臨床検査室

はじめに

 臨床検査室は検体検査部門(血液、生化学・免疫血清、一般、輸血、微生物)、生理機能検査部門、病理検査部門の3部門で構成されています。
 業務目標として「検査データ及び情報を、正確かつ迅速に提供する」・「診療支援ならびにチーム医療に貢献し、医療サービスの向上に努める」を掲げ、最新の検査機器を導入し、24時間365日対応で救命救急医療に貢献しています。
 また、チーム医療の一員として、糖尿病教育入院の検査説明、NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染対策チーム)、AST(抗菌薬適正使用支援チーム)、病棟カンファレンス等に参加しています。この他、入院患者さんの早朝採血を開院時から行っています。
 医療の進歩とともに質の高い検査が求められる中、検査室としては精度管理報告会の実施や検査精度が評価される精度保証施設の認証を継続して取得しています。さらに個人の知識・技術の向上のため研修会への参加、学会発表や認定資格の取得などに取り組み、より良質な検査を提供できるよう努力を重ねています。

外部精度管理調査への参加

認定書

 毎年、各種外部精度管理調査に参加し優良施設となっています。

  • 日本医師会臨床検査精度管理調査
  • 日本臨床検査技師会臨床検査精度管理調査
  • 神奈川県臨床検査精度管理調査
  • その他各メーカー精度管理調査

資格・認定の取得状況

  • 超音波検査士【消化器・表在・循環器】 (日本超音波医学会)  10名
  • 認定血液検査技師 (日本検査血液学会)  3名
  • 骨髄検査技師 (日本検査血液学会)  1名
  • 認定救急検査技師 (日本臨床検査技師会)  1名
  • 認定臨床化学・免疫化学精度保証管理検査技師 (日本臨床検査技師会)  2名
  • 認定輸血検査技師 (日本輸血・細胞治療学会)  1名
  • 細胞検査士 (日本臨床細胞学会)  8名
  • 国際細胞検査士 (IAC国際細胞学会)   8名
  • 糖尿病療養指導士 (日本糖尿病療養指導士認定機構)  1名
  • NST専門療法士 (日本静脈経腸栄養学会)  1名
  • 二級臨床検査士 (日本臨床検査同学院)   13名
  • 緊急検査士 (日本臨床検査同学院)  5名
  • 日本DMAT研修インストラクター (厚生労働省)  1名
  • POCコーディネーター (日本自動化学会) 1名
  • 分析機器試薬アナリスト  (生物試料分析科学会)  1名
  • 電子顕微鏡技術者 (日本顕微鏡学会)  1名
  • バイオセーフティー管理技術者 (バイオメディカルセーフティー研究会)  1名