診療内容・特色・スタッフ

診療内容

外来の紹介

小児科外来
原則として開業の先生からの紹介患者さんを診療しています。病状が安定したら、ご近所の先生を紹介させていただくこともあります。
専門外来
心臓、神経、腎臓、喘息アレルギー、内分泌代謝、未熟児新生児、血液の専門医による外来診療を行っています。予約制です。
救急外来
開業の先生や休日夜間診療所が診療していない時間帯の救急患者さんを救命救急センター内で診療しています。

特色

こども診療センター

 こどもの時に小児科を受診したことがない人はいないと思います。小児科は守備範囲が広いのが特徴です。心臓病、腎臓病、神経の病気など、小児科医が担当する病気はたくさんあります。未熟児から中学生までが小児科にお出でいただく患者さんですが、年齢によって発症する病気に違いがあり、緊急処置が必要な病気もあれば、何年も通院していただく病気もあります。

 藤沢市民病院の「こども診療センター」には、入院患者さんと専門外来に定期通院する患者さんを担当する「小児科」、24時間救急を担当する「小児救急科」、新生児集中治療室(NICU)で未熟児新生児医療を担当する「小児科(新生児)」があります。それぞれの担当医が専門性を高め、相互に協力することにより、こども達に質の高い充実した医療を提供することを目標にしています。

 なお「こども診療センター」の病床数は59床ですが、神奈川県下の一般病院では最大であり、藤沢市内だけでなく、横浜市、鎌倉市、茅ヶ崎市、大和市の患者さんも受診されています。「こども診療センター」では小児医療の集約化が効率的に行われており、小児科学会が推進する「地域小児科センター」のモデル的病院になっています。

小児科

 こども診療センターの小児科医が担当するのは、紹介患者さんの診療、臓器別専門外来の診療、入院患者さんの診療です。藤沢市内のこども達の85%が藤沢市民病院の診察券を持っています。25%のこども達が1年に1回は市民病院を受診していますが、受診頻度が高い就学前のこども達に限れば2人にひとりが市民病院を受診している計算になります。

 紹介患者さんはおよそ2,300人で(救急外来を含む)、開業の先生、夜間休日診療所の先生方からは多くの患者さんの紹介をいただいています。専門外来を受診する患者さんは約2,500人で、市内のこども達の5%に相当します。学校健診で心臓や腎臓の精密検査を指示された児童生徒の多くが市民病院の専門外来を受診しています。年間の入院患者さんは1,800人ほどですが、こども達や御家族の負担を軽減するために、入院期間の短縮を心がけており、検査や処置もできるだけ外来で行うことにしています。

 このように、こども診療センター小児科は藤沢市の小児医療システムのなかで大きな役割を果たしています。小児科の今後の課題は地域の保健福祉分野と連携であり、障害児のサポートも重要と考えています。

小児救急科

 小児救急医療の充実については、こどもを持つ市民の皆さんからの強い要望があり、また行政的にも最優先の政策的課題となっています。藤沢市民病院では2002年に他の自治体病院に先がけて24時間小児救急を開始し、2003年に小児救急拠点病院に指定されました。2007年の救命救急センター開設後は同センター内で診療を行っています。

 小児救急科では交代制勤務(シフト制)を導入し、担当医師の負担を軽減するとともに、成人を担当する各診療科の協力を得て、重症かつ複雑な病態の患者にも対応できる診療体制をめざしています。2009年からは救急外来でのトリアージ(診察前の緊急度判断)を始めさせていただきました。年齢や病状により診察の順番を変更させていただくことがあるかもしれませんが、御協力を御願いいたします。

小児科(新生児)

 未熟児や病気を持って生まれてくる赤ちゃんには特別のケアが必要です。新生児集中治療室(NICU)や後方病床(GCU)では、赤ちゃんの呼吸や心臓の働きを助け、栄養状態を保ち、病原体から体を守る治療が行われています。保育器の温度や湿度は一定に保たれており、母親の胎内に近い環境が維持されています。

