救命救急センターエリア

救急一般撮影室

 救急一般撮影室にはFPD(フラットパネルディテクタ)型撮影装置、ポータブル撮影装置、CR撮影装置が設置されており、24時間常時2名の技師が担当しております。

  一般撮影装置では、重傷の患者さんでも多方向から撮影できるようにディテクタを2面設置しております。また、FPDを採用しているため被曝線量の低減がはかられることにより、患者さんにやさしい検査が可能です。

 撮影室に来られない重傷度の高い患者さんには移動式のポータブル撮影装置で検査を行い、治療と検査が同時に行われています。

救急CT検査室

 救急CT撮影室は多列型CT装置(MDCT)64列が設置されており、主に救急患者さんの検査に利用しています。

 この装置では広範囲を短時間で撮影することが可能であり、心筋梗塞の疑いのある患者さんの冠動脈解析が可能です。
 また、脳動脈留の3次元再構成などの画像解析装置も設置されており、様々な症例に対し、より診断に役立つ画像処理を施しています。

 常に医師、看護師と連絡を密にして病状に応じた適切な検査が出来るよう努力しています。