血液検査室

 血液は、心臓から送り出されて心・血管系を循環する液体であり、生体の恒常性の維持に重要な役割を担っています。その主な役割は、酸素や二酸化炭素の運搬、生体防御、止血、体温調節などであり、種々の疾患や病態に伴って、血液成分の変化が生じます。
 血液検査室では主に、血球成分を調べる「血液形態・機能検査」,血液が固まる仕組みを調べる「出血・凝固検査」,血液疾患の診断に欠かせない「骨髄検査」を行っています。
 当院には血液内科があり、様々な血液疾患に対応するため、血液検査学の専門資格を取得した臨床検査技師が検査を担当しています。また、血液内科カンファレンスに参加し、医師や薬剤師、看護師などと情報を共有することにより、より質の高い検査を提供できるように努めています。

主な検査項目

【血液形態・機能検査】

 血液中の細胞(赤血球,白血球,血小板)の数とヘモグロビン濃度やヘマトクリット値を自動分析装置で測定し、貧血や多血症、感染症、出血傾向や血栓傾向などを調べる一般的な検査です。
 また、必要に応じて臨床検査技師が異常細胞がいないか、顕微鏡で形態の観察をしています。

  • ・血球算定
    • 白血球数(WBC)
    • 赤血球数(RBC)
    • ヘモグロビン濃度(Hb)
    • ヘマトクリット(Ht)
    • 平均赤血球容積(MCV)
    • 平均赤血球ヘモグロビン量(MCH)
    • 平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)
    • 血小板数(PLT)
  • ・白血球分類
  • ・網状赤血球数(Ret)

【出血・凝固検査】

 術前検査のスクリーニング、肝機能の把握や抗凝固薬のモニタリング等で行われる一般的な検査と、必要に応じてより詳細な検査を行っています。

  • ・プロトロンビン時間(PT)
  • ・活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
  • ・フィブリノゲン量(FIB)
  • ・アンチトロンビン(AT)
  • ・フィブリン・フィブリノゲン分解産物(FDP)
  • ・Dダイマー
  • ・その他
    • クロスミキシングテスト
    • 血小板凝集能

【骨髄検査】

 骨髄液中の有核細胞数や巨核球数の算定、形態の観察や細胞の分類を当検査室で行っています。白血病や悪性リンパ腫などの血液疾患の診断や治療効果の判定に必須の検査です。

【その他の検査】

  • ・赤血球沈降速度(赤沈)
  • ・特殊染色
    • 好中球アルカリフォスファターゼ染色(NAP)
    • ペルオキシダーゼ染色
    • PAS染色
    • 鉄染色
    • エステラーゼ染色