検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 仕事・産業 > 商工業 > 融資 > 藤沢市住宅・店舗等リフォーム融資利子補給制度

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

藤沢市住宅・店舗等リフォーム融資利子補給制度

藤沢市では、地域経済の活性化を図るため、市内の金融機関から融資(ローン)を受け、市内の施工業者に発注して、住宅・店舗・工場をリフォーム・リニューアルをする方へ、融資(ローン)の利子補給をします。

随時、お申込みください(平成30年7月2日から受付開始)。

補給額

区分

申請できる方

利子補給対象融資額

(借入金額)

利子補給率

利子補給期間

住宅リフォーム工事

個人

50万円以上

1,000万円以下

年2.8%以下

12か月

店舗リフォーム工事

工場リフォーム工事

中小企業者等

(法人・個人事業主)

100万円以上

2,000万円以下

年2.8%以下

12か月

金融機関に支払った約定利子の一部を、対象物件に対して1回限り補給します。

制度について

住宅リフォーム工事の融資利子補給

市が指定する金融機関(下記に記載)の市内本店もしくは支店にて、対象となる住宅のリフォーム工事を資金使途とした融資(ローン)を受け、リフォームを実施する方へ、金融機関に支払う利子の一部を補給します。 

お申込みできる方

藤沢市民(住民登録のある)で対象となる住宅を所有する個人

対象となる住宅

藤沢市民が所有する市内にある自己の居住用の住宅(現に居住している住宅)

対象となるリフォーム工事

藤沢市内の施工業者に発注し、融資の資金使途となるもの

※対象となる住宅のリフォーム工事にかかる資金のみを融資の資金使途としたものに限ります。

 他の資金使途と併用した融資、フリーローンやカードローンなど資金使途を特定しない融資は対象となりません。

補給額

上記の表をご覧ください。

 

店舗・工場リフォーム工事の融資利子補給

市が指定する金融機関(下記に記載)の市内本店もしくは支店にて、対象となる店舗・工場のリフォーム工事を資金使途とした融資(ローン)を受け、リフォームを実施する方へ、金融機関に支払う利子の一部を補給します。 

お申込みできる方

・藤沢市に本店(主たる事業所)を有し、対象となる店舗・工場を所有・賃借する中小企業者の方(法人・個人事業主)

・1年以内に対象となる店舗・工場で事業を開始する、その店舗・工場を所有・賃借する方(法人・個人事業主)

対象となる店舗・工場

・店舗については、小売業・飲食サービス業・生活関連サービス業の事業を営むもの

(風俗営業法の規制を受ける店舗、大規模小売店舗立地法で規定する大規模小売店舗、大規模小売店舗内のテナント店舗、フランチャイズ加盟店など、一部対象外となる店舗があります。)

・工場については、工場の用に供する建築物(工場に付帯する事務所も含みます。)

対象となるリフォーム工事

藤沢市内の施工業者に発注し、融資の資金使途となるもの

※対象となる店舗・工場のリフォーム工事にかかる資金のみを融資の資金使途としたものに限ります。

 他の資金使途と併用した融資、フリーローンやカードローンなど資金使途を特定しない融資は対象となりません。

補給額

上記の表をご覧ください。

お申込みから利子補給までの流れ/提出書類について

お申込みから利子補給までの流れについては、次の①~④のとおりです。

受付窓口は(公財)湘南産業振興財団(下記「問い合わせ先・受付窓口」をご確認ください。)となります。

①お申込み

工事に着手する前に、金融機関で融資のお申込みをしたら、次の書類を提出してください。

□「藤沢市住宅・店舗等リフォーム融資利子補給申込書」(こちら(PDF:106KB)

□「金融機関の申込書」の控え等の写し

(下記「金融機関一覧」の市内本店もしくは市内支店でお申込みをしたもの)

□「工事に係る見積書」の写し(市内施工業者が発行したもの)

 

「①お申込み」で対象となるか判定し、市から判定通知が届いたら、工事を開始し「②補給金の申請」へ

②補給金の申請

融資が実行されたら、交付を受ける利子補給金の額を決定するため、次の書類を提出してください。

□「藤沢市住宅・店舗等リフォーム融資利子補給申請書兼同意書」

(「①お申込み」の後、市から判定通知と一緒に送付します)

□「金銭消費貸借契約書」の写し

□金融機関が発行した「返済予定表」の写し

 対象となる利子額が「返済予定表」に載っていない場合はその金額がわかるもの

(融資実行時に利子を支払った場合など)

 

「②補給金の申請」の結果、市から交付決定通知が届き、返済を進め、「③補給金の請求」へ

※市税の滞納がある方は申請しても交付決定されません。

③補給金の請求

翌年1月から2月ごろ、1月1日~12月31日までに支払った利子にかかる補給金を請求するため、次の書類を提出してください。

□「藤沢市住宅・店舗等リフォーム融資利子補給金請求書」(請求の時期に、市から送付します)

□実際に支払った利子額が記載されている金融機関が発行した書類

④補給金の入金

3月ごろ、市から入金されます。12か月分の利子補給が受けられるため、翌年1月1日~12月31日までに支払った利子にかかる補給金については、翌々年1月から2月ごろの請求となる予定です。

ご注意いただきたいこと

◎当制度へ申込みをする場合は、金融機関の融資実行前、リフォーム工事着手前の申込みが必要です。融資を受けた後や、すでに着工している場合は利用できません。

◎当制度と同目的の補助金、奨励金、その他この制度と類似する市の制度を利用する方は、当制度を利用できません(対象物件のリフォーム工事を目的に、藤沢市中小企業融資制度の融資を利用した方は当制度を利用できません。神奈川県の創業支援融資、スタートアップ融資、小規模クイック融資も市の融資制度の補助対象となるため、当制度を利用できません)。

◎申込みを行った場合でも、判定通知を受け取るまでは利子補給の対象として認定されたことにはなりませんので、工事スケジュールにご注意ください。

◎申込み後の「判定通知」は、補給金の交付決定をするものではありません。補給金の申請時に、市税の滞納がないこと等の要件を審査の上、交付決定した後、実際に支払った利子にかかる補給金を請求していただくものです。

◎申込みから利子補給までの間に、追加で提出資料が必要となる場合があります。

金融機関一覧(平成30年6月1日現在)

次の金融機関の市内本店もしくは市内支店で受けた融資が利子補給の対象となります。

スルガ銀行 三井住友信託銀行 横浜信用金庫
横浜銀行 新生銀行 かながわ信用金庫
みずほ銀行 東京スター銀行 湘南信用金庫
三菱UFJ銀行 神奈川銀行 城南信用金庫
りそな銀行 静岡中央銀行 中央労働金庫
三井住友銀行 きらぼし銀行 さがみ農業協同組合
静岡銀行    

 

問い合わせ先・受付窓口

公益財団法人 湘南産業振興財団 融資担当

〒251-0052

藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館2階

TEL(0466)21-3811 FAX(0466)24-4500

受付時間9時00分~16時30分(12時00分~13時00分除く、土日祝・年末年始除く)

※藤沢市では、融資受付業務を(公財)湘南産業振興財団に委託しています。

zaidan_mup

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

経済部 産業労働課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3411

ファクス:0466-50-8419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?