ホーム > 仕事・産業 > 産業 > 企業誘致 > 重点産業立地促進助成制度

ここから本文です。

更新日:2018年6月29日

重点産業立地促進助成制度

~ロボット関連事業の誘致を強化しています~

ロボット関連事業、ITエレクトロニクス関連事業などを行うために、市内のオフィスビル等を賃借して事業を始める場合に、賃料等の一部を助成する制度です。

制度の概要

区分

対象事業所

面積要件

人数要件

助成内容

  • 市外企業(注1)
  • 新規設立企業

次の指定事業を行う事業所(注3)

  1. ロボット分野(注4)
  2. 第4次産業革命関連分野(注5)
  3. 未病分野(注6)
  4. 成長ものづくり分野(注7)
  5. コンテンツ関連事業(注8)

床面積が100平方メートル以上であること

 

(緩和)ロボット関連事業の場合は「60平方メートル以上」

従業者(注9)が5人以上であること

 

(緩和)ロボット関連事業の場合は「3人以上」

  • 月額賃料等(注10)の1/2
    (上限50万円)
  • 助成期間は、6箇月

(拡充)ロボット関連事業の場合は「12箇月」

 

市内企業(注2)

床面積が100平方メートル以上増加する移転であること

 

(緩和)ロボット関連事業の場合は「60平方メートル以上増加」

移転に伴い、従業者(注9)が5人以上増加すること

 

(緩和)ロボット関連事業の場合は「3人以上増加」

(注1)市外企業市内に、本社、支店、営業所その他これらに類するものを持たない企業をいいます。

(注2)市内企業市内に、本社、支店、営業所その他これらに類するものを持つ企業をいいます。

(注3)事業所事務所、研究所その他これらに類するもので、指定事業の用に供するものをいいます。ただし、工場、倉庫及び店舗を除きます。

(注4)ロボット分野地域未来投資促進法に基づく神奈川県基本計画におけるロボット分野に係る事業をいいます。

(注5)第4次産業革命関連分野地域未来投資促進法に基づく神奈川県基本計画における第4次産業革命関連分野に係る事業をいいます。

(注6)未病分野地域未来投資促進法に基づく神奈川県基本計画における未病分野に係る事業をいいます。

(注7)成長ものづくり分野:地域未来投資促進法に基づく神奈川県基本計画における成長ものづくり分野に係る事業をいいます。

(注8)コンテンツ関連事業コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律(平成16年法律第81号)において定義されるコンテンツ事業をいいます。

(注9)従業者雇用保険の被保険者の対象となる従業者をいいます。

(注10)賃料等専ら指定事業の用に供される部分に相当する賃料等で、消費税及び共益費を含み、敷金等を除きます。

手続きの流れ~事前に、ご相談ください~

1 交付申請書・事業説明書の提出(企業→市)

「賃貸借契約締結の日」から「事業開始の日の前日」までの間に、提出してください。

2 交付決定通知の送付(市→企業)

事業内容、面積要件、人数要件などを審査し問題がなければ、交付の決定を行います。

3 実績報告書・交付請求書の提出(企業→市)

助成対象期間終了後、14日以内に、提出してください。

↑↑↑

交付決定日を含む月の翌月から6箇月です。 ※(拡充)ロボット関連事業の場合は「12箇月」

 4 助成金の交付

実績報告書の内容を確認し、問題がなければ、企業が指定する口座に助成金を振り込みます。

リンク 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

経済部 産業労働課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3413

ファクス:0466-50-8419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?