診療体系

  1. 生命の危険性がある重症患者の診療は救急外来(ER)での緊急救命処置だけでは完結しません。その後に集中治療室(ICU)での診療が欠かせません。つまり複雑な様々な医療技術を投入して24時間厳重な監視下で、重症病態の治療に関する技能を有する専属の医師による診療が必要なのです。このICUでの重症患者管理を救急科医が行い、結果として非常に重篤な患者の命を救っています。つまりERとICUの診療を一体として実施することが重要なのです。

    slide01

    *藤沢市民病院救命救急センターは以下の施設認定を受けています

    • ①日本救急医学会救急科専門医指定施設:救急診療の実績と教育指導体制があり、専門医育成にふさわしい病院
    • ②日本救急医学会指導医指定施設:救急患者の診療・教育・研究ができる十分な設備と人員を有し、指導医育成にふさわしい施設
    • ③日本集中治療医学会専門医研修施設
  2. 様々な疾患、病態に専門性の高い高度医療を提供するために、救急科医と各診療科との連携が欠かせません。そのどちらも提供できる体制があるからこそ、あらゆる救急患者に対応可能な施設といえるのです。救急科医が得意で単独で治療ができる病態(心肺停止蘇生とその後に続く集中治療室での体温管理療法や中毒治療や外傷に対する縫合止血処置など)がある一方で、他の診療科の協力が欠かせない(循環器内科医による急性心筋梗塞に対するPCI(経皮的冠動脈形成術)や整形外科医による開放骨折に対する緊急手術など)病態があるのです。
    例)急性心筋梗塞の場合
    :胸痛でERを受診した患者の診療を救急科医が実施⇒心電図異常から急性菅症候群(ACS)の診断と初期診療を開始⇒循環器内科医が呼ばれ緊急で心臓カテーテル検査を実施。複数個所の冠動脈の狭窄の存在を指摘し緊急冠動脈バイパス術の適応と判断。大動脈バルーンパンピングIABPを挿入⇒麻酔科医による術中管理下で心臓血管外科医による緊急手術を実施⇒救急ICUに入室し術後管理を救急科医が実施⇒ICU退室に伴い心臓血管外科医による回復期管理後に退院

slide01

救急室:ER

16歳以上の患者は救急科医と初期研修医が診療を担当し、16歳未満の患者は小児救急科医と小児科医が診療にあたります。必要時に各専門診療科医師に相談と診察を依頼することがあります。

  重篤な病態に対しては多くのスタッフで処置にあたります。


*重篤な患者に対してスタッフが集合して緊急開胸・開腹などを含む救命処置を実施


*年間約9000台の救急車を受け入れる全国有数の施設です

*心停止が切迫した患者や来院時心肺停止(CPAOA)患者に対して、ERで常時、積極的に人工心肺装置装着PCPSを装着して救命をしている。

救命ICU;EICU

 心肺停止蘇生後の患者に対する体温管理療法(TTM)やショック状態の患者に対する集学的な治療は積極的に実施しています。急性腎障害患者に対する持続的腎代替療法(CRRT、CHDF)や循環不全や呼吸不全患者に対する人工心肺装置(PCPS/ECMO)の装着による危機脱出は日常的に実施しています。このような種々のスキルを駆使してすべての重症救急患者管理を行います。急性心筋梗塞や急性大動脈解離に対する心臓血管外科術後や急性硬膜下血種やくも膜下出血に対する脳神経外科術後、急性腹症に対する外科緊急手術後など各専門診療科とカンファレンスを実施して、一元的に救急科医が患者管理を行っています。

病院前・プレホスピタル

 救命救急センターの前面・病院敷地内に藤沢市消防局の出張所があり、救急ワークステーションといいます。救急隊員と日常的に連携し、必要時には救急車に医師が同乗して現場へ出動することがあり、ドクターカーとして機能しています。患者が病院へ来る前に現場から医師による緊急治療が開始されることでより救命に寄与しています。


 

*消防通信指令員が通報内容あらかじめ決められたキーワードに合致すると判断した場合や、現場の救急隊員が必要と判断した場合に救命救急センター内に医師出動要請の放送が流れて、ワークステーションの救急車で一緒に出動します

災害医療

 神奈川県内で最初に災害派遣医療チームDMATの研修を受講しました。救急科医師の多くは日本DMAT隊員養成研修や神奈川県DMAT-L研修を受講して災害医療対応能力を習得しています。2011年 東日本大震災実災害、2015年鬼怒川決壊水害(茨城県常総市)や2016年熊本地震などの派遣実績があり、2016年伊勢志摩サミットでは医療班として活動しました。


 

救急科

 あらゆる病気、外傷の初期診療を行う。特に生命の危機が切迫した患者の救命処置を的確に実施します。心肺停止蘇生後、多発外傷、中毒、偶発低体温症、熱中症、敗血症性ショック、重症膵炎、重症肺炎など重篤で複雑な病態など特殊治療を要するケースではERからEICU管理まで一貫して行います。

小児救急科

小児科医と連携して24時間小児患者の急病・ケガに対応し、気管挿管・人工呼吸管理が必要な重篤患者の場合にはEICU管理を実施します。

救急外科

体幹部の緊急手術が必要な病態、多発外傷に対して救急科医と連携して診療にあたります。外傷に加えて腸管壊死や腹膜炎など急性疾患の手術を担当しAcute Care Surgeryと呼ばれる領域を担当します。

放射線診断科

月曜日から土曜日まで日勤帯は院内でリアルタイムにCTやMRIの読影を行い、救急科医とも意見交換をしながら診療を進めます。他の時間帯も24時間読影を依頼することが可能で、時間外における画像の誤読影のリスクを低減化しています。出血性病変に対する緊急TAE(動脈塞栓術)などにも常時対応しています。

循環器当直

循環器内科医と心臓血管外科医が一緒に24時間体制で診療できる体制で、緊急PCI(経皮的冠動脈形成術)や緊急冠動脈バイパス術、急性大動脈解離に対する人工血管留置や動脈瘤破裂に対する緊急手術に対応しています。

神経当直

神経内科医と脳神経外科医が一緒に24時間体制で診療できる体制で、急性脳梗塞に対する線溶療法(t-PA)及び、血管内治療による血栓除去術・コイリング術、緊急手術を実施できます。

その他

そのほかあらゆる診療科はオンコール体制で呼び出しに対応しています。