地域医療連携の窓口について

地域医療連携室のご紹介

 地域医療連携室は地域の医療機関との緊密な連携により、医療の機能分担と医療資源の効率的活用を推進して医長連携の充実と発展を図ることを目的に設置された部署です。

地域医療連携室は、「地域連携担当」「患者支援センター担当」「がん相談支援センター担当」の3担当で構成されています。

地域連携担当(事務員)

 医療機関との窓口で、診療予約や逆紹介の取り次ぎをしています。

患者支援センター担当(看護師・医療ソーシャルワーカー)

 入院や通院に伴って起こる患者さんの様々なご相談ごとを担当します。

がん相談支援センター担当(看護師・医療ソーシャルワーカー)

 がん患者さんやご家族のがんに関する様々な質問や相談ごとを担当します。