腫瘍摘出術などが多く、デンタルインプラントは38件でした。 
 中央手術室での手術件数は緊急事態宣言時の診療制限があったものの261件(2019年度は299件)を行い、その概要は埋伏智歯抜歯、歯根嚢胞、顎骨骨髄炎などの「歯・歯周疾患の手術」が153件、「顎骨嚢胞(腫瘍)手術」が46件、「顔面外傷(骨折手術)」が20件、「悪性腫瘍手術」は原発切除が39件(頚部郭清術10件)、その他にも顎変形症、上顎洞疾患など症例は豊富で、歯科臨床研修医として口腔外科を学ぶには良い環境にあると考えています。
 また、有病者の歯科治療の依頼もあるため、非常勤診療医の先生方の指導により保存や補綴なども学ぶことが出来ます。2年間の研修期間の中の3か月は当院の麻酔科での麻酔研修となります。全身疾患や全身管理について学ぶ機会が持てることも特徴の一つです。
 藤沢市民病院で歯科臨床研修が始まって10年以上が経過します(研修修了者15名)。15名の修了直後の進路ですが、われわれの所属である横浜市立大学の顎顔面口腔機能制御学(口腔外科学)の入局者が4名、他大学の口腔外科入局者が1名、他大学の補綴科入局者が1名、開業医勤務が9名(うち6名が非常勤診療医として引き続き当科に勤務)となります。
 2021年の春の時点で研修修了者の中の1名が日本口腔外科学会専門医を取得、6名が認定医を取得しています。また、他院で歯科臨床研修終了後に当科で勤務した診療医の中にも5名が専門医を取得、3名が認定医を取得しました。
 将来的に口腔外科専門を目指す方や口腔外科の知識を基に開業医を目指す方など、個々の目標に合わせた歯科臨床研修となるカリキュラムを検討しています。興味がある方は是非お待ちしております。

先輩研修歯科医から

研修歯科医 1年目 山田明佳(令和3年度在籍)

 藤沢市民病院での臨床研修が始まって2ヶ月が経とうとしています。
 毎日学ぶことが多く、大変ではありますがとても充実した日々を送っています。
 この病院では病棟と外来の分担がなく、すべての先生が外来と病棟の両方を担当しています。朝に病棟の入院患者さんを回り、日中は外来患者さんの処置、もしくは全身麻酔下での手術に入り、夕方に他科からの依頼のあった患者さんの診察などを行います。
 外来処置においては、研修1年目の4月から普通抜歯、6月頃から水平埋伏智歯の抜歯にもチャレンジすることが出来、救急の対応もしていくことになります。早い時期から多くのことを経験し様々な症例を学べることは、ここでの研修の大きな魅力だと思います。
 現在は、まだまだ勉強不足や技術不足な部分が多く、落ち込んだり悔しい思いをすることがあります。しかし、上級医の先生方や2年目の研修医の先生方の治療の様子を間近で拝見し、自分もこうなりたいと強く感じていることがモチベーションとなっています。
 研修生活では大変なこともありますが、ここでの研修が終了する2年後には成長した自分がいると信じ努力していこうと思います。 目標とする歯科医師像に向けて共に頑張っていける仲間をお待ちしています!

 

先輩研修歯科医 加藤礼朗(2020年3月まで在籍)

 卒後の2年間、歯科臨床研修を藤沢市民病院の歯科口腔外科で行いました。現在は非常勤診療医として週1回勤務しています。
 私が研修先に藤沢市民病院を選んだ理由は二つあります。一つは全身疾患を持つ患者さんの対応が出来るようになりたいことから総合病院での研修を希望したこと、もう一つは実際に病院見学を行った際に先生方の患者さんへの接し方や仕事に対する熱意に惹かれたことでした。
 研修の内容ですが、外来では埋伏智歯抜歯、歯根端切除や良性腫瘍切除等の外科処置が中心となりますが、その他にも齲蝕処置、義歯製作や根管治療といった一般治療も非常勤の先生方にしっかり指導してもらいながら学ぶことが出来ます。病棟管理も指導医のサポートの下で担当患者さんの手術等を経験することが出来、様々な疾患に合わせた全身管理を経験することが出来ます。研修2年目になると麻酔科において全身管理やリスクマネージメントを学ぶことができます。救急外来での診察もあり、外傷や急性炎症等の急患対応など、非常に多くのことを学べる研修施設だと思います。
 研修医の仕事量は決して少なくありません。しかし、上級医の先生方の熱心なご指導と、同期の医科研修医と支えあうことで、充実した研修ライフを送ることができます。この病院で研修をすることで多くの臨床経験を積むことが出来ることは、これから長い歯科医師の人生の中で大きな糧となり、様々な困難な問題に直面しても必ず乗り越えられると思っています。皆さんと一緒に働ける日をお待ちしております。