医学生へのメッセージ

指導医から

腎臓内科 酒井 政司

 みなさんこんにちは。腎臓内科の酒井政司です。このホームページをご覧いただきありがとうございます。
 実は私も、○年前に当院で初期研修を行いました!ですので、みなさんの指導医でもあり先輩医師でもあります。当院は、私に限らずかつて当院で研修したドクターや、あるいは若いうちに勤務経験のある出戻りドクターが数多く在籍しており、非常に働き甲斐があり愛着の湧く病院となっています。また、多くの医師が横浜市立大学の医局から派遣されていますが、それぞれの医局にとっても当院は人気が高いため、希望してもなかなか赴任できない状況にもなっている様です。
 当院は、「湘南東部医療圏の最後の砦」としてのミッションの下、多くの患者さんに貢献すべく、日々モチベーション高くアクティブに診療を行っています。毎日毎日1次救急から3次救急までのあらゆる疾患を経験し勉強することができます。また医師が集まる医局は研修医から部長クラスまで含めてワンフロアとなっており、診療科の垣根は低く、気軽に相談できる環境になっています。
 もちろん仕事の話ばかりではなく、近くには江の島や湘南の海が開け、西の空には富士山を望むことのできる風光明媚なロケーションでもあり、「よく遊び、よく学べ」の環境にも大変恵まれています。平日の仕事帰りであっても、海岸沿いまでお食事に出かけることも可能です。
 さて、みなさんはこれから研修医になった時のイメージはできていますでしょうか?国家試験に合格すべく医学知識を一杯頭に詰め込んできたこれまでの学生時代には終わりを告げ、即戦力として社会に出て、より実践的で実用的なスキルが求められるようになります。これまでの「学び続ける姿勢」に加えて、「人間性」、「コミュニケーション能力」、「プレゼンテーション能力」がとても重要になります。でも、ご安心ください。これらの能力は生来のものではなく研修医期間のトレーニングにより十分成長するスキルだと思います。
 自分は医療の現場でうまくやっていけるだろうか、という不安も持ちつつも、自分が学んできた知識を活かして少しでも多くの患者さんに貢献したい!そんなハートを胸に秘めている研修医の先生たちをお待ちしています!
 是非一緒に明日の医療を担っていきましょう!

臨床検査科 清水 博之

 医師としての第一歩を、どの病院で踏み出すか。みなさん、とても悩まれることと思います。学生のときにすでに、将来進む診療科を決めているひと、あるいは基礎研究を目指すひともいるかも知れません。まだ将来は決めておらず、初期研修で色んな診療科をローテートしてからじっくり決めたいひとも多いと思います。どちらにしても、医師としてのとても大事な基礎を築けるのは、初期研修医時代です。藤沢市民病院は救命救急センターを併せ持つ地域の基幹病院です。とても忙しい病院ですが、その分たくさんの患者さんを診ることができ、たくさんの医療手技を経験することができます。自分でできなかったことは一緒にはたらく仲間に聞き、あるいは多くの優秀な先輩や上司から指導を受けることができ、日々成長していることが実感できると思います。藤沢で研修生活を送ることで、プロフェッショナルとしての自覚を培い、全人的にも優れた医師になって羽ばたいて欲しいと思います。
 私は現在、卒後17年目になります。藤沢市民病院ではまず小児科医として4年間勤務しました。小さい子どもは泣くことしかできません。両親の訴え、子どもの顔色、雰囲気、周囲の環境などをしっかり把握することに加えて、頭の先からつま先まで詳細に診察をして、総合的に診断、治療をしていきます。非常にchallengingでattractiveな診療科です。私はさらに、すべての年齢の患者さんを診れるスペシャリストになるため、大学病院で感染症内科のトレーニングを6年間してきました。そして現在、臨床検査科医として藤沢に戻ってきました。臨床検査科は検査に関わるたくさんの業務があり、検査の精度管理や検査結果の解釈に関する相談を主治医から受けています。臨床検査のひとつに微生物検査があり、感染症診療と深く関わっています。当院のすべての診療科から感染症診療の相談を受けることで、私がこれまで積み上げてきた子どもから高齢者までの感染症診療のスキルも、すべてが今の私の仕事に活きています。
 医師の生き方は一辺倒ではありません。患者さんと向き合いながら、悩むことやつまずくこともありますが、無駄なことは何ひとつありません。自分の進むべき道が少しでも見えたら、その先を信じて踏み出していって欲しいと思います。藤沢市民病院で育った医師は、なぜか一回り、二回りも大きくなって戻ってくる医師が多いように感じます。藤沢の土地、人、そして病院の魅力が染みついているのでしょうか。

