ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 被災者支援 > 地震被害への義援金の受付について

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

地震被害への義援金の受付について

東日本大震災義援金について

市から直接被災県に送る義援金の取り扱いは終了いたしました。ご協力に心よりお礼を申し上げます。

なお、日本赤十字社の義援金については、2018年3月31日まで以下の振込み口座で受け付けています。

 

 

郵便局・ゆうちょ銀行
口座番号=00140-8-507
口座名義=日本赤十字社 東日本大震災義援金
※郵便局・ゆうちょ銀行の窓口で取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。

 

義援金受付状況(2011年10月31日現在)

  • 募金箱14,855,377円
    (3月14日~8月31日)
    ※9月1日以降、匿名で受け付けたものを含む
  • 街頭募金2,688,577円
    (3月13日~3月25日)
  • 個人・団体からの寄付70,699,819円

計88,243,773円

義援金の送金等について

1送金の概要

第1回送金(4月20日)では、福島県の原発にかかる被害状況について把握困難であったため、警察庁緊急災害警備本部資料による死者・行方不明者、全半壊・全半燃家屋の被害状況の割合を参考に、岩手、宮城、福島県の3県に対して、義援金を直接送金しました。

第2回送金(7月26日)では、福島県の原発にかかる避難状況を参酌した「日本赤十字社及び中央共同募金会」の義援金の配分割合を参考に、未だ(送金当時)1,000人以上の方が避難所での生活を余儀なくされている岩手、宮城、福島県の上位3県に対し、総額8千万円を100万円単位で按分し、第1回送金額を除いた額を送金しました。

第3回の送金(11月11日)につきましては、第2回同様「日本赤十字社及び中央共同募金会」の義援金の最新の配分割合から導かれる計算額に対して、既送金額が下回っており、未だ多くの方が避難所での生活を余儀なくされている宮城県に対し10月末時点の残金を全て送金しました。

(単位:円)

 

合計

割合

第1回(4月20日)

第2回(7月26日)

第3回(11月11日)

総額

86,308,560

 

40,000,000

40,000,000

6,308,560

岩手県

10,000,000

11.6%

10,000,000

0

0

宮城県

43,308,560

50.2%

23,000,000

14,000,000

6,308,560

福島県

33,000,000

38.2%

7,000,000

26,000,000

0

岩手県については、第1回の送金額が配分額と同額であったため、第2回の送金はありません。

2被災地から要請を受けた支援物資への対応

寄付者の意志に基づき、義援金の一部を充てさせていただきました。

総額1,935,213円

(内訳)

  • 4月8日陸前高田市
    • 生鮮野菜の購入費896,700円
  • 4月8日大船渡市・南三陸町
    • 自転車の輸送費329,763円
  • 4月22日気仙沼市
    • 生鮮野菜の購入費621,600円
    • 輸送費87,150円

リンク

情報の発信元

福祉健康部 福祉健康総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 新館2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3111

ファクス:0466-50-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?