リハビリテーション室

理念

主に入院の方を対象に、急性期治療と並行して早期からリハビリテーションを実施し機能回復を目指します。

方針

受付

  • 集中治療領域を含めた早期から積極的なリハビリテーションを実施し早期の退院をサポートします。
  • 医師、看護師、関係職員と多職種で連携を図りながら入院期間中の継ぎ目のないフォローを行います。

スタッフの構成

理学療法士(PT):8名
作業療法士(OT):3名
言語聴覚士(ST):2名
助手:1名
クラーク:2名

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
運動器リハビリテーション料(I)
呼吸器リハビリテーション料(I)
廃用症候群リハビリテーション料(I)
がん患者リハビリテーション料(I)
心大血管リハビリテーション料(I)

対象

 なんらかの病気や怪我等が原因で当院に入院し治療を受けている方を対象とし、医師の指示に基づいたリハビリテーションを行います。
 外来については、当院を退院された方を中心に一定期間内で行っています。(疾患によって期間が異なります。)
 慢性的な症状に対してのリハビリテーションや物理療法(脊椎牽引や電気治療等)は行っておりません。

役割と機能

理学療法室

・理学療法
「寝返る」「起き上がる」「座る」「立つ」「歩く」といった基本動作を安全に自立して行えるようにアプローチします。

作業療法室

・作業療法
「食事」、「整容」、「更衣」など日常生活動作(ADL)の指導・援助を行い、その人らしい生活ができるようにサポートします。

言語聴覚室

・言語聴覚療法
失語症(言葉がうまく出ない、理解できない)、構音障害(呂律がまわらない)、嚥下障害(のみこめない)や、発声障害に対し評価、訓練、支援を行います。