微生物検査室

 微生物検査室では、感染症の原因となる微生物(主に細菌・真菌)を検体(血液、喀痰、尿など)から検出し、どのような抗菌薬(抗生物質)が効くかを調べています。
 検体中の菌体を染色し、顕微鏡で原因菌を検索する『塗抹鏡検』、検体を培地に塗り菌を増殖させ、生化学性状などを調べて菌種を同定する『培養同定検査』、原因菌に効果のある抗菌薬を調べる『薬剤感受性試験』、その他迅速検査キットなどを用いた検査があります。
 検査業務のほかに、感染対策チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の一員となり、医師・看護師・薬剤師などと共にミーティングや病棟ラウンド、職員対象の感染管理勉強会の主催等、病院全体の感染対策活動に参加しています。また、当院は地域の医療機関と一定の頻度で会議を行い、感染対策強化のための連携を図っており、疫学統計に関する情報共有資料を作成するなどの活動もしています。
 当検査室の特徴として、臨床検査科医師が感染症専門医であることから、微生物検査の結果をより迅速に感染症診療に役立てることが可能な環境となっています。

主な検査項目

  • 塗抹鏡検(主な染色法)
    • グラム染色
    • チールネルゼン染色
  • 培養同定検査
    • MicroScan WalkAway
    • Api各種
  • 薬剤感受性試験
    • MicroScan WalkAway
    • BCプレート(多剤耐性菌用)

※感染症の原因菌として検出される菌種の一例

  • Escherichia coli (大腸菌)
  • Pseudomonas aeruginosa (緑膿菌)
  • Streptococcus pneumoniae (肺炎球菌)
  • Staphylococcus aureus (黄色ブドウ球菌)
  • Enterococcus faecalis(腸球菌)