ホーム > 暮らし・手続き > 平和事業 > 平和に関する取り組み

ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

平和に関する取り組み

1982年

6月21日

「藤沢市核兵器廃絶平和都市」を宣言

1983年

6月6日

平和都市宣言の碑設置

藤沢市核兵器廃絶平和都市宣言1周年記念事業を実施

1984年

8月15日

藤沢駅サンパール広場に平和モニュメントを設置

1985年

 

藤沢市平和の輪をひろげる100日間実行委員会が発足

1987年

 

広島平和ツアーを実施
被爆地広島へ40名の小中学生を派遣(以後10年間実施)

1989年

3月31日

藤沢市平和基金条例制定

平和事業の財源を確保するため、市の財源と市民の寄付による積立金からなる平和基金を設置 

1995年

3月30日

藤沢市核兵器廃絶平和推進の基本に関する条例を制定

1996年

 

あとまっぷ作成

市民の有志が藤沢市内の戦争跡を訪ね歩いた手づくりの冊子を作成

1997年

 

長崎市と結ぶ小中学生のためのマルチメディア平和学習フォーラムを実施(以後、5年間実施)

被爆地長崎へ派遣したへ小中学生と、市内の小中学生及び保護者が、長崎原爆資料館と慶応義塾大学湘南キャンパス間でテレビ会議を実施

1998年

 

平和の輪をひろげる実行委員会が発足

2001年

9月

藤沢市、長崎市、社団法人長崎平和推進協会と平和の輪をひろげる実行委員会が主催し、藤沢市教育委員会との共催で長崎原爆被災展、被爆体験講話会を実施

2002年

 

平和学習長崎派遣事業を開始

被爆地長崎へ小中高生40名を派遣し、被爆地を見学し、長崎市主催の青少年平和学習プログラムに参加し、全国の青少年と共に平和の大切さを学習

2005年

 

被爆60周年特別企画として映画「父と暮せば」の上映会と原爆展を開催

2010年

11月27日

       28日

藤沢市制施行70周年を記念して、「平和の輪をひろげる湘南・江の島会議」を開催。広島市長・長崎市長・枚方市長ほか、多くの方に参加いただき、湘南の地から広く平和アピールを発信

2011年

 

「親子記者広島派遣」事業を開始

小学4~6年生とその保護者6組12人を広島へ派遣し、親子で取材活動を行い、広島親子記者新聞ピースリングタイムズを作成・発行

「平和を考える茅ヶ崎市民の会」「鎌倉平和推進実行委員会」と3市交流会を開始

市役所新館前に広島平和記念公園から採火した「平和の灯モニュメント」を設置

2012年  

藤沢市核兵器廃絶平和都市宣言30周年記念事業「ひろげよう平和の輪」を実施

2014年

6月2日

「日本非核宣言自治体協議会」(藤沢市は副会長市)の設立30周年記念大会を、被爆地以外では初めて藤沢市で開催
2015年

10月15日

戦後70年・被爆70周年事業「平和の輪をひろげる映画会」を開催し、映画作家大林宣彦監督の講演と、映画「この空の花-長岡花火物語」の上映
2017年

3月11日

「平和の輪をひろげるつどい」を開催。

平和学習派遣者による学習報告と、映画「夕凪の街 桜の国」上映

情報の発信元

企画政策部 人権男女共同平和課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2131

ファクス:0466-50-8244(行政総務課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?