検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2018年5月18日

介護保険料のしくみ

介護保険は、40歳以上の方に納めていただく保険料と公費を財源に運営しています。保険料は65歳以上の方と、40歳以上65歳未満の方では、保険料の計算方法と納め方が違います。

介護保険の財源内訳

hp

※外側の円は居宅サービスおよび介護予防事業、内側の円は施設サービス(有料老人ホーム等を含む)における割合です。

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料

 基準額(年額)                                            =藤沢市で介護給付にかかる費用×65歳以上の方の負担分(約23%)÷藤沢市の65歳以上の方の人数

 保険料額は、基準額をもとに下表のように所得段階別に設定されています。

所得段階

対象者

割合

年間保険料

( )内は月額

第1段階

生活保護受給者、または本人が老齢福祉年金受給者で世帯全員が市町村民税非課税者及び、世帯全員が市町村民税非課税者で本人の段階判定収入金額が80万円以下の方

0.45

25,380円

(2,115円)

第2段階

世帯全員が市町村民税非課税者で、本人の段階判定収入金額が80万円を超え120万円以下の方

0.60

33,840円

(2,820円)

第3段階

世帯全員が市町村民税非課税者で、本人の段階判定収入金額が120万円を超える方

0.70

39,480円

(3,290円)

第4段階

本人が市町村民税非課税者で、段階判定収入金額が80万円以下の方
〈世帯に市町村民税課税者がいる〉

0.90

50,760円

(4,230円)

第5段階

(基準額)

本人が市町村民税非課税者で、段階判定収入金額が80万円を超える方
〈世帯に市町村民税課税者がいる〉

1.00

56,400円

(4,700円)

第6段階

 

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が125万円未満〉

1.10

62,040円

(5,170円)

第7段階

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が125万円以上200万円未満〉

1.30

73,320円

(6,110円)

第8段階

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が200万円以上300万円未満〉

1.50

84,600円

(7,050円)

第9段階

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が300万円以上400万円未満〉

1.60

90,240円

(7,520円)

第10段階

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が400万円以上600万円未満〉

1.80

101,520円

(8,460円)

第11段階

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が600万円以上1000万円未満〉

1.90

107,160円

(8,930円)

第12段階

本人が市町村民税課税者
〈段階判定所得金額が1000万円以上

2.00

112,800円

(9,400円)

※1.平成30年度から平成32年度までの介護保険料です。(3年ごとに見直します)
※2.「段階判定収入金額」とは、課税年金収入額と合計所得金額の合計から租税特別措置法に規定される譲渡所得に係る特別控除額及び公的年金等の年金収入に係る所得を控除した金額のことです。                       ※3.「段階判定所得金額」とは、合計所得金額から租税特別措置法に規定される譲渡所得に係る特別控除額を控除した金額のことです。                                           ※4.株式等の売買による損失の繰越控除を受けた方は、当該控除前の金額が合計所得金額です。(下記「合計所得金額」について参照)
「合計所得金額」について(市民税課のページへ移動します)

保険料の納め方

特別徴収(年金年額18万円以上の方)

年金の定期支払い(年6回)の際に、介護保険料が差し引かれます。

普通徴収(年金年額18万円未満の方)

藤沢市から送付する納付書で納期限までに個別に納めます。
納付場所は取扱金融機関、取扱コンビニエンスストア及び市役所・各市民センターです。
(納期限と取扱金融機関、取扱コンビニエンスストア一覧表ページへ移動します)
なお、藤沢市では、普通徴収の方に便利で安心・確実な口座振替制度の利用をおすすめしています。市内の取扱金融機関または市役所・各市民センターへ預(貯)金通帳印鑑(通帳届出印)被保険者証または納入通知書をご持参の上、お申し込みください。

※特別徴収の対象となる年金は、老齢(退職)年金、厚生年金、遺族年金、障がい年金です。老齢福祉年金は含まれません。

※介護保険料は、市町村民税の決定する6月以降に決定します。そのため、前年度から引き続き特別徴収の方は、4、6、8月に、前年度の2月と同額を年金から天引きさせていただきます(これを仮徴収といいます)。年間保険料額から仮徴収額を差し引いた残額を10、12、2月分に分けて年金から天引きします(これを本徴収といいます)。ただし、仮徴収額と本徴収額の差を小さくするよう8月の額を変更して調整している場合があります。

※特別徴収に該当する方であっても、年の途中で65歳になられた方や、他の市町村から藤沢市に転入された方は当面の間、普通徴収での納付となります。

保険料の減額等について

災害により住宅等に著しい損害を受けた場合や、生計中心者の長期入院等で収入が著しく減少した場合、または生活困窮のため保険料の納付が困難な場合(保険料所得段階が第1段階<生活保護受給者を除く>から第3段階で、収入等が市で定める基準以下の方が対象)は、申請によって保険料が減額又は免除される場合があります。

介護保険課に確認のうえ、来庁してください。(郵送および市民センターでの申請はできません)

 保険料の滞納について

1年間滞納した場合

介護サービスを利用したとき、いったん費用の全額を自己負担しなければならなくなります。

1年6か月滞納した場合

一時的に保険給付が差し止められます。

2年以上滞納した場合

介護保険料未納期間に応じて、利用者負担が3割(平成30年8月からは3割または4割)に引き上げられたり、高額介護サービス費等が受けられなくなります。

40歳から64歳までの方(第2号被保険者)の保険料

加入している医療保険の算定方法により決まり、医療保険料と一括して納めます。(40歳以上の誕生月から65歳の誕生月の前月分まで)

藤沢市国民健康保険に加入している方

所得や被保険者の数などに応じて世帯単位で決まります。介護保険分として、医療保険分、後期高齢者支援金分と合わせ、国民健康保険料として世帯主が納めます。

※計算方法などの詳細は、市役所保険年金課にお問い合わせください。

職場の健康保険に加入している方

給与(標準月額報酬)と賞与に応じて、各医療保険ごとに設定される介護保険料率をもとに決まります。医療保険分、後期高齢者支援金分と一括して納めます。

※計算方法などの詳細は、加入している健康保険組合などにお問い合わせください。

情報の発信元

福祉健康部 介護保険課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3137

ファクス:0466-50-8443

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?