MEセンター

 今日様々な業界で、安全というものが問われています。私達、臨床工学技士(Medical Engineer)は医療という専門的な分野において、医師や看護師と異なる工学的な見地から、医療の安全に携わっております。

 主な業務として、医療機器(人工心肺、人工呼吸器、透析装置、輸注・輸液ポンプ等)の管理・点検を行い、手術室や人工透析室では医師の指示のもとに、医療機器の操作を行っています。また、病院内のスタッフに医療機器の取り扱いについての指導や教育を行っています。病院内で使用される医療機器が安全に使用出来るように日々取組んでいます。

医療機器管理業務

写真

  •  医療機器の中央管理を行い、貸出業務や修理対応を行います。定期点検やメンテナンスも行います。
     管理機器:輸液ポンプ、輸注ポンプ、SpO2モニタなど

人工心肺業務

写真

 手術室で人工心肺装置、自己血回収装置などの操作を行います。
 IABP(大動脈内バルーンパンピング)やPCPS(経皮的心肺補助)装置の管理も行います。

血液浄化業務

写真

  •  人工透析室での血液透析関連装置の操作や管理を行います。
     血漿交換や吸着式血液浄化、CHDF(持続的血液透析濾過)なども行います。

呼吸療法業務

写真

 人工呼吸器の回路を組み立てて、リークチェックを行い、臨床使用のための準備をします。
 使用中にも、正常に作動していることを確認します。