冠動脈バイパス手術

冠動脈とは

  • 一日10万回も休まず働き続ける心臓に栄養を送る血管です。
  • 大きく左冠動脈と右冠動脈に分かれます。
  • 左冠動脈は前下行枝と回旋枝に分かれます。

冠動脈硬化症とは

  • 冠動脈が動脈硬化で狭くなる病気です。
  • 冠動脈が狭くなると体を動かして心臓が沢山働いたときに心臓に充分酸素や栄養を送れなくなります。これが狭心症です。
  • これが急に起きてきたり以前よりすぐ起きるようになったりするのを不安定狭心症といいます。
  • さらにこれが進行して急に血管がつまってしまうと急性心筋梗塞になります。
    命に関わる恐ろしい病気です。

冠動脈硬化症の診断法は

  • 心電図など色々な方法がありますが最終的には心臓カテーテル検査を行います。

ページの先頭へ

冠動脈硬化症の治療法は

  • 薬物治療 :軽症に
  • カテーテル治療 (PTCA, PCI) :中等症に
  • 手術 (冠動脈バイパス手術) :重症に

薬物治療、カテーテル治療、手術治療の比較

  利点 欠点
薬物治療 非侵襲(体に楽) 効果が小さい
カテーテル治療
(PTCA,PCI)
低侵襲(早い、楽、再施行も容易)
薬より確実
薬よりは侵襲性大 再狭窄率が高い
出来ない場合がある
手術治療 開存率が高い
完全血行再建
高侵襲(死亡率高い)
再施行は大変

冠動脈バイパス手術の適応 (どういう病態に行うか)

  • 一枝病変で左前下行枝の近位部病変
  • 二枝病変で左前下行枝の近位部病変を含むもの
  • 二枝病変でカテーテル治療に適さない病態
  • 三枝病変
  • 左主幹部病変
  • 危険にさらされた側副血行路を含む病変

冠動脈バイパス手術の方法は

  • 狭いところの向こう側にバイパスする血管をつなげる手術です。
  • 全身麻酔で胸を切って行います。

冠動脈バイパス手術の手技

  • 太さ約1.5-2.5mmの冠動脈に太さ約1.5-2.5mmのグラフト血管を針と糸で縫い合わせてつなげます。

冠動脈バイパス手術の方法の変化

人工心肺下冠動脈バイパス手術(On-pump CABG)
従来の人工心肺を用いて心臓を止めてやるやり方
心拍動下冠動脈バイパス手術(Off-pump CABG )
人工心肺を使わず器具で吻合する場所だけ固定してやる新しいやり方

人工心肺とその目的

  1. 全身から帰ってきた血液を抜く
  2. 血液に酸素を送る
  3. 酸素化した血液を動脈から全身に送る
  4. その間心臓は止めて心筋保護液で保護

ページの先頭へ

人工心肺下冠動脈バイパス手術の術中写真

心拍動下冠動脈バイパス手術の術中写真

藤沢市民病院心臓血管外科における冠動脈バイパス術の手術当日の流れ

  1. 病棟を出発
  2. 手術室入室、麻酔をかける
  3. 執刀開始、胸骨正中切開
  4. バイパスに使うグラフトの採取
  5. (人工心肺の装着、運転開始:人工心肺使用の場合)
  6. 冠動脈バイパスの吻合
  7. (人工心肺からの離脱、送脱血管の抜去:人工心肺使用の場合)
  8. 止血、閉創
  9. ICU入室
  10. 説明、御面会

藤沢市民病院心臓血管外科における冠動脈バイパス術の術後経過の流れ

  1. ICU入室
    ・覚醒
    ・人工呼吸からの離脱、気管内挿管の抜去
    ・飲水
    ・食事
  2. ICUから病棟へ(3~5日目)
    ・管(点滴、血抜きの管=ドレーン)を抜く
  3. 歩行練習(1週間目)=リハビリテーション
  4. 冠動脈造影検査(2週目)
  5. 退院 (約2-3週目):(合併症がある時は遅延します)
  6. 外来通院

冠動脈バイパス手術の危険性と合併症

手術自体の危険性

  • 出血、心不全、血栓塞栓症
  • その他(低酸素脳症、大動脈解離 など)

手術自体の危険性

  • 体力低下等による余病、合併症の発生
  • 脳合併症(脳梗塞、脳出血、麻痺、意識障害)
  • 感染症 (肺炎、創感染、縦隔炎、他)
  • 臓器不全(呼吸不全、腎不全、肝不全、他)

その他

  • グラフト閉塞、狭心症再発、周術期心筋梗塞

冠動脈バイパス手術の成績

一般的成績(日本 :循環器病の診断と治療に関するガイドラインより)

院内死亡
1.94%
周術期心筋梗塞
2.2-3.4%
脳血管障害
2.2-2.6%
感染症
1.8%

冠動脈バイパス手術の良い所と悪い所

  • 手術が上手くいけば狭心症が一回の手術で治って、効果が長持ちします(5年で90%~)
    心臓の手術の安全性も高まってきました。
    -(予定の冠動脈バイパス手術では危険性1-3%)
    -(2011年当院では緊急症例も含めて在院死亡率 3.3%、2012年は0%でした)
  • ただし上手く行かないこともあり得ます。
    出血、心不全、脳梗塞、腎不全、感染(肺炎)、グラフト閉塞狭心症再発→死亡、後遺障害、合併症