当院で研修を行った先輩医師から

呼吸器内科 渡邊 弘樹

 これから臨床研修に臨まれる皆様、はじめまして。医師12年目の渡邊弘樹と申します。

 初期研修医の頃の気持ちを思い出して書こうと思いましたが、現在研修医として頑張っている先生達のメッセージの方がずっとためになると思います。このため、藤沢市民病院で研修した結果、10年後にこんなことを感じている医師がいる、という1例として読み流して頂けたら幸いです。

 当院の初期研修における最大の特徴としてER型の救急があります。私が研修医の頃から全国的に知られていましたが、現在は更にスタッフも充実し、より質の高い医療が提供されていると感じます。ER診療の主役は初期研修医であり、救急専門医のバックアップのもと一次から三次までの多種多様な救急疾患の初期診療にあたっています。今から振り返れば、この経験こそが初期研修医の時に積むべき最も重要な経験であり、「指導医の患者」ではなく「自分の患者」に対する診療における試行錯誤が飛躍的に成長する糧なのだと実感しています。症例も個々で診っぱなしではなく、当直後などにも初期研修医達での振り返りや上級医からのフィードバックがあり、自己流にならないところも教育機関として優れていると思います。

 私も様々な病院で研修医からのコンサルテーションを受けてきましたが、当院の研修医からのコンサルテーションや臨床推論のレベルは非常に高く、こちらも負けないように努力しなければ、と感じています。

 各診療科も充実しており、当院で対応できない疾患は殆どないと言えます。地域の中核病院で多種多様な症例が集まるため、偏りなく様々な疾患に出会えることでしょう。院外の勉強会などで見識を深めたい場合、横浜や都内までのアクセスも良好です。当院では研修医が雑用に忙殺されることはありません。時には机に向かい、興味のある領域の勉強に集中することもできる、メリハリのある研修が送れると思います。

 風光明媚な湘南地区で、穏やかな気候と頼りになるスタッフや同僚に囲まれて、充実した研修を送りませんか?皆様と一緒に働けることを楽しみにしています。

外科 津村 祥子

 はじめまして、藤沢市民病院後期研修1年目の津村祥子と申します。この度は当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 私は2年間の初期研修を当院で行い、現在は外科専門医研修プログラムで後期研修をしています。当院での初期研修はとても楽しいだけでなく、医師として働くうえで欠かせないものばかりでしたので、僭越ながらその魅力をお伝えしたいと思います。

 当院の初期研修の特徴としてよく挙げられるのは、救急外来の症例数の多さだと思います。確かに経験数が多いに越したことはないと思いますが、それ以上に、実際に自分で考え実践してみる機会が豊富であることが、より実りのある研修生活につながっているのではないかと思います。当院の救急外来の実働部隊は研修医です。問診し実際に検査をオーダーしたり、画像を自分で読影したり、もちろん救急専門医のバックアップはありますが、自分で責任をもって患者を診る貴重な経験になると思います。また、当院の救急外来では、入院が必要そうな症例について、院外にいる専門医への相談も研修医が行います。電話のみで患者の状態を伝えることはとても難しいですが、各疾患の要点を理解し、端的に説明する能力を身につけるのに最も効率的だと思います。

 教科書やビデオテキストを中心に勉強してきた医学生にとって、研修病院のスタッフの雰囲気や教育熱心さはとても大切です。当院のスタッフは全体的に優しく教育的で、手技や処置も積極的に参加できます。正解がないことも多い臨床において、様々な診療科の経験豊富な上級医に教えてもらえる環境はとても貴重で、初期研修期間が最後のチャンスともいえます。当院は各診療科間の垣根が低く、すぐ専門家に相談しやすいため、短期間でより多くの学びを得られると思います。さらに、研修医同士でも悩んだ症例についての振り返りを日常的に行っており、学んだことをアウトプットし切磋琢磨する習慣が身につくと感じています。

