一般検査室

 一般検査室では、尿、糞便、体腔液(胸水・腹水・髄液など)の検査を行っています。
 尿検査では尿一般定性検査や尿生化学検査を主に行います。また、尿中の有形成分(細胞、円柱など)を顕微鏡で観察し、腎臓の機能や膀胱等の腫瘍細胞の有無を調べる尿沈査検査も行います。尿検査でご来院の際は、ビタミン剤やそれらを多く含む市販の風邪薬の服用は、検査結果に影響しますのでお控え下さい。鼻腔検体を用いるインフルエンザウイルス、A群溶連菌(溶血連鎖球菌)などの迅速検査も行っています。

主な検査項目

【尿検査】

  • ・尿一般定性検査
    • ブドウ糖
    • 比重
    • タンパク質
    • 潜血
    • ビリルビン
    • ケトン体
    • ウロビリノーゲン
    • 亜硝酸塩
    • pH
    • 白血球
  • ・尿沈渣検査
    • 細胞成分(赤血球・白血球・各種上皮細胞)
    • 円柱成分
    • 細菌
    • 結晶成分
  • ・尿生化学検査
    • タンパク質・クレアチニン・尿素窒素
    • ナトリウム・カリウム・クロール
  • ・尿中薬物検査
    • 各種抗うつ剤
    • 各種覚せい剤

【糞便検査】

  • 便潜血反応・便虫卵検査