ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 「ロボットの試作開発にかかる事業計画」1件を採択しました

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

「ロボットの試作開発にかかる事業計画」1件を採択しました

市内中小企業の「ロボット開発」を支援!

 生活支援ロボット等の試作開発に要する経費を助成する「ロボット産業推進事業補助金」について、2次公募を行ったところ、市内中小企業者から申請がありました。当該事業計画を外部の専門家を含めた審査会により審査した結果、1件を採択し、9月12日付けで「ロボット産業推進事業補助金」を交付することが決定しました。

補助内容

採択

 1件(補助額100万円)

補助事業概要

事業の名称

「階段昇降可能なソフトロボット」 

企業名等

 Amoeba Energy株式会社

(本社:藤沢市遠藤4489番105 慶應藤沢イノベーションヴィレッジ201号室

 代表取締役社長:青野 真士氏)

事業概要

 Amoeba Energy株式会社(2018年1月起業)は、段差・階段を乗り越えて荷物を運ぶ、「ソフトロボット」の開発を行っています。この「ソフトロボット」は、あらゆる階段に適応でき、6kgの荷物でも運搬可能で、やわらかいカラダでヒトに寄り添う親近感と安全性を担保できるといった、他の自動搬送ロボットにはない特長をもちます。

 本事業では、AI自動運転技術の開発を行い、走行空間センサーにより、自己位置推定、ナビゲーション、衝突検知を目指します。これにより、現在はヒトでなければ実現できない、階段を昇降して荷物を運搬する作業を代行できるデリバリーソフトロボットの実現が期待されます。

当該補助金は、「藤沢市ロボット未来社会推進プロジェクト」の一環として取り組むもので、市内中小企業者によるロボット産業への参入及び生活支援ロボット等に対する研究開発の促進を図ることを目的に平成28年度に創設したものです。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

経済部 産業労働課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3530(直通)

ファクス:0466-50-8419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?