 最後になりますが、当院の初期研修医はそのまま後期研修医として残ることを希望する人が多いです。私の同期も半数が残っており、それはひとえに働きやすく、多くのことを学べ、自分の成長を実感できる環境だからだと感じています。

 まだまだ言葉では説明しきれない魅力がたくさんありますので、ぜひ一度見学にいらして先輩研修医の話を聞いてみてください。当院でなら、きっと充実した研修生活を送れると思います。皆様といつか一緒に働ける日を楽しみにしています。

先輩研修医から

研修医2年 田中 智大(令和2年度在籍)

 はじめまして、藤沢市民病院研修医2年目の田中智大と申します。当院での研修に興味を持っていただきありがとうございます。

 当院での初期研修の大きな特色は、365日間、多くの患者さんを受け入れている救急外来での研修だと思います。救急科の指導医が常にいてくださることは当院の救急科研修の一つの特徴ですが、多くの場合、初診から必要な初期検査を行うまでの過程は研修医のみで進めます。目の前にいる患者さんの「緊急性が高いのか」、「どのような処置が必要なのか」などを常に考えながら、診療を行います。自らその患者さんについてのアセスメントを行った上で、指導医とディスカッションを行い、適切な方針を導き出します。自分で責任をもって担当した症例について、救急科の先生から直接助言をいただける環境はとても恵まれていると思います。

 救急外来での当直では、当然のことながらはじめはできないことばかりです。そこで、2年目の研修医から多くのアドバイスを受けることになります。当院では2年目の研修医が1年目の研修医に対してしっかりと指導を行う文化があり、先輩からの実践に即したアドバイスを一つずつ身につけながら成長していきます。また、後輩への指導は、2年目の研修医にとっても新たな気付きを与える重要な機会です。自分で診療できることはもちろんのこと、後輩に指導できるレベルまで自分の知識を整理するため、より深く学ぶことができます。 当院では研修医どうしの仲が良く、研修医旅行などの行事もあります。時として大変なこともある研修医生活ですが、尊敬できる仲間と励ましあいながら日々研鑽を積んでいます。

 短い文章だけでは伝えきれない部分が多いので、ぜひ一度見学に来てください。皆さんとお会いできることを、研修医一同楽しみにしています。

 

研修医1年 竹下 陽介(令和3年度在籍)

 はじめまして。藤沢市民病院研修医1年目の竹下陽介と申します。研修を始めて2ヶ月ほど経ちましたが、改めてこの病院で研修ができてよかったと強く感じています。その理由を3点、お話しさせていただきます。

 まず1つは、研修医が様々な症例や手技を主体的に経験できる点です。私は4月より麻酔科で研修をさせていただいていますが、導入から維持、抜管まで全て研修医が主体となって行います。また手技については静脈路確保や気管挿管だけではなく、CVカテーテル留置や神経ブロック、硬膜外麻酔など多くの事を経験させていただいています。指導医の先生方もとても優しくわかりやすくご指導下さるので、大変心強いです。学生実習の延長ではない、有意義な研修を行う事ができます。

 次に、充実したER研修が行える点です。当院は心臓血管外科や脳神経外科をはじめとして多くの診療科を有していることから、多くの患者さんがERを受診します。そのため診る事のできる患者さんや疾患に制限がありません。イヤーノートに記載されている疾患は2年間のうちに全て経験できるとも言われています。そのような恵まれた環境下で、救急車もwalk-inの患者さんも全て研修医がファーストタッチを行います。わからない事や大変な事も多いですが、2年目の先輩方や救急科の先生方がサポートして下さるため、全てを1人で抱え込む事なく診療に臨む事ができます。

 そして最後に、共に助け合える心強い同期や頼れる優しい先輩方がいる点です。研修を始めるとわからない事だらけで、困ったり悩んだりする事も時にあります。しかし同期同士でそれらを共有したりアドバイスしあったりして、みんなで成長していこうという雰囲気が常にあります。また先輩方は上で述べた研修を1年間こなしている事もあり、本当に頼りになる方々ばかりです。的確にアドバイスを下さいますし、自分の診療についてフィードバックして下さるのでとても力になります。

 当院の初期研修には言葉では表しきれない魅力がまだまだたくさんあります。ぜひ一度見学にいらっしゃって下さい。充実した2年間を、藤沢市民病院で過ごしてみませんか?研修医一同、お待ちしています。