ホーム > 暮らし・手続き > 市民・地域活動 > 市民活動推進 > 藤沢市市民憲章推進月間

ここから本文です。

更新日:2017年7月19日

藤沢市市民憲章推進月間

 市民憲章は、市民が郷土を愛し、住みよい幸せなまちにするため、市民がお互いに守るべき生活の道しるべとして昭和39年7月1日に制定されました。

 当時は東京オリンピックを契機とし、全国的に市民活動が活発化していて、藤沢市民の中でも自分たちの住むまちをより住みやすい豊かなまちにしたいという思いが高まっていました。それを受け、さまざまな団体の代表者が集まり制定されたのが、この市民憲章です。

 2020年の東京オリンピックでは、再び江の島がセーリング競技会場として選ばれたことを受け、まちも市民もより元気で活力のある姿で、大会に訪れる多くの人達をお迎えしおもてなしができるように、市民一人ひとりが守るべき規範として定められた市民憲章の推進が求められることから、市民憲章制定月である7月を市民憲章推進月間と定め、継続的な取り組みを進めています。

市民憲章啓発キャンペーン 【実施済み】

推進月間の活動の一環として、市民憲章啓発キャンペーンを実施しました!

日時

2017年(平成29年)7月16日(日曜日)午後1時から午後2時30分まで

場所

藤沢駅北口サンパレット

内容

  • 市民憲章唱和
  • 市歌斉唱
  • ミニコンサート

(出演)工藤江里菜・すずかけ児童合唱団

(司会)宮川浩子(フリーアナウンサー)

参加費

無料(自由参加)

主催

市民自治推進課

みんなで歌って市民憲章をPR♪(キャンペーン当日の様子)

 すずかけ児童合唱団

 夏空の下、暑さを吹きとばすような爽やかな歌声を届けてくれたすずかけ児童合唱団のみなさん♪

エリボン

エリボンも会場を明るく盛り上げてくれました!

sika

この日限りのコラボレーションで市歌斉唱。

会場のみなさんにも歌っていただき、一体感のあるステージとなりました♪

市民憲章唱和

鈴木市長の音頭で市民憲章を唱和。

出演者や会場のみなさんと1文ずつ声を出して読み上げ、市民憲章に込められた理念や想いを改めて共有しました。

協力イベント

啓発キャンペーンのほかにも、様々なイベントで啓発活動をおこなっています。

 2017年(平成29年)7月1日(土曜日)

  • 海開き(片瀬海岸東浜)【実施済み】
  • 社会を明るくする運動街頭キャンペーン(藤沢駅北口サンパール広場)【実施済み】

2017年(平成29年)7月6日(木曜日)

  • 第26回藤沢市高齢者福祉大会(藤沢市民会館)【実施済み】

2017年(平成29年)7月29日(土曜日)

  • 自治会長のつどい(藤沢市民会館)

ほか

情報の発信元

市民自治部 市民自治推進課

〒251-0054 藤沢市朝日町10番地の7 森谷産業旭ビル3階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2512

ファクス:0466-50-8407

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?