 NICUでは赤ちゃんに対する不必要な刺激を避けるように環境面が配慮され、母子の触れ合いを深めるためにカンガルーケアの導入や母乳育児の推進が行われています。  藤沢市民病院のNICUは9床、GCUは6床です。NICUでは昼夜を問わず、赤ちゃん3人に対して看護師1名の勤務と専任当直医の勤務が義務づけられています。

 神奈川県周産期救急医療システムが定める地域周産期母子センターであり、横浜地区の中核病院に指定されています。要請があれば、藤沢市、横浜市以外からの新生児(または母体)搬送を受け入れることもあります。

スタッフ

役職 氏名 専門領域 専門医/認定医
こども診療センター長
診療科主任部長
(小児科)
医長
(小児科(新生児))
船曳哲典 小児一般
新生児
日本小児科学会専門医/代議員
日本小児救急医学会理事
日本周産期・新生児学会暫定指導医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
臨床研修指導医(厚生労働省)
  佐近琢磨 循環器
新生児
日本小児科学会専門医
日本循環器学会専門医
日本小児循環器学会専門医
NCPRインストラクター
臨床研修指導医(厚生労働省)
  藤田秀次郎 新生児 日本小児科学会専門医
NCPRインストラクター
  高梨浩一郎 小児一般
集中治療
日本小児科学会専門医
PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
PFCCSプロバイダー
  菅谷憲太 小児一般 日本小児科学会専門医
PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
PFCCSプロバイダー
  金井良浩 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
PFCCSプロバイダー
  鶴岡洋子 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  金子尚樹 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
PFCCSプロバイダー
  齊藤祐弥 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  郡山琴絵 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  小野瀬祐太 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  鈴木純平 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  飯塚敦広 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  落合雄人 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
  望月優暁 小児一般 PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー
非常勤 徳弘悦郎 内分泌代謝 日本小児科学会専門医
非常勤 金子かおり 神経 日本小児科学会専門医
非常勤 黒河内明子 アレルギー 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
非常勤 渡辺好宏 神経 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
非常勤 北形 仁 神経 日本小児科学会専門医
非常勤 増澤祐子 腎臓 日本小児科学会専門医
日本腎臓学会専門医
非常勤 石田奈津子 児童心理 臨床心理士
非常勤 西野晴子 児童心理 臨床心理士

外来予定表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
小児科
専門
外来

乳児健診
(佐近・交代)
心理(石田1,3)
心臓(佐近)
発達(船曳)
心理(石田)
アレルギー(黒河内)
神経(金子1,3,5)
内分泌(徳弘)
発達(船曳)
アレルギー(黒河内)
心理(石田1,3)
シナジス(10月-4月)

予防接種
(交代)
心理(西野)
心臓(佐近)
神経(渡邊1,3,5)
アレルギー(黒河内)
発達(藤田)
心理(石田)
神経(金子)
神経(北形2,4)
内分泌(徳弘1,3,5)
腎臓(増澤2,4)
夜尿(船曳)
アレルギー(黒河内)
発達(藤田)
小児科
一般外来
船曳
他 交代
交代制 船曳
他 交代
交代制 交代制

( )内の数字は週数

診療統計

こども診療センター外来患者数

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
一般外来 7,433 6,158 6,273 5,431 4,741 4,888 5,744
専門外来 11,987 11,330 11,565 11,024 11,555 11,265 11,076
救急外来 16,922 15,394 16,800 16,240 14,979 14,265 14,607
合計 36,342 32,882 34,638 32,695 31,275 30,418 31,427
(紹介患者) 2,654 2,724 2,374 2,211 2,295 2,472 2,486
(救急車搬送) 1,323 1,281 1,366 1,527 1,652 1,703 1,673

こども診療センター入院患者数

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
小児病棟 1,678 1,347 1,579 1,578 1,643 1,664 1,623
NICU/GCU 217 209 236 180 167 164 221
合計 1,895 1,556 1,815 1,758 1,810 1,828 1,844