輸血検査室

 血液中の成分(赤血球、血小板、蛋白成分、血液凝固因子)が不足したり、働きが悪くなった時に、その成分を補充するのが輸血療法の目的です。輸血療法に用いられる血液は血液センターで献血者から採血された血液およびその成分です。

 輸血検査室では、患者さんの血液型や不規則抗体を調べ、血液センターから取り寄せた血液製剤と適合するかを検査し、患者さんにとって安全な製剤を迅速に供給しています。また、手術前にあらかじめご自身の血液を採取して保存し、その血液を輸血する「自己血輸血」の製剤保管を行っています(自己血輸血を行うには適応条件があります)。

 年6回開催の輸血療法委員会で、医療現場における血液製剤の適正使用を推進する活動や、輸血にかかわる部署と日頃から連携し、必要に応じてシミュレーションを実施するなど、安全な輸血医療への取り組みを行っています。

 また、当院は救命救急センターを有していることから、様々な原因の外傷、消化管出血、緊急手術などで輸血が必要になった場合、24時間対応で血液製剤を提供できる体制をとっています。安全な血液製剤を迅速に提供するために、緊急検査に携わるスタッフのトレーニングを定期的に開催しています。

主な検査項目

【全自動輸血検査装置による検査】

  • 血液型
  • 不規則抗体スクリーニング
  • 交差適合試験

【試験管法による検査】

  • 不規則抗体同定
  • 抗体価測定
  • 直接抗グロブリン試験
  • 間接抗グロブリン試験
  • 母児血液型不適合妊娠の検査

【製剤管理業務】

  • 輸血用血液製剤管理
  • 自己血製剤保管管理

【当検査室で取り扱う血液製剤】

  • 照射赤血球液
  • 新鮮凍結血漿
  • 照射濃厚血小板
  • アルブミン製剤
  • その他 各種血液製剤