検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 教育・文化・スポーツ > レジャー・スポーツ > 観光情報 > 江の島サムエル・コッキング苑について

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

江の島サムエル・コッキング苑について

江の島サムエル・コッキング苑

明治時代中期イギリスの貿易商サムエル・コッキング氏(1842~1914年)が造った温室遺構が現在も残り、庭園の名前の由来にもなっています。このレンガ造りの温室遺構は現存する唯一のもので、文化遺産としても、土木技術の資料としても貴重なものです(遺構地下内部は不定期で公開しています)。
庭園内には、国際交流をテーマに、藤沢市の姉妹・友好都市の広場が設けられており、南洋植物や季節折々の花々が植えられ、訪れる多くの人の目を楽しませています。

江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)

江の島サムエル・コッキング苑内にある、高さ59.8メートル、海抜119.6メートルの展望灯台。360度パノラマの展望室からは、南に大島、西に富士山、東に三浦半島を望むことができます。お天気が良いときはランドマークタワーや東京スカイツリーを見ることもできます。

※江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドルの詳細は、江ノ島電鉄(株)(外部サイトへリンク)のホームページをご覧ください。

江の島シーキャンドル

江の島シーキャンドル

温室遺構

温室遺構

情報の発信元

経済部 観光シティプロモーション課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3421

ファクス:0466-50-8419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?