リハビリテーション室

リハビリテーションの基本理念

 リハビリテーションとは、病気や障害を持っていても、可能な限りその人の生きる権利を保障し、かつ社会生活においても、より良い状態に改善しようとする活動を意味しています。

方針

受付

 急な病気やケガ等で入院された患者さんを主体とし、リハビリテーション科医師と下記のスタッフが連携をしてリハビリテーションを行います。

スタッフの構成
理学療法士(PT):6名(再任用含む)
作業療法士(OT):3名
言語聴覚士(ST):2名
助手:1名
クラーク:1名

対象

 入院、外来ともに、なんらかの病気やケガ等で当院にて診療を受けている患者さんに対して、必要に応じて、リハビリテーションを行います。リハビリテーションを行う際は、医師の指示が必要です。

 外来については、早期に退院された方を中心に行っており、慢性的な症状に対してのリハビリテーションや、物理療法(脊椎牽引や電気治療等)のみのリハビリテーションは行っておりません。

ページの先頭へ

役割と機能

理学療法室

  • 入院患者さんのリハビリテーションは、病気や障害の重症度に合わせて、なるべく早期からの離床を図ります。
  • 大腿骨頚部骨折や、脳卒中で入院された方については、適宜、回復期リハビリテーション病院への紹介を行います。

作業療法室

  • 外来患者さんに対しても、「急性期」の患者さんを主体に、医学的管理に基づいて、リハビリテーションを実施します。
  • 維持期のリハビリテーションを必要とする方については、地域医療機関や介護保険による在宅サービスへの紹介を行います。

言語聴覚室

*「リハビリテーション科」と「リハビリテーション室」は異なりますので、ご注意ください。
「リハビリテーション科」は東館1階にあり、医師の診察を受ける専門外来です。
「リハビリテーション室」は東館2階にあり、リハビリテーションを実施する部屋です。
お間違えのないよう、ご来院ください。