検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 「ロボットの試作開発にかかる事業計画」1件を採択しました

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

「ロボットの試作開発にかかる事業計画」1件を採択しました

市内中小企業の「ロボット開発」を支援!

 生活支援ロボット等の試作開発に要する経費を助成する「ロボット産業推進事業補助金」について、公募を行ったところ、市内中小企業者から2件の申請がありました。当該事業計画を外部の専門家を含めた審査会により審査した結果、うち1件を採択し、10月1日付けで「ロボット産業推進事業補助金」を交付することが決定しました。

補助内容

採択

 1件(補助額100万円)

補助事業概要

事業の名称

「低ストレス見守りロボットの介護現場対応改造及び、ロボットのHuman-Machine-Interface向け要素技術検証」 

企業名等

 株式会社SEtech

(本社:藤沢市藤沢607-1藤沢商工会議所3階 湘南藤沢インキュベーションセンターNo.10

 代表取締役:関根 弘一)

事業概要

 株式会社SEtechは、研究開発型ベンチャーとして3年前に創業し、「画が出ないカメラ」を開発しました。「画が出ないカメラ」は、通常時は画を出さず、カメラの特定領域(例えば立ち入り禁止区域など)に動きがあった時のみ画を出すもので、見る側、見られる側のストレスの軽減が図られます。今回は介護現場での要望としてあがっている動きを検知した時に介護者等へ通知するアラーム機能等の機能追加を行い、更なる低ストレス見守りロボットとしての改善を図るものです。
 また、「画が出ないカメラ」の発展系として静止領域を消して、動きの輪郭のみを表示する「動きベクトル」があります。例えば、手を動かすと、背景の静止画は消えており、動きのある手の輪郭だけが表示されるという仕組みです。今回は、「動きベクトル」の情報量を更に削減する改造を行い、スポーツゲームやVRと組み合わせたリハビリゲームなどへの応用の技術検証を図るものです。 

egadenaimimamori

 

当該補助金は、「藤沢市ロボット未来社会推進プロジェクト」の一環として取り組むもので、市内中小企業者によるロボット産業への参入及び生活支援ロボット等に対する研究開発の促進を図ることを目的に平成28年度に創設したものです。 

情報の発信元

経済部 産業労働課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3530(直線)

ファクス:0466-50-8419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?