医療安全対策室の紹介

医療安全対策室の紹介

 医療支援部 医療安全対策室は、2006年4月に設置されました。
 医療の質の向上と医療の安全確保のため、安全な医療提供体制の確立を目指して、組織横断的に院内の医療安全を推進しています。

構成メンバー

 構成メンバーは、医療支援部長(副院長)、 医療安全管理者(看護師)1名、感染管理認定看護師1名、事務職1名、臨床工学技士6名の合計10名です。

業務内容

各部門から報告されるインシデント・アクシデントレポートを集計・分析・対策立案し、33名で構成される現場のセーフティーマネージャーと共に、再発防止にむけて取り組んでいます。改善策を職員全員へ周知するために、リスクマネジメントニュースレターの発行や、医療安全に関わる研修会などを企画・運営しています。

事故発生時には、関連部署への調査やヒヤリングを行い、状況把握に努め再発防止策の検討・実施そして評価を行っていきます。
又、院内を定期的に巡回しながら、患者さんの安全が守られるよう指導、監督しています。そして、現場からの医療安全に関する相談など、患者さんの安全を第一に迅速に問題解決に努めていきます。
患者一般相談と連携し、安全の視点で患者さんやご家族からの相談や疑問などの対応もしています。

院内感染防止の観点からは、専従の感染管理認定看護師が、院内の感染予防・対策のため、感染対策チームと協力し活動しています。各診療単位から報告される感染報告書をとりまとめ、定期的に開催される感染防止委員会へ提出し、医療関連感染発生の低減に努めていくとともに、安全かつ快適な病院環境の維持向上を目指し活動しています。また、感染発生届の保健所送付など保健所との窓口となる業務も行っています。

臨床工学技士は、医療チームの一員として、医療器械が安全に効果的に使用されるように保守・点検・管理を行っています。また、医療機器の安全使用のための研修の実施や相談などを受けています。6名の臨床工学技士が、院内を業務分担をして効率的に精力的に活動